【恋愛小説】〜転校初日、私は恋をしました〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:モモンガ様&◆Qk momonnga@DoCoMo:2014/10/05(日) 13:13 ID:tTI

はい、どうもこんにちは(*'ω'*)
私、今のところ合作も合わせて3つの小説描いてますね、はい←どうでもいい(´・ω・`えっ

えーっと、今回は恋愛ものを書きたいのでよろしくお願いしますね(笑)


では次から登場人物の紹介です、どうぞ\(´・ω・`)/

2:モモンガ様&◆Qk momonnga@DoCoMo:2014/10/05(日) 13:31 ID:tTI

【登場人物】

・名前 佐倉 杏(さくら あん)
 性別 女
 年齢 16
 性格 明るい方

 親の都合により転校することになった、菜々華の心友、裕月のことが好き


・名前  春崎 菜々華(はるざき ななか)
 性別 女
 年齢 16
 性格 おっとりしていてマイペース、やさしい

 裕月と幼馴染、杏の心友、裕月のことが…!?


・神田 裕月(かんだ ゆうき)
 性別 男
 年齢 16
 性格 無口&無表情、鈍感

 菜々華と幼馴染、涼の心友、イケメン&天才で学年一頭がいい


・大田 涼(おおた りょう)
 性別 男
 年齢 16
 性格 明るい、見た目チャラい、裕月の心友
 
 裕月の心友、菜々華のことが好き、クラスでモテる方

 

3:モモンガ様&◆Qk momonnga@DoCoMo:2014/10/05(日) 13:42 ID:tTI

【杏side】

朝、なんだかすごく憂鬱

今日は転校初日、初めて学校へ行く日

親の都合で別の高校へ転校することになった私…

実のことを言うと前の学校の方がいやすくてよかった、だから転校はしたくなかった



新しい制服に着替える、もういやだなぁ…

友達できるかなぁ…うまくやっていけるかなぁ…

いろいろ不安はあるがとりあえずネガティブには考えない私



杏「…よし…!がんばるぞ…!」


私は勢いよく玄関を開け、学校へ向かった

4:・。茉莉沙。:2014/10/05(日) 16:43 ID:/PM

モモンガ様&♦Qk 様

こんにちは!お邪魔します(^^)
【純愛】届け。を書いております、茉莉沙です★

さてさて読ませていただきました♪
タイトルに引かれてクリックしたら、
なあんと!!
コメントをして下さったモモンガ様&♦Qk様じゃないか!!
と。

これからも愛読させていただきますね★
葉っぱ小説家(自称w)同士、頑張りましょう!!

MARISA より

5:かっぷけーき(*´∀`*):2014/10/05(日) 21:14 ID:vY.

モモンガ様様(笑)

新しい小説読ませていただきました!

自分も新しく作品を出しました!ぜひそちらも読んでいただけると嬉しいです!

これからもがんばてください!応援します!

好きです!愛してm((殴

(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン ついこーふんして(;・∀・)

では以上かっぷけーきでした!

6:モモンガ様&◆Qk momonnga@DoCoMo:2014/10/05(日) 21:22 ID:tTI

ブワッ(´;ω;`)

わぁあああああ、コメントありがとうございます!感動に浸っておりますモモンガです!


まず・。茉莉沙。様
コメントありがとうございます!私も・。茉莉沙。:様の作品読ませてもらっていただいてます!
お互い頑張りましょう!


そしてかっぷけーき(*´∀`*)様
コメントありがとうございます!
かっぷけーき(*´∀`*)さんの作品書いてるの多くてさすがです‼尊敬します!
これからもがんばりましょう!

7:モモンガ様&◆Qk ももんが@DoCoMo:2014/10/11(土) 17:55 ID:tTI

【学校・教室内】

涼「裕月〜!な・ん・と!今日噂だと女子の転校生くるって先生言ってたぜ!どんな子かな〜!」

裕月「…そうなんだ…」

涼「お、おい!裕月!女の子だぞ!?なんだその態度はぁ〜〜(○`ε´○)プンプン!!もうちょっといい反応しろよぉ〜 」


菜々華「ん?二人とも何話してるの?」


涼「おっ…おう!//菜々華、今日な、転校生が来るって話してたんだ//」

裕月「…そしてさっきまで涼が女子の転校生ってはしゃいでた…」

涼「おい!?裕月!それは余計だぞ!」


菜々華「へぇ〜、いいね〜、どんな子だろうね?( ニコッ 」


涼「そっ////そうだな!おっと、そろそろ先生来る時間だな!//す、座るか!//」

菜々華「あ、本当だ、そうだね、それじゃあ」


裕月「……涼…」

涼「なっ、なんだぁ!?///な、何かあったのか?//」

裕月「……いや、なんで顔赤いの…?」

涼「いいいいいいいやぁ?//ベっ…別にいつも通りだけど!?//」

裕月「……そう……?」


『ガララッ』←教室のドア開く音


先生「こらー、お前ら早く席につけ!」

涼「げっ…!じゃっ、じゃあ裕月、またあとでな!」

裕月「うん…」



先生「よしっ、全員席に着いたなー?今日は転校生を紹介するぞ」

8:モモンガ様&◆Qk ももんが@DoCoMo:2014/10/12(日) 21:33 ID:tTI

【杏sibe】

学校に迷いもせず無事に着き、とうとう先生が私のことを紹介しようとしてる



………うわぁああああああああ!めっちゃ緊張する!


どどどどうしよう…このクラスでうまくやっていけるかな…?


とっ…とりあえず深呼吸!






………よし!大丈夫!きっとなんとかなる!がんばれ!私!


杏「佐倉 杏です…今日からこの学校でお世話になることになります…えっと、よろしくお願いします!」



何とか言えたじゃないか!私!あとはこのクラスに馴染むだけだ!



先生「よし…佐倉の席は………ちょうど神田の隣があいてるな!じゃ、そこに座ってくれ」



神田君っていう人が私の隣かぁ……どんな人だろう…?




神田と呼ばれる人に顔を向けてみると目があった



…………………うわっ!めっちゃイケメン!私のすごい好み…







私の恋物語はここから始まる…

9:あんず:2014/10/13(月) 10:26 ID:sAo

ほわぁ・・・・モモンガちゃんじょーずだね!相変わらず❤
ホラー小説つづけてよぉぉぉお(涙)
ずーっと、まってるのに・・・・
書いてね☆

10:モモンガ様&◆Qk モモンガ@DoCoMo:2014/10/13(月) 15:57 ID:tTI

>>9

わぁああああ(´;ω;`)コメありがとうございます!
ホラー小説の方ですね!w
スイマセン、今すぐ書くんで!w

ありがとうございます!

11:モモンガ様&◆Qk モモンガ@DoCoMo:2014/10/15(水) 17:31 ID:tTI

【杏side】

神田君の隣の席に向かい、神田君にあいさつをした


杏「え、えっと……神田君?だっけ…これからよろしくね…」


裕月「……ん?あぁ…よろしく……」



…なんかおとなしそうな性格だなぁ……



………………………………でもやっぱりかっこいい!

これから仲良くできるかな…




そう思っていたら先生の話が終わり、1時間目の授業のチャイムが鳴った



おわわ…授業時間だ……



そんなこんなで1時間目は始まった


書き込む 最新10 サイトマップ