飛鳥

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:羅菜:2014/10/18(土) 17:28 ID:8Ow

中学1年の夏前…私はこの村「飛鳥」に引っ越してきた。




2年前、私が小学5年生の時にここで書いた小説をアレンジします!
2年前と変わらず駄作ですが(^ p^ )

では、START!

2:羅菜:2014/10/18(土) 17:41 ID:8Ow

チャイムが校内に鳴り響く。

「今日さぁ〜、転校生来るらしいよっ!」
「まじで!?どんな子だろ!?」

ザワザワと静まらない教室の前で私、羽鳥 明日花-はとり あすか-は棒立ちしていた。…否、緊張して歩けないでいた。

「どうした?気分悪いか?」
この、1-Aの担任 水原 功-みずから こう-先生が私に問う。

勿論、緊張なんかしていないのだが…

「ぃえ!?、だっ…大丈夫れぅるふ…っ…」
「…あぁ〜…」

察された…。

盛大な噛みを披露してしまった。

まあ、こんな事思えるぐらい心の中は落ち着いているのだが…。

私の緊張が解けるまで待つ訳には行かない先生は、私の前に行き教室のドアを開いた…

3:羅菜:2014/10/18(土) 17:43 ID:8Ow

【訂正】
水原先生の名前振り仮名のところ
×みずから

⚪︎みずはら

です。

4:羅菜:2014/10/18(土) 17:50 ID:8Ow

ザワザワしていたクラスが一変。

一気に視線がこちらに向いた。

吐きそうなくらいの緊張感が走って、泣きそうになるが
その間も、先生は話を進める。

仕方なく、ガチガチに震える足を動かして、先生の横に並ぶ。

「え〜…今月この村に引っ越してきた羽鳥 明日花さんです」

先生を見ていた人達が一気にこちらに目を向ける。


やばい、楽勝に吐けるわ。


なんて思えている間は大丈夫なのか。


足や手は今もガチガチだが、これ以上黙秘する手もなく…

「はっ…羽鳥 明日花でひゅ…」

5:羅菜:2014/10/18(土) 17:54 ID:8Ow

【訂正】
今気づいたところですが…
>>2

×緊張なんてしていないのだが

⚪︎気分なんて悪く無いのだが

に変更で!

開始早々誤字ばかりで、すいません…

6:羅菜:2014/10/18(土) 18:04 ID:8Ow

やらかしたぁぁぁ…

いや!そんな気してたけど!?
水原先生と話して噛んだときから、フラグ立ってたけど!?

「あすかっ!」

沈黙していた教室で、1人が叫んだ
下げていた顔をあげると、ショートカットの女の子が1人、立ち上がりこちらを指差していた。

「え…?」
「明日香って名前!この村と同じ名前!」
「あ…うん」
「すっごっい!運命だねっ!」

キラキラした大きな瞳で言われると、笑えないのだが、運命とはこんなメルヘンチックな中学生がいたとは…

「はい、じゃあその辺で〜…羽鳥は、さっき叫んでてたやつの後ろの空いてる席に座って」
「あっ…はいっ」
窓側の1番後ろの席に、小走りで行くとさっきの女の子に満面の笑みを向けられた。

7:羅菜:2014/10/18(土) 18:16 ID:8Ow

「私、野宮 日向-のみや ひなた-よろしくね!明日花!」

早々呼び捨て…と思いながら、「うん」と返事をする。

「あ!日向でいいからね!…そーだ!この3班のメンバーは私と、私の隣の泉 秋-いずみ あき-と明日花の隣の、塚本 翔瑠-つかもと かける-と明日花の4人だからね!
ちなみに、私と秋と翔瑠は幼馴染なんだよ!」

………。

私が2文字発した瞬間、まさかのマシンガントークが炸裂した。

8:羅菜:2014/10/18(土) 18:39 ID:8Ow

【登場人物】
羽鳥 明日花

容姿-黒髪を耳したでツインテール、髪の長さは腰まである。
どちらかというと、色白で身長は156cm

性格-人前に出るのが苦手だが、人見知りはしない
頭は中の上くらいで、運動神経は悪い。


塚本 翔瑠

容姿-黒髪 身長は165cm

性格-基本無口。うるさいのが嫌いで、目立たずに生きていたいが、女子にモテる。
頭脳明晰で容姿端麗おまけに運動神経まで良い、完璧男子。


野宮 日向

容姿-焦げ茶色のショートカットに、蛍光色のピンを何本かつけている。
身長は154cm

性格-元気とにかく元気。周りに敵がいないタイプで、誰とも仲が良い。
頭は悪いが、運動神経がズバ抜けて良く、色々な部活にスカウトされるが面倒臭いからと、無所属。
試合に助っ人としては出ることがある。


泉 秋

容姿-栗色の癖毛 身長は162cm

性格-お調子者だが、気遣いが出来る。
頭は良く、運動神経もさほど悪くは無く、並程度。





一応、主な4人だけ。
2年前の物と、若干名前の漢字を変えていますが、読み方は変えていません。

9:羅菜:2014/10/18(土) 19:41 ID:8Ow

「何勝手に紹介してんのっ…まぁ、いいけどっ、よろしく明日花ちゃん、俺のことは秋でいいよ」
「あっ、よろしくお願いしますっ」
「そんな、敬語じゃなくていいよ〜」

にこにことしながら、話す秋君。

「ほらぁ〜、翔瑠も自己紹介しなよ〜」
にこにこ…と言うよりは、にやにやとしながら話す日向。

チラッと隣をみると、小説を読んでる塚本君が居た
その目は小説から一切動かず…。

あれ?嫌われてんのかな?

一気に2人も友達が出来たので、気が上がっていたから、ちょっとショック。

「えっと…よっ、よろしく…」

控え目に言ってみたが、反応無し
やはり嫌われているのか…

「ちょっと、翔瑠?」
日向がそう言い終わるか言い終わらないかのうちに、先生が
「コラ、3班静かに」
と言ってきた。

前を向いてスクールバッグから本を取り出す私と日向と、机に伏せてた本を読む秋君。

なぜ嫌われているのだろうか…、なんて考えながら本を開くと、机に何か飛んできた。

10:羅菜:2014/10/18(土) 19:52 ID:8Ow

カサッ…

ん?と思いながら見ると、四つ折りになったメモ用紙
開くと…「よろしく」っと綺麗な文字で書いてあった。

隣を見ると、小説を読んでる塚本君と…机の上のメモとシャーペン。

良かったと思って、前を見ると日向がにやにやしながらこっちを見てる。

「めっずらしぃ〜、翔瑠が人気遣うなん…っぃだぁ」

日向の発言と共に、音速でシャーペンが日向の頭に直撃した。

隣を見ると、日向を睨み付けてる塚本君。

「ごっ…ごめん翔瑠…」

頭をおさえながら、塚本君の机にシャーペンを置いて真面目に本を読み出す日向
私も少し驚きながら、本を持ち直した。

11:羅菜:2014/10/20(月) 18:26 ID:8Ow

1時間目が過ぎ、10分間の休み時間に入った。
1時間目は数学だったけど、幸い前の中学校で習った範囲だったから、セーフ。

緊張からか、喉が渇いたので水筒を取り出すと…

「羽鳥さん!」

前から声が聞こえた、パッと顔を上げると…

クラスの女の子だろうか…6人くらいいる…

「羽鳥さんって、どこから来たの?」
「え…あっ…東京」

質問とかしに来たんだろうな、よく漫画とかであるやつだ…

「やっぱり?渋谷とか、行ったことあるの!?」
「あ、うん 一応」
「いいなぁ〜、私も行きたいっ!」

ヤバイ、お茶飲むタイミング…
なんて考えてる間も、質問が続く。

やっと、東京の話題から離れたとき、2時間目始まりのチャイムがなった。

12:羅菜:2014/10/20(月) 18:50 ID:8Ow

なんやかんやで、4時間目終了。

昼休みかぁ…なんて思いながらスクールバッグからお弁当箱を取り出す。
「明日花ぁ!一緒に食べよ!」
日向が満面の笑みで言ってきた。
「ぇ…うんっ、ありがとっ!」
ぼっちだと思ってたから、気が軽くなった。

「ねぇねぇ、翔瑠〜、どこで食べる?」
「ここでいいだろ、動くのダルい。」
日向は半ば呆れ顔で
「翔瑠はダメだ…、秋?どこにする?」
「んー、裏庭とか?」
「それだ!さっすが、秋!」

日向は振り返ると
「行こっ!明日花!」
と、これまた満面の笑みで言ってきた。

13:羅菜:2014/10/22(水) 22:50 ID:8Ow

ザァァァァァ…

「雨だね…」
「雨だな。」

6月の下旬。
梅雨時だから仕方が無いけど、少し残念。

「しょーがない、教室で食べるかぁ〜」

秋が言うと、みんなは窓から離れ席についた。

「雨とか、モチベ下がるぅぅぅ」
机に顎を乗せて、もぐもぐコンビニで買ったであろうメロンパンを頬張る日向。

「汚い、やめろ」
ゴミを見るような目で、言う塚本君
意外と潔癖症なようだ。

にしても、喋る話題がない。

秋君は黙々とお弁当を食べてるし…。

「そういえば…」

ずっと、ご飯を食べていた秋君が、箸を起き口を開いた……

14:羅菜:2014/10/25(土) 07:09 ID:8Ow

【訂正】
×橋を起き

⚪︎橋を置き

です

15:羅菜:2014/10/25(土) 07:20 ID:8Ow

「日向が、俺と翔瑠以外をお昼に誘うなんて、珍しいね。
日向は仲良い子が多いけど、お昼とかは大体俺と翔瑠とじゃない?」

もぐもぐとメロンパンを頬張りながら、日向は答える。

「ん〜〜〜……何と無く…?」
「あはは…言うと思ったよ」

失笑し、箸をとる秋君。



沈黙



また、沈黙が訪れてしまった。

(やっぱりここは、話題をつくった方がいいのか…)

「あっ、あのっ…、みんなは何の部活入ってる?」

「え?…あぁ〜、私入ってないよ〜」
日向が答える。

「俺も」

「同じく」

続いて、翔瑠・秋も答える。


そして、また沈黙。

16:羅菜:2014/11/23(日) 08:01 ID:8Ow

「日向なんか喋れ」
唐突の塚本君の命令に、きょとんとするみんな。
「えー、翔瑠が喋ればいいじゃん!」
文句を言う日向に、溜息を一つして
「明日花が気ぃつかってるから、日向なんか喋れよ」
言葉を足して言う塚本君

ダンッ

机に手をつき、目を丸くして秋君が立ち上がった。

17:羅菜:2014/11/23(日) 08:04 ID:8Ow

【訂正】
>>15
×続いて、翔瑠・秋も答える。

⚪︎続いて、塚本君・秋君も答える。

18:MIYABI:2014/11/23(日) 08:26 ID:/Y2

面白い!
頑張って下さい!!
私の住んでる隣の村も「明日香」です(笑)「飛鳥」って書くこともあるんですけどね。


書き込む 最新10 サイトマップ