-鬼の子探し。-

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:生狐。◆Oo LIZ LISA:2014/08/27(水) 13:59 ID:lqo


 これは今から遠い遠い昔の話....

____________....
________________________

1人の少女は山奥の小屋から足を踏み出す。

「お母さん、いってきます。」

白銀の綺麗な髪を腰の丈まで揺らし、名の無い少女は
生まれて初めて自分の育った小屋から外の世界へと出た。


+ + + +            + + + +

+.中傷、批判、アドバイス.受け付けます!

2:生狐。◆Oo LIZ LISA:2014/08/27(水) 14:11 ID:lqo


少女は行く宛もなく、足を進める。

____....取り敢えず、山を下ろう。

少女が家をでた理由は1つ。
少女の母が『人間』に殺されたから。

私のお母さんはなにもしていないのに、
人間に危害なんか加えてないのに....
殺されたんだ。

私の一族が_______『鬼』だから。
だから、だから私は、人間に復讐してやる。

殺してやる....一匹、残らず。

握った手に力がこもり、下る足が速くなる。

3:生狐。◆Oo LIZ LISA:2014/08/27(水) 14:18 ID:lqo


....とはいっても

周りは見渡す限りの山。
この下へ行けば、人間がいるなんて根拠はない。

母の生きている時の話を聞いた限りではこれであってる筈....

ふと少女は考えと足をとめた。
そうだ....ただ殺すだけでは駄目だ。
私は『復讐』を成すべく小屋を出た。

____人間の匂いがする
一面は未だに山しか....、あれ。
木々の間に獣道の様なものが見られる。

....ただの獣道かもしれんが、いってみるか。

4:生狐。◆Oo LIZ LISA:2014/08/27(水) 14:23 ID:lqo


獣道を通るもの、泥でべたべたしていて先が進みにくい。
それに....草も異様に生い茂りとても人が進むような場所ではない

だが、人間どもがかならず使う道だともいいきれない。
他の道があって、この道はなにかしらに使う....?

’’ガシャン’’....
足元から鈍い音がした

5:ミケ:2014/08/27(水) 22:46 ID:vcg

どうも、ミケです。

面白い作品ですね!私も小説書いてるんですが、私よりも上手いです!
続きが気になります、頑張って下さい!

6:生狐。◆Oo :2014/08/27(水) 23:02 ID:lqo


▼ミケさん.。♡

こんばんは!!
ありがとうございます(*´Д`*)❣

凄く嬉しいです(*>ω<*)♡
いやいや、そんなことないですよ!

見せてもらいますね(๑❛ᴗ❛๑)♡
はい、!
頑張ります🌠*+
レスありがとうございます(*´艸`*)♬

7:生狐。◆Oo :2014/08/27(水) 23:21 ID:lqo


___________....


ヤバイ、ヤバイヤバイヤバイ。
嵌(はめ)められた....っ!!

少女の顔はみるみる血の気が引き、青くなっていく。

こんなところで終わる訳には....
まず、どうなってるんだ、!?

足元が泥だらけなだけに夕暮れ時の日が沈む時間帯で
いっそう足元がみにくい
手探りでしか物の探りをすることしか出来ない。
下手にすれば手も巻き込まれるか....
足の感触からして何かが足に固定された様な....

「くそっ....!!くそ、くそくそくそっ!!」

なんだよ、これ....
どうするって言うんだよ。
何が復讐する、だ。
まんまと人間の手にかかって。

8:生狐。◆Oo :2014/08/27(水) 23:22 ID:lqo


> 手探りでしか物の探りをすることしか出来ない。

>手探りでしか物の探りをすることが出来ない。

9:生狐。◆Oo :2014/08/27(水) 23:29 ID:lqo


ぁ..Σ
>「お母さん、行ってきます」
>「くそっ....!! くそ、くそくそくそっ!! 」

に訂正します(´`*)
訂正多くてすいません..(;

10:生狐。◆Oo l:2014/08/28(木) 16:23 ID:lqo


嗚呼、私ってこんなに弱かったんだ。
人間の罠にまんまとひっかかって....馬鹿みたい。

もう辺りは真っ暗だし、此処で哀れに死ぬんだな。
なんて悲しい、華の無い人生だったろう。

「....たい、まだ....生きたいよ....っ」

自然とそんな言葉が口から溢れた。
同時に微かに冷たい雫が頬を伝った。

暗くなればなる程、足元からずんずんと冷えが襲ってくる。
人間に___....みつかるのも時間の問題か。

死んでいるところを見られるのか、それとも面と会わせることになるのだろうか。
そんなどうでもいい疑問までもが浮かんできた。

11:猫又◆Pw:2014/08/29(金) 04:09 ID:FQs

 こんにちは。エントリーがあったので来ました、猫又です。
感想とアドバイスを希望ということですが、まずこの作品を見て感動したのは、
『中傷、批判、アドバイス.受け付けます!』って文言ですね……。
 いや、私、無理です。アドバイスまでは良いとして、
こんなことやっといて何ですが、批判とか中傷まで受ける勇気ありません……。
 でも、プロ目指すなら生狐さんくらいの根性がないといけないんでしょうね……はぁ。

 っと、こんなことで落ち込んでいられないのでざっと感想を述べさせていただきます。
ここまで見た上でまず感じたのは『ストーリ自体は面白かったです』。
 ミケたんも言ってましたが私もスレッド10まで見て『なかなか味がある作品だ』と、
(何様だって話ですけど)思いました。

 が、文章構成に穴……というほどでは無いですが、結構な段差を感じました。
意味は理解できるのですが『!?』と言いたくなる文の繋ぎが多かったです。
 というわけでその部分をアドバイスして行きます。

1 視点を理解して下さい。
  小説には全く書き方の違う2つの視点というものがあります。
 主人公の目線で話を語る『一人称』。作者・読者に近い『三人称』です。
  見分け方は簡単。↓のように主語が『私や俺』、そして私の心の声を書けるのが『一人称』。
 【私はとにかく歩き続けた。本当にこの先大丈夫だろうか……】
  ↓のように主語が『名前や代名詞』で、キャラの気持ちを推測することしかできないのが『三人称』です。
 【A子はとにかく歩き続けた。本当にこの少女はこの先大丈夫なのだろうか……】
 
と、ここまで話して分かったと思いますが、生狐さんの作品は心の声が入る『一人称型』にもかかわらず、
『少女』という『三人称観点』を持ち出してしまってます。(おそらくナレータのつもりだったのでしょうが……)

 >>1 のように本編と切り離されている前書きなら問題ありませんが、
作品中で『私観点』と『少女観点』を混ぜると文がおかしくなりますので、
『私』だけにすることをオススメいたします。

2 心の声から物語を進める時はフォローする。
 これは実際に例を出します。例えば >>2 の殺してやる……の部分。
  このままではキャラの心と動作がバラバラになってしまいます。もし書くとしたら、
   殺してやる……一匹、残らず。
  そんな決意と共に熱くなってゆく握り拳をたずさえて、私は足早に坂を下った。
  
   てな感じが妥当だと思います。(個人的に)
  一人称はいきなり心理描写を入れることができますから、きちんと説明しないと動作と繋がらないことがあります。
   心理描写から行動を起こす際は注意して下さい。

☆細かい点 (個人的な意見です)
 ○ >>1 の『生まれて初めて自分の育った小屋から外の世界へ』の所、色々な解釈ができてしまうので、
   『決して後ろを振り返らず、一生出ることのないと思っていた今は空っぽの小屋をあとにした』とかだと、
   何かを失いそして取り戻すって感じのイメージが湧くんじゃないかな〜と思いました。
 
 ○揚げ足を取るようですみませんが、>>4 の『だが、人間どもがかならず使う道だともいいきれない』って、
  『人間が絶対に使う道……とは断定できない』って意味ですよね?
  たぶん『人間が絶対に使わない道とも言い切れない』って書きたかったんだと思いますが、
  こういう日本語のややこしい言い回しにも注意です!

 と、それそろ文字数がやばいのでこの辺で。
色々好き放題言ってしまいましたが、中傷や悪口ではなく上達するための意見として受け取ってくれれば幸いです。では、

12:生狐。 ◆Oo かねき:2014/08/29(金) 14:44 ID:lqo


>>11/猫又さん*。

いえいえ、!
そんな大した根性じゃないですよ、私は((*´`*)笑

視点は言われてみる確かに1つにまとめた方がいいですね..!!
2.心理描写から行動を起こすとき、まだあまちゃんで
そんなにうまく書けないでしょうが、練習していきます..!*

細かい点、ありがとうございます..!
言葉の使い方が雑だったり、日本語にちょいとずれていますね、
気を付けます..!

ありがとうございました((oωo´*!

13:生狐。 ◆Oo かねき:2014/08/30(土) 20:46 ID:lqo


''がさ..''

あれから一時間くらいがたっただろうか?
薄れゆく意識の中音のした方向に目をやる。

何か、がいる。

獣?人間?

獣なら下手すれば喰われてしまうかもしれない。
人間なら、殺されてしまうだろう。

14:生狐。 ◆Oo:2014/08/31(日) 21:33 ID:NgY


だが、私の向いた方向から出てきたものは人でも獣でもなかった_____....




そう、私と同じ、『鬼』

考えてみればそうだ、人間の臭いはしなかったのだし....
茂みから出てきた姿は小さな角がはえている
真っ黒な髪に、横に切れるような黒く、澄んだ瞳。
身長は165cm以上170cm以下、___....といったところだろうか。
小柄な体型と表せば妥当だろう。



それが....''彼’’との出会いだった

15:生狐。 ◆Oo :2014/09/05(金) 19:42 ID:lqo


ちょい延期しまふ


書き込む 最新10 サイトマップ