落ちこぼれ妖怪の溜まり場

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:芋 hoge:2014/08/18(月) 15:54 ID:5GE

オリジナル、ちょいホラーです。
設定がゴチャゴチャしてるけど気にしないでください。

登場人物

ユウ 主人公。17歳。
普通の人間の少年だが、ある日妖怪たちの住む世界に入ってしまって…!?

アカネ 一端の魔女。17歳。
頭が良いが、魔術で劣っている。

シュウ 吸血鬼の少年。18歳。
若白髪が原因で苛められている。

コウスケ 落ちこぼれの憑依霊。19歳。
現在は鳥に憑依している。

カナデ 地獄の閻魔様。15歳。
実は女だったりする。口が悪い。

ナナミ 絵から生まれた少女。18歳。
ナイフ使いではトップレベルの技術を持つ。

アラタ 人形に霊が宿った少年。19歳。
イタズラ好きで、他人を困らせるのが好き。

2:芋 hoge:2014/08/19(火) 06:54 ID:5GE

ID変わってるけどスレ主です

3:芋 hoge:2014/08/19(火) 14:44 ID:5GE

あ、変わってなかった

4:芋 hoge:2014/08/20(水) 11:44 ID:5GE

「今日も暇だな〜…なんか面白いことはないんかな〜…」
独り言を呟きながら歩く俺、ユウはとある地獄に苦戦していた。
…俺の高校では、来週にテストが控えている。
しかも赤点を取れば成績がかなり落ちるとされているため、皆必死に勉強している。
ところがどっこい、俺は全く勉強していない。
まあ暇、というのはただ単に現実逃避なので気にしないでくれ。

…色々考えているうちにいつもの場所が見えてきた。俺の家のすぐ隣の墓が。
ここは夜になると幽霊が出る…なんて噂はない。
が、最近この辺りで車がひっくり返ったり、何もないところで人が転んだり、といった現象が起こっているらしい。
警察が霊能師やらオカルトマニアやら呼んで大騒ぎになっていた覚えがある。
隣人の俺にとっちゃえらい迷惑だが。

5:芋 hoge:2014/08/22(金) 15:01 ID:5GE

とりあえずさっさと家帰ってゴロゴロしようそうしよう。
『何処に行くの?』
何処だって?家に決まって…

「…ん!?」
周りを見回したが、誰もいない。
…何なんだ全く…

「空間移動」

はっきりと誰かの声が聞こえたその瞬間、俺の意識が途切れた。

6:芋 hoge:2014/08/22(金) 15:20 ID:5GE



…目が覚めると、見覚えのないところにいた。
「…あ、大丈夫?」
大丈夫じゃねえよ…なんだよこれ…

「うわああああああ!!ここどこ!?」
「ぎゃあああああああああ!!」
俺が勢いよく起き上がると、先程の声の主もひっくり返った。
「…あぁびっくりした…とりあえずユウさんが元気そうで何よりです」
横で俺を看病していたであろう少年は、そう言うとニッコリと笑った。
「え…なんで俺の名前知ってんの?」
俺は純粋な疑問をぶつけた。


「なんでって…あなたが生まれたときからずっと知ってましたよ?」


書き込む 最新10 サイトマップ