中二病で悪いですか?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:理科◆7M:2014/07/10(木) 19:40 ID:QVs



 _____________『中二病って、悪いことなの?』 


 ある日転校してきた少女はそう言った。
 

 『現実逃避だって事くらいわかってる。でも、それはきっと悪いことじゃない』





    これは、転校してきた中二病の少女が、様々な人に出会い、"現実"を知っていく物語。

2:理科◆7M:2014/07/10(木) 19:47 ID:QVs


#プロローグ

 中二病。これは、誰もが知っている病気だと思う。
 自分の中で自分のかっこいい設定を作り、芝居的なのをしたりする。
 いわゆる、『現実逃避』みたいなものだ。

 自分の中でかっこいい設定を作るのは、残念な人の行為だと思う。
 …でも、そうだとしても。

 俺は、中二病である、少しはみ出していることが、悪いことだとは思わない。
 俺だって、中二病だった時期が少しあった。
 中二病で、少し変なヤツだとしても、1人の人間だ。






 ____________…だから、現実逃避だって、あってもいいじゃないか。

3:理科◆7M:2014/07/10(木) 20:23 ID:QVs


#作者挨拶

こんばんは、理科です、!
二次元が大好きな変態です!

今回はメインヒロインを中二病にしてみました。
面白く、時に切なく。そんな作品にしたいと思っています。
ヒロインの壮絶な過去とか明かしていきたいな(

とりま、よろしくお願いします!

4:理科◆7M:2014/07/11(金) 08:36 ID:QVs


#1 転校生は中二病でした。

 城条高校に通う、ごく普通な高校生、柚木 空。今は平凡だが、少しの間中二病だった。
 『くっ…!左目が疼いて…!』とか『俺の心が読まれている!』とか『お前、なかなかやるじゃないか…!』とか。そんな事を言いまくった。

 そんな昔の思い出(黒歴史)を懐かしいものにしつつ、平凡な俺は学校の校門を潜る。
 「よー、柚木! 今日はな、転校生が来るらしいぜ!」
 校門を潜ってすぐ声を掛けてきたのは、友人の加賀 龍之介。いつもハイテンション、そして情に厚い。そんなヤツだ。
 「あ、おはよう龍之介。今日も相変わらずで何よりだ」
 「柚木、お前"転校生"の部分聞いてたか?」
 「聞いてた」
 「転校生に対してのリアクションなしですか…。だがしかし、余裕ぶっているのも今のうちだ! なんと、転校生は女子なんだ!」
 「ふーん」
 「ふーんて」
 そんなやり取りをしていると、いつの間にか教室までついていた。

 「おはようございまーす」
 そんな挨拶をして、自分の席に座る。
 担任はまだ来ていない。転校生が来るからだろうか。…まあ、転校生が来なくてもいつも遅刻しているが。
 転校生と担任が来るまで、俺は読書をすることにした。 
 
 

5:甕川 遊良◆7M:2014/07/12(土) 08:35 ID:QVs



◇◇◇

 読書を始めて約10分。
 やっと担任が入って来た。遅刻ですよ。
 出席を取ったり、訳のわからん担任の恋愛経験を聞かされたりで、転校生は入って来ない。
 ホントに転校生とか来んのかよ、と思い始めた矢先、
 「ええと、今日は転校生を紹介します!」
 やっと転校生の話題を出した。こんな忘れられるなんて、可哀想なヤツだ転校生。

 「月桜巫女さん、入って来てください!」
 腰辺りまで伸ばしたサラサラの黒髪。左目には眼帯。そして右腕にはグルグルと巻かれた包帯。
 とてつもない美少女の登場に、教室はざわめく。
 「え、なにこの人、美人…」「俺、惚れちゃったかも…」
 そんな声が聞こえてくる。
 「では、月桜さん、自己紹介お願いします」

 「私はアリス・レミリア。魔王の遣い。宜しく頼むわ、無様な人間ども」

 美少女はそんなトンデモ発言をした。
 こういうのは聞いたことがある、じゃない、俺も前までそうだった…、中二、病?
 いやいやいや。転校初日だし、キャラ作りだよ、うん。
 「月桜さん、自己紹介お願いします」
 担任がもう一度言う。
 中二病(?)少女は、少しうつむき、「月桜、巫女、です…」とちゃんとした自己紹介をした。

 「席は柚木空さんの隣ね」
 そう言って担任は中二病(?)少女を席に案内する。
 って、え、俺の隣かよ…。サヨナラ、俺の1人席ハッピーライフ。
 「宜しく、柚木空」
 「宜しく…」
 すごい学校生活が始まりそうな予感がする…

6:甕川 遊良◆7M:2014/07/12(土) 09:25 ID:QVs


#1 転校生は中二病でした
>>4-5

コメント(

今日も晴天ですね、暑いです。
第1話終わりました。どうでしたか?

第1話を書く前まで、ヒロインのキャラをどうしようかと悩んでいました。
ほら、中二病って言っても、色んなタイプがあるじゃないですか。
「ククク…我はレイシs(以下略)」
「ダークフレイムマスター!」
「これで貴方とは契約完了」
こんな感じで。…あ、時間がないのでまた今度!

7:桜川 命◆7M:2014/07/15(火) 19:50 ID:QVs


あげます。


書き込む 最新10 サイトマップ