君のことが好きだから。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:こばと。◆EI:2014/07/27(日) 11:45 ID:4k2




 いつか、この気持ちを君に届けたい。
 君が、手の届かない場所に行ってしまう前に。

 この気持ちを伝えられる時が来るのかな。
 その時には、ちゃんと伝えよう。



 _________…『大好きだよ』って


 

2:こばと。◆EI:2014/07/27(日) 11:54 ID:4k2


▼作者挨拶

こんにちは、こばと。です、!
久々にラブコメにチャレンジです。

ユーモアと切なさの混ざった作品にしようと超意気込んでいるので、是非応援してください!
コメントとか大歓迎です!←ここ大事

 

3:こばと。◆EI:2014/07/29(火) 16:19 ID:4k2


第一話 / 転校生。

「みおーっ! お友達が迎えに来てるわよ!」
「ちょっと待って、今行く!」
 朝からお母さんの大きな声が家中に響く。近所迷惑だよ、少しは声のトーンを下げようよ…
 私、佐仲澪は、とりあえず高校一年生やってます。学校なんてつまらないだけだけど。

「ごめん夕、もしかしてずっと待ってた?」
 階段をかけ降りて玄関の前にいる友人、時崎夕に話し掛ける。夕はそっぽを向いて頬を膨らませている。随分ご立腹のようだ。
 こう言うこと言うのもなんだけど、夕は一度怒るとあんまり喋ってくれないからめんどくさい。普段から余り喋らないけど。そういうところも面白いんだけど。
「ごめんって。帰り、なんか奢るから!」
「…別に、気にしてないし…。…怒ってないから」
 夕の性格を一言で表せば、クーデレ≠セ。クール(ただ単に口数が少ないだけだと思うけど)だけど、たまにデレる。

 他愛の無い会話をしながら、私達は学校へ向かう。とりあえず夕の機嫌は直ったっぽい。
「そういや、今日転校生来るんだってよー」
「…私には関係ないけど…。…澪は楽しみなの…?」
「ん、楽しみっちゃ楽しみかもねぇ、転校生だもん。友達になれるかもじゃん? 夕は楽しみじゃないんだ?」
「…私は、澪がいれば平気、だから」
 転校生は、女子か男子か分からない。でも、女子なら、夕の友達になってくれるかもしれない。
 昇降口で靴を脱ぎ、上履きに履き替えれば、私達は教室に向かった。

 

4:こばと。◆EI:2014/07/29(火) 16:49 ID:4k2


+ + +

「おはよー!」
 とりあえず大きな声で挨拶をし、教室に入る。
 教室は案の定ざわついていた。転校生が来るんだもん、当たり前だよね。

「お、澪、おはようさん。転校生、楽しみだねぇー」
 もう一人の友人、詠坂薊が近付いて来ると、夕は私の後ろに隠れた。何故か夕は薊に苦手意識があるらしく、何時も薊とは喋らない。
「ん、薊、おはよー。転校生、どんな人かねー」
「今一瞬にして転校生どうでも良くなったわ…。どうやったら夕ちゃんとなかよくなれんの…?」
「どうやったらだろうねえ…」
 私にも分からない。どうして夕に好かれているのか。ていうか、いつ友達になったんだっけ。それすら覚えてないや。
 そうこうしているうちに、担任の礼譲藍(29歳、独身、彼氏募集中、あだ名はランちゃん)が入ってきた。

 出席を取り、ランちゃん先生のどうでもいい世間話を聞かされ、ついにその時が来た…!
「では、皆さんお待ちかね、転校生の登場でーすっ!」
 ランちゃん先生が言葉を放った瞬間、教室のドアがガラリと開き、教室中が静寂に包まれた。

 

5:こばと。◆EI:2014/07/29(火) 17:27 ID:4k2


 ______…入って来たのは、茶髪で制服の上から黒いパーカーを着た、チャラそうな男の子だった。
「…え、女子じゃなかったな…」「…かっこいー…」「イケメンじゃん!」
 教室中が残念そうな声と称賛の声で溢れていく。
 …かっこいいか? …こいつ。初対面だけどなんかウザイ感じするし…

「朝比奈さん、自己紹介お願いしまーす!」
 ランちゃん先生がそう言うと、朝比奈≠ニ呼ばれた人は黒板に字を書いた。
 朝比奈玲≠ニ。
 そして、ダルそうに口を開き、こう言った。

「…俺は朝比奈玲だ。友達とかはいらないんで、そこんとこ宜しく」

 うわあ…。見た目通りすぎる…
 なんかこの人、私の苦手なタイプだ…
「では、朝比奈さんは多奈川さんの…「佐仲澪の隣で良いですよね?」…え、佐仲さんの隣は桜庭さんですが…」
 …!?
 転校生で、初対面≠フ朝比奈玲が、私の隣を希望した。
 …はあ!? 何故、私の隣…!?
「…なあ、お前桜庭って言うんだっけ。席交換してくれる?」
 朝比奈…さんは私の隣の桜庭さんに話し掛ける。桜庭さんは、震えながら、「ど、うぞ…」と言うことしか出来なかった。

 朝比奈さんは私の隣に座り、ふ、と笑った。
 そしてこう言った。


 「_______…久しぶり」

 

6:イチゴ:2014/07/29(火) 21:35 ID:uv6

すごく、キュンキュンしながら読んでいます。私もイチゴ学園吹奏楽部という
小説を書いています。よろしければ
読んでみてくださいコメント大歓迎です
いきなり来てこんなこと書いてしまいすみません…
君の事好きだからのファンになってしまいましたっっ更新待ってます^^

7:こばと。◆EI:2014/07/30(水) 16:51 ID:4k2


>>6 / イチゴ様

うわああああああああっ(←
コメントありがとうございます! 小説はずっと書いているんですが、コメントは久々なので嬉しいです!

コメントはできるか分かりませんが、読んでみますね!

ファ、ファンだなんて、ありがとうございます!
これからも更新頑張ります、!

8:こばと。◆EI:2014/07/30(水) 17:26 ID:4k2


第二話 / 私と転校生と休み時間

「はう…。もうなんかめんどくさいよう…」

 転校生が来てから、もうすぐ三日が経つ。
 私の隣になった転校生はやたらと私に構ってくる。友達要らないんじゃなかったのかよ。しかも「名前で呼べ」なんて言ってくるし…。なんで命令口調なんだよ。
「あー、授業だりー」
「ノート空白にするんじゃありません」
「じゃあ澪が書いて」
「…ふざけんな」
 玲が転校初日に放った、「久しぶり」という言葉の意味はわかっていない。というか教える気はないらしい。

「きりーつ!」
 不意に聞こえた日直の号令。やべ、授業聞いてなかった。
「これで四時間目の授業を終わりにしまーす」

 授業が終わり、一気に教室中がうるさくなる。それを気に薊と夕が私の席にやって来た。
 夕は薊に苦手意識があったはずなのに、二人は親しげに話していた。友人として嬉しいはずなのに、なんかモヤモヤする。おかしいな。
「澪、隣の人とはどんな感じー?」
「どうもこうもないよ、ウザイったら」
 薊の問い掛けに、私はふう、と溜め息を吐いて答えた。
「ま、昼飯食べにいこー」
「…賛成…」

 

9:Ruka:2014/07/30(水) 18:01 ID:H1.

おもしろいですね!頑張って!!

10:こばと。◆EI:2014/07/30(水) 20:18 ID:4k2


>>9 / Ruka様

ありがとうございます!
更新頑張ります、!

11:グミゼリー:2014/07/30(水) 20:44 ID:NFA

面白いです
頑張って続き書いてくださいね

12:こばと。◆EI:2014/07/31(木) 17:34 ID:4k2


>>11 / グミゼリー様

面白いだなんて…!
ありがとうございます、これからも頑張ります、!

13:こばと。◆EI:2014/07/31(木) 17:54 ID:4k2


「そこの君たち、俺も仲間に入れてくれない?」
 席を立とうとすると、後ろから誰かに腕を掴まれた。君たち¢纒\は私かよ。
 うんざりしながら後ろを振り替えると、腕を掴んでいたのは案の定、玲だった。めんどくさいですねえ…
「じゃあ澪、お幸せに!」
「…お幸せに……」
 薊は満面の笑みで、夕は相変わらず無表情で手を振っていた。裏切られた感半端ねえ。きっと薊と夕は気を使ったつもりなんだろうけど。逆に迷惑ですよ。

「あんたさー、モテるんだから他の女子と食べてきなよ…」
 そう。こいつは何故かモテタイプなのだ。転校二日目でラブレター30枚と、驚異の実力を見せつけていた。怖いわ。現に今だって、女子たちが超睨んできてるし…
「やだね。俺は澪と一緒がいいんだよ」
 澪と一緒がいいんだよ≠フ言葉に、不覚にもドキドキしてしまった。
 こいつの発言を迂闊に信じちゃダメだ。
「…澪ってさ、」
 不意に玲が口を開いた。…焼きそばパンを食いながら。
「なにさ」
「いや、やっぱなんでもねー」
 意味わからん。呼んでおいて要件無しってどういうことだよ。
「そういやさ、」
 今度は私が口を開いた。どうしても聞きたいことがあったからだ。
「…転校してきた日、あんた久しぶり≠チて言ったじゃん。あれ、どういうこと?」
「いつか教えてやるよ」

 そんな会話をしている内に、私の弁当箱は空になり、薊と夕が戻ってきた。
 とりあえずめんどくさい昼休みでした。

 

14: なちゅ。:2014/07/31(木) 18:11 ID:iBc


これはまった(*´∀`)

更新楽しみにしてます!

15:こばと。◆EI:2014/07/31(木) 18:20 ID:4k2



+作者コメント+

こんばんは、こばと。です、!
いや、今超ハッピーです、こんなにコメントがもらえて…!

嬉しさで舞い上がっているので今の所の全キャラの髪型と性格書きます(´Д`)←
これからも更新頑張ります、!

佐仲 澪
性格 / 明るく、ちょっと男勝りな性格。素直になれずにひねくれている部分も。
容姿 / 黒髪をポニーテールにしている。前髪ぱっつん。

時崎 夕
性格 / クーデレ。泣き虫。
容姿 / 黒髪ロング。

詠坂 薊
性格 / 明るい。うるさい。
容姿 / 茶髪でウルフカット。狼の子供みたいな。

朝比奈 玲
性格 / チャラい感じ。
容姿 / 茶髪。

以上です、ではまたの機会に(´Д`)

16:こばと。◆EI:2014/07/31(木) 18:21 ID:4k2


>>14 / なちゅ。様

ありがとうございます、!
更新頑張りますね、!

17:こばと。◆EI:2014/08/01(金) 20:20 ID:4k2


あげます、更新は明日になります。

18:ちの。◆EI:2014/08/03(日) 18:30 ID:4k2


あげ、ます、すみません…


書き込む 最新10 サイトマップ