現実無視♪ 「ミュールノアール」

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:愛奏:2014/08/29(金) 16:19 ID:gGE

あらすじ

どこにあるかは謎どんなものかも謎
その中で真実をもとめる者だけが行ける「ミュールノアール」
欲望にとらわれこのお店にきたいと自分から望むものは来れない...

名前 ミュールノアール
性別 女
年  16?17?
謎少女
「お客様?今日は多いわね何がお望み...?
なんでもかなえてあげるけど...それが真実とはわからない
叶えるのは結局あなたの真実(心)

2:来夢:2014/08/29(金) 16:55 ID:gGE

ここはどこにあるのかわからない不思議な空間ー...

キィィー...
「あら」
「あっあの...」
「....人が多いのね...」
「え?」
「あっいいえ上がってお茶を出すわ」
「あありがとう...ございます」
「こっここ怖いよー」
「だっ大丈夫よなんか気づいたらここにいたけど」
「.............」
「どうぞ」
「はっはい」
お尻の下くらいまでまっすぐ伸びる黒髪
まつげは長くて
とても似合うワンピース
美少女としか言いようがない...
「...ここはどこ?」
「!?」
「そう思っているわよね?」
「あ...は..い」
「ここは来たいなとか思ってくる人はいないわね...」
私達は静かにその人の話を聞いた
なんでだか目が離せないのだ...
「ここは密かに願いを寄せって面白い人生を...送りたいと思っている子があつまるの」
あぜんとする
冷たい空気
「面白い人生...?」
「言い過ぎ...かしら?平凡な今を少しでも...」
「少しでも?」
               変えたいと
「...........」
何も言えない普通の言葉なのに僕らに突き刺さるのはあたっているから...?
「わ...私どうなるんでしょう」
「しりたい?」
「もちろん!!」
フッ...
彼女は笑った
「変えたいのなら変えてみなさい欲望など捨てて真実を見つけるの
ここで信じなきゃいけないのは仲間とわたくしそしてー....
自分の真実(心)よ」
きっとここのみんなこの人のことをかっこいいと思っただろう
「わたくしはミュールノアールそしてこの空間はミュールノアールよ」
「ミュールノアール...」
「探して...わたくしがみつけらねなかった真実」
ボソッ
「真実ー...」

ミュールノアールのお客様
美玲 15歳 女
夏美 15歳 女
瞬  16歳 男
洸  16歳 男
優  17歳 男

3:愛奏:2014/08/29(金) 16:56 ID:gGE

あっ名前かわっちゃいました


書き込む 最新10 サイトマップ