【小説】愛と棘

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:☆☆TSUKI&◆yc:2014/07/10(木) 16:34 ID:/PM

はじめまして! ☆★TSUKI♡☆。★と申しますm(ーー)m

趣味で小説を発表しています。。。さて今回は、母親を殺された少女の物語です。

楽しんでいただけたら嬉しいです☆

それでわ。。。まずは、作者のプロフィールと、このスレでのマナーを簡単に説明します^^

【プロフィール編】

★性別 女
★職業 学生
★趣味 歌を歌う、小説をかく、進撃の巨人 etc
★メッセージ コメ等大歓迎です!!必ず返信しますので、どしどし書き込んで下さい!!

【マナー編】♡特に重要なものは★をつけます。

★コメントは大変嬉しいですが、個人情報、アンチ、喧嘩、悪口、アダルト、出会い、グロ等利用している人が気分を悪くする
 投稿は禁止にします。もちろん広告やチェンメもです。
 もしもこのようなことをくりかえされた場合、アクセス禁止にさせていただく場合がございます。
★荒らしは基本スルーでお願いします。
☆みんなで仲良く、友達を増やすために、暴言は控えましょう。
☆この小説に対する不満等は一応受け付けますが、あまりに見ていて不快に思うものは削除依頼をします。


 最後に。。。この小説は、気まぐれに更新しますので、毎日更新できるかどうかは分かりません。ご了承ください。

 それでわ。。。スタートっ!!!!!!

2:☆☆TSUKI&◆yc:2014/07/10(木) 17:29 ID:/PM

だいぶ時間が空いてしまいましたーーー!ゴメンナサイ(泣)

これからどんどん更新して行きますので!!応援よろしくお願いします!!

************************************************************

++ 愛と棘 ++

本当のママは、何処に居るんだろう。

私は、ずっとママに育てられた。

でも、最近ふと感じるんだ。

おなかにいたときの本当のママのにおいと、ママのにおいが違う、って。

たまに、目に映るようになったんだ、私が生まれた時の光景。

目の前の世界。。。私が生まれたとき、本当のママは苦しんでいたような気がするんだーー


++登場人物++

●松本 里美 高校3年生。クラスでいじめに遭っている。本当のママを捜している。
●森野 藍那 里美の実の母親。ある事情が原因で、里美を育てることが出来なかった。
●城坂 まりあ 藍那の同級生。藍那を殺した。
●松本 梨乃 藍那の親友。里美のママ。
●松本 圭一 梨乃の父親。藍那の元カレ。
●安藤 芹奈 里美をいじめている。

〜まりあの取り巻きたち〜

。陽菜。
。美優。
。美加子。
。里奈。
。優子。

〜芹奈の取り巻きたち〜

。祈。
。しなの。
。縁。
。仁美。
。明子。

3:☆☆TSUKI&◆yc:2014/07/10(木) 18:19 ID:/PM

第一章〜昔のキオク〜

 艶のあるボブの髪の毛を揺らしながら、高校3年生の森野藍那は、うきうきと上機嫌で美容室を出た。
「うふふっ。明日から2学期だもん〜♪イメチェンしちゃったあ。圭一、喜んでくれるかな〜♪」
藍那は、スキップしながら鼻歌まじりの独り言を漏らした。
 早速写メを取ると、友人の城坂まりあや、彼氏の圭一に送ろうと、メールに写真を添付する。数秒後には、まりあからもう返信が届いていた。
メールというものは本当に便利だ。
「件名:へえ♪可愛いじゃん♪」
藍那は、ふっと微笑むと、カチカチと返信を打ち始めた。人気ファッション雑誌のモデルをやっているというまりあに褒められるとは、
藍那にとって、ものすごく嬉しいことだ。
 圭一からも、返信が届く。
「件名:惚れちまう可愛さだよ、藍那!」
やはり、圭一からの返信の方が藍那は嬉しかった。なぜって、圭一は藍那の彼氏なのだから。

 森野藍那は、学校でも数少ない美女だった。通っている高校は、普通の公立校だ。
サラサラで艶があるロングヘア、ツルツルの肌、華奢な手足。。。そして何より、愛らしい顔立ちに、誰もがうらやましがる存在であった。
おまけに、ファッション雑誌のモデルオーデションに、書類審査までなら合格したことがある。惜しくも、二次審査はダメだった。
 一方で、城坂まりあは、学園の女王様だ。人気ファッション雑誌の現役モデルでもある。彼氏はいないが、女子から絶大な人気を誇っている。まりあの
持ち物は、女子達の憧れであった。しかし、どこか意地悪な所があり、地味子はいじめてしまうような性格なのである。だから、自分は
この学園で生き残っていくためには、全てを派手にしなければならない。地味子に取っては、それが少し苦痛だったが、ハブかれるよりは
よっぽどましだ。

 藍那は、自分の人生があと数ヶ月で終わってしまうなんて、思ってもみなかった。
 しかし、運命は残酷だ。運命は、藍那を不幸の道へと連れ去っていってしまうーー

4:☆☆TSUKI&◆yc:2014/07/11(金) 17:02 ID:/PM

こんにちは

突然ですが やめます


書き込む 最新10 サイトマップ