好きとか愛してるとか……。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:緑茶:2014/07/27(日) 00:45 ID:d12

初めまして、緑茶です。
えっと、以前葉っぱ天国にはいましたが卒業してまた戻って来ました笑
中2です。部活ばっかで更新遅れますが把握をお願いします。


>>2 登場人物

2:緑茶:2014/07/27(日) 00:57 ID:d12

平塚 絢南(ヒラツカ アヤミ)
恋愛はしたいが怖がってるだけ。動物大好き。

本澤 翔馬(モトザワ ショウマ)
恋愛慣れっこ。絢南のこと好き。運動神経抜群。

城乃 漓愛(ジョウノ リア)
絢南の友達。翔馬のこと好き。翔馬と幼馴染み。

3:緑茶:2014/07/27(日) 14:30 ID:d12

(綺南side)

小学生のころは毎日のように本を読んでた。
中学に入ってからは部活も始まり文学部という大学にありそうなサークルの部活に入った。毎日のように小説を書いたり、オススメの本を紹介したり。
とにかく、楽しかった。その部活に入ったおかげで大切な友達が出来た。

『ねぇねぇ、どんな物語を書いてるの?』
『今回も面白かった!主人公の行動に毎回驚かされるよー』

いつもはずっと一人で書いてた。でも、あの子が話しかけてくれた日からは一緒に書いたりしてる。
小説の書いてる部活用ノートを貸して読んでくれる。部活で会えば感想を言ってくれる。それがすごく嬉しかった。
その子の名前は……。

『あっ!ごめんね、そういえば自己紹介してなかった。私は城乃漓愛、宜しくね』

城乃漓愛ちゃん。優しくておっとりとした感じで髪は横でチョコン、と結んである。恋愛系の小説を書いてる。

私とはいろんなとこが大違い。
私は、本ばっか読んでて人を近づけない感じだったし。恋愛小説なんて書けやしない。
だって…私は『恋愛』というものをしたことがないから。

『綺南ちゃんは、恋愛小説とか書かないの?』

と何回も漓愛ちゃんに聞かれた。でも、いつも返事は決まってこう。

『書かないよ、恋愛なんて、私には夢のまた夢だし…』

そう、私に『恋愛』なんてできない。
だって、裏切られるかもだし。浮気ってのされることあるし。

『私の場合恋愛小説は、書いてると疲れるの…だから書かない』

そんな会話を何回か繰り返した。
そして、今、私は中学3年生になった。


書き込む 最新10 サイトマップ