イチゴ味の飴ちゃん。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:キャンディ:2014/08/19(火) 19:58 ID:TyA


キャンディですん(^ω^)元ちょこ。
オリキャラでは綾乃として活動させてもらっています。
えーと、今回1ヶ月ぶりの制作ということです!
面倒なのでノートには書いていません。直接なのでおかしな間違い連発するかも…てかします。(笑)
そこは何とか見逃していただき、「イチゴ味の飴ちゃん。」を楽しんで頂けたら幸いです。

2:キャンディ:2014/08/19(火) 20:10 ID:TyA

1.飴ちゃんどうぞ!

五年前に亡くなってしまった私の母親。

母は、いつでも、何処でも、誰にでも、飴ちゃんを渡していた。
あの笑顔で、「飴ちゃんどうぞ!」と言いながら。私にも飴ちゃんを毎日くれた。私はイチゴ味が一番好きやった。でも、今…母は居ない。
あの日、私は母に最後に貰ったイチゴ味の飴ちゃんを口に入れたまま、わんわん泣いてた。
母は、「杏、強くなりや。何があっても頑張り。辛いときは飴ちゃん食べや。」と言って、行ってしもうた。
でも、辛くない。私には飴ちゃんがあるんやもん。


***
短っっ!!でもごめんなさい。今日は終わりw←

3:キャンディ:2014/08/21(木) 14:10 ID:TyA


あの日から、飴ちゃんをあげるのは私の役になった。友達にも、塾の先生にも、公園で泣いている小さな女の子にも。
私はイチゴ味の飴ちゃんを握り締めて、ずっと歩いていく。

そんな私と飴ちゃんの恋物語。


書き込む 最新10 サイトマップ