部活を終わらせない為に部員を探すことにしました。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:愛結:2014/09/17(水) 21:19 ID:s5E


〈若葉高校、とある部室にて。〉


狭い部室。少々埃っぽいけど、俺はこの部室が大好きだ。

たった二人の部員。華々しい功績は過去のもの。

先輩が来年卒業してしまうから、来年こそは部員をゲットしないと・・・。

サッカー部に負けてたまるか。

なんて、呑気に事を構えていた。だけど、先輩はそれを許してはくれなかった。



〈若葉高校、朝学活で。〉

ふぁ・・・・。眠い・・・・。

幸い、朝学活だし。もうすこし眠れるか。

そんなとき、先生の声が聞こえた。

転入生だとか。男?女?美女?イケメン?とか様々な声が飛び交う。

あー、うるせー。

しぶしぶ顔を上げた俺の前には、目に悪い色の金髪に青い瞳の女の子が立っていた。



〈若葉高校、別のクラスの朝学活で。〉

今日、転入生が来たらしい。

でもまぁ、僕のクラスに来ることはないか。

だって、そういうラブコメみたいなのはアイツの専売特許だからね。



〈若葉高校、朝学活。〉

読書中。この世界には魔法もないし、エスパーも居ない。

つまらないから、私は本を読む。別の世界を創造する。

断じて、中二病じゃない。



〈若葉高校、朝学活中〉

ふふふ、完璧だ・・・。今日も溶け込んでいるな・・・。

おっと、自己紹介が遅れたな。

とある異世界から地球の平和を守るため地球に来た。

最強の魔法使い、光の創造主だ。光の創造主と書いてエンペラーと呼んでくれ。

このことが、闇の組織〈ブラックジョーカー〉にばれたら大変だから変装をしている。

さあ、今日もこの地球〈ほし〉を守るため戦うとするか。



さあ、部活動を始めよう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

初めまして。愛結です。下手くそですが見てくださってありがとうございました。

少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

次回から本格的に書こうかなと思ってます。

悪口等は受け付けません。


書き込む 最新10 サイトマップ