うちらの新聞部!〜モナリザ事件〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:飛鳥:2014/08/02(土) 17:20 ID:HOM

「う・・・暑い・・・・・!」
目を覚ました私はおもわずつぶやいた。
時計をみると、まだ9時をまわったところ。
学校があったら、飛び上がってるところだけど今は夏休み!
そんな心配は無用!
まだまだ寝ていたい!だけど・・・この暑さじゃねぇ・・・。
しょうがない!起きよう!
ここで私の紹介を。
私は、赤城 音色。ニコって呼ばれてる。
「ニコー!電話ぁ!ルリちゃんからぁ!」
ママの声が飛んでくる。
「ちょっとまって!」
タッタッタッタ・・・
階段を急いで下りる。
そしてママから電話をもらった。
「ルリ?おっはよー」
ルリは私の大親友。クリクリの目にちょっと茶色いフワフワの髪の毛。
ちょーかわいんだから!だけどちょーちょー好奇心いっぱいの女の子。
『おはよー。さっそくなんだけどさぁ学校行かない?』
「え?なんでまた・・・?」
『モナリザのうわさを確かめよ!』
「なんでよ?夏休みがおわってから・・・」
『新聞部リーダーのめーれいだよ!』
「・・・・わかりました。」
『よろしい!じゃ、2時に公園で!バイバイ!』
ガチャン!
新聞部の仕事かぁ・・・がんばろう!
私と、ルリは新聞部に入っている。あと、ミュウナ・けい・かいせいも。
モナリザなうわさっていうのは・・・なんだっけ?
あとでルリに聞こう!
さーてまずは着替えなきゃ!




ここでいったんおわりにしま〜す!塾にいっくね〜☆コメント(?)下さいねー!
それでは!Goodbye!☆彡

2:飛鳥:2014/08/02(土) 19:09 ID:HOM

続き、いっくよ〜!!3・2・1・・・・GO!!!



2:00  −公園ー

「モナリザのうわさ・・・もちろん知ってるよね?」
ミュウナ・けい・かいせいはうなずく。
私?私は首を振ってるよ。
ブンブンブンブン・・・大きく・・・ね。
無視されたら困るしさ!
「うんうん。よろしい!みんな知ってるのね!さすが私の部員たち!」
・・・。わかってない人もいるよ。ここに。
「ま!計画のため、簡単に話すよ!」
はいはいはーい!!!まってました!
「メモ取っといてー!」
はーい!
「モナリザが5日、なくなっていたわよね?」
うーん・・・わからん。まったくわからん。
たぶん・・・インフルエンザ&花粉で死んでた時だね。
「その時…その5日間に不思議なことが学校で続いたの。」
ふんふん。興味深い話だねぇ。
「物が、全校で100個ちょうどなくなったの。」
100個・・・・!!そんなに!?
「モナリザが見つかった時に、なくなることはなくなった。」
え・・・つまり・・・
「モナリザがやったって言いたいの?」
「ナイスだよ!ニコ。そうゆうこ・と☆」
「んで、夏休み新聞のネタにしよーかと。」
「そーゆうこと!さえてるねぇ。ニコ☆」
 ・・・誰でもわかるよ。
「ま、まぁ・・・いつものペアで行くから!」
いつものペアっていうのが・・・
かいせい&私
けい&ミュウナ
っていうの!

私と、ミュウナは行動派。
私は、相手の弱点を見つけ出す。
ミュウナが攻撃する。
私には、かいせいがペアでいる。
かいせいは、作戦を考えてくれる。
けいもかいせいと同じことをするの。
かいせいのお父さんが作った通信機を持って。
かいせいのお父さんは、発明家。たまーに爆発するけど。
ラリは全体のまとめ役と、日にちを決めたりする。
「それでは作戦を決めて、きょうの5時!解散!!!」


ここでいったんおわるぅね!ごっはん〜!それではGoodbye★

3:アイ子:2014/08/02(土) 19:42 ID:ZCM

この主人公目線の書き方良いですね!
続き楽しみ!

私の「麦わら帽子」ってのも良かったら読んで!
http://ha10.net/novel/1406721767.html

4:飛鳥:2014/08/03(日) 20:08 ID:HOM

飛鳥デェス♪(>∀<)ゞ 人物紹介してなかったネ…(・Q・)
今から紹介するよ!
主人公 赤城 音色(あかぎ ねいろ)
*明るい女の子。お祭りとかが大好きで、情報収集が得意。あだ名はニコ!

堀内 海世(ほりうち かいせい)
*いつもうるさい陽気な男。ニコのことが好き!?あだ名はかい!

森梨 ルリ(もりなし るり)
*転校生。好奇心500%で新聞部リーダー!大富豪のお嬢様!?あだ名はルゥ!

町崎 圭(まちざき けい)
*無愛想で無口。たまに話せば口が悪い…。あだ名はM.K(エム.ケー)

コズエ・マルビナ・ミュウナ
*アメリカ人と日本人のハーフ。運動神経ばつぐん!あだ名はミュウ!

みたいな感じになっております♪応援よろしく♪
花火〜♪見に行こ〜☆それでは!去らばーーー!

5:飛鳥:2014/08/03(日) 21:28 ID:HOM

飛鳥だよ!花火終わったから帰って来たよ♪音色たちはまだミーティングが終わってないようで・・・
「私はこうした方がいいと思うの!」
「いーや!こっちの方がいい!」
・・・。ケンカしてるねぇ。1時間後にまた来ますか。
でわでわ・・・ルゥ(ルリ)の転校前のお話でもしましょう!
OK?1・2・3・・・GO!

〜特別編〜

「えぇぇぇぇぇ!!!?」
「しょうがないのよ。パパのお仕事だから。わかって!ルゥ。」
「だからって・・・転校なんかいやだよ!」
そう言い残し私は階段をかけ上がった。
(ママたちは私のこと、なんにもわかっていないわ!)
私、ルリ。みんな、一度は聞いたことがあるんじゃないかしら?
『世界を守る〜♪森梨グループ〜♪あなたの生活支えますぅ〜♪』
っていうC.Mを。よくやってるからね。パパはその森梨グループの社長さんなんだ。あっ!自慢なんかじゃないわよ!
というより、自慢どころじゃないわ!
迷惑なのよ!
みんなから変な目で見られたり、特別扱いされたり・・・。
やんなる!
・・・。だけどよく考えれば、今の学校からいなくなれるのよね・・・。
それは、それでいいかも。
新しい学校ではパパのこと言わなければいいんだもの!
バンッ!
私はクローゼットを開け、あさり始めた。
(服・・・どーせなら、動きやすい明るいものがいいな。)
1週間後には新しい学校だ。
1週間後なんだし服を選んでもいいだろう。
(これ!いいかも!)
私は飛びっきり可愛い明るい服を選ぶと、ベッドにたおれた。
(新しい学校。新しい町。新しい友達・・・。フフッ。楽しみだわ。)
私は知らない間に寝ていた。

ドキドキドキドキ・・・。
今日から新しい学校だ。
(うー・・・。心臓の音、聞こえてないぃ?)
新しい教室に入る3秒前。
3・2・1・・・ガラガラガラ。
ザワザワザワ・・・
「静かに!転校生の森梨さんです。自己紹介を。」
(うわっ!じ、自己紹介〜!?)
「森梨 ルリです。東京から来ました。よろしくお願いします。」
「ありがとう。森梨さんは・・・赤城さんの隣に。赤城さん。連れていってあげて。」
赤城さんと呼ばれた子が来る。
「よろしくね!私、赤城 音色。みんなからはニコって呼ばれてるの。なんでニコなのかわかんはいけどね」
フワッ・・・
なんだろう。この子・・・あったかい。私はこの子がニコって呼ばれてる意味がよくわかったよ。
だってこの子・・・笑顔が輝いてるもん。
私も自然に笑顔がこぼれた。
私はそして思った。
”この子と最高の友達になろう
と・・・

どうでーした?ルリちゃんの物語!
ニコとは一番最初に出会ったみたいだわ!(驚)小さいころ、外に出られなかった・・・ということで、好奇心が500%にまで☆ということで・・・
応援よろしく〜♪
      元気爆発の飛鳥より

(※森梨グループのC.Mはありません)

6:飛鳥:2014/08/05(火) 20:47 ID:HOM

1時間たちました・・・

ミーティングは終わったかな〜♪
シーーーン・・・
うん。静か=終わったダネ☆
ガチャリ
・・・・。
「な〜にしてる・・・うわぁぁ!」
ま、マジかよ!
ミュウナ・・・それは・・・?
「あらぁぁ?分からなぁい?爆弾でぇすよぉ!」
ゾゾゾゾゾォォ・・・
け、け、けい・・・はぁ?
「・・・。僕は何も・・・」
よかったわぁ・・・
「・・・計画書だけ」
うまくいってんだね♪
「・・・いや。僕だけで行く」
えぇ!?
「ミュウがバカなんだ」
はぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!?
「簡単に言えばケンカした」
なんでよ!
「あたりまえだぉ!だぁってM.Kが校門を乗り越えて行くっていうんだもぉん!!」
「・・・爆弾使うほうがバカなんだ」
・・・ミュウがバカ。
「飛鳥がバカなのでぇす!!!!」
うわぁぁぁぁん!!!!
泣きながら行っちゃった。
「2時間後に来て」
そうするよ。圭。

でゎでゎ、バイバーイ♪

7:飛鳥:2014/08/06(水) 11:45 ID:HOM

ー2時間後ー
さぁって!おわったかな??
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
バッコーン・・・
な、な、な、な、なにぃ!?
「ま、まてよ!ニコーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
か、かいぃ!?
「ニ、ニコォォ・・・人生おわったぜ・・・。」
かい・・・大丈夫?
「大丈夫じゃなさそうだぉ?」
ミュウ!!あんたらのケンカは…?
「終わった」
そうなんだ!け・・・ってどわぁ!
「ボロボロってことが言いたいのか」
うんうん!ボロボロリンじゃん!
「・・・」
と、とにかくニコを探しにいこ!
「・・・」
かいも!ほらほら!ニコに嫌われるぞ!
バコーン!(かいが飛び出した音)
ニコの力・・・すんご!


ー5分後ー

「か、かいぃ・・・いたいよぉ・・・」
「だまってついて来い!!」
帰ってきたきたぁ!
「みんなそろったわね?これから、学校へ、行くわよ!」
GO!!!!!!!!!!!!
わっほ〜い^^!!!
ついに!!!

8:飛鳥:2014/08/06(水) 11:48 ID:HOM

・・・・・。私はついてこない!
っておいてかれた・・・
ニコたちが帰ってきたときに、話すって
だけどさぁ・・・いくらなんでも・・・
閉じ込めないで!!!!!

9:飛鳥:2014/08/06(水) 11:49 ID:HOM

私はついてこない!=飛鳥はこないで!!!!!!
です。お間違えなく

10:飛鳥:2014/08/25(月) 13:03 ID:sAo

【ご案内】
最近来なくてごめんなさぁい!
コンクールがありまして・・・
8月31日には戻ります!
それでは失礼します。
Goodbye✿

11:あかり:2014/08/25(月) 13:41 ID:/6E

明るいけど興味をそそるかんじですね!

コンクールがんばってください

12:飛鳥:2014/08/25(月) 14:19 ID:sAo

ありがとーございます✿ちょいっときゅーけい

13:猫又◆Pw:2014/08/31(日) 21:45 ID:FQs

 こんにちは。エントリーがあったので来ました、猫又です。
感想とアドバイスをご希望ということですが……。
 うーん(。-_-。)…………その、私には無理そうです。

 見たところ感嘆符(!)と疑問符(?)、それと長音(ー)が使われすぎており、
さらに心情以外の描写が極端に少ないために、小説というよりお笑い芸人のネタ帳という印象を受けました。

 もちろんだからといって良いとか悪いとか言うつもりはありません。
(勢い任せの文章も漫才も面白いですから)
 究極的に言ってしまえば、書いてる本人が満足すれば立派な作品です……。
この作品、見たところとても楽しそうに書いてますし、
 書くことを楽しみたいなら、私のアドバイスなんて悪口以外の何者でもありません。

 ですが自分の書いている物語を誰かに分かってほしいと思うなら、
まずそこらへんにある本を読んで『一般的に読まれている小説がどんなものか』を頭に入れてください。
 この書き方のままではテンションは伝わっても、内容は全く入ってきませんから、
ギャクはともかく恋愛・友情・ホラー等々の物語が成立しません。
 あくまで私の意見と割り切って結構ですがもし読者に自分の作品を伝えたいのなら、
ケータイ小説ならせめて、小説ならなおさらに小説の形式というものを少しずつ勉強することをオススメいたします……。では、

14:飛鳥:2014/09/30(火) 20:45 ID:sAo

ありがとうね!猫又チャン❤
頑張ります!!!

15:モモンガ様&◆Qk らんらんるー(´・ω・`):2014/09/30(火) 21:03 ID:tTI

面白いです、これからも頑張ってください(^ω^)b


書き込む 最新10 サイトマップ