先生との恋

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:林檎:2014/10/26(日) 19:28 ID:Alc

 〜主人公〜
★林檎

★中学三年生

★いわゆるツンデレ天然キャラ

★国語の先生に恋を抱き中


☆友祐

☆25歳

☆草食系 素の性格は内緒

☆国語担当

2:林檎:2014/10/26(日) 19:37 ID:Alc

 †出会い†
・・林檎・・

「おっはよー!」
いつものようにテンションやや高めで友達と学校へ向かう。
『相変わらずテンション高いね林檎(苦笑)』
そしてこの苦笑しているのが私の小さいころの幼馴染でもあり
大親友でもあるさやか。
「いつもじゃんww」
『はいはいww』
いつも通りに教室に入る。
黒板には張り紙が…
〜掃除担当区域〜
(げっ・・掃除場所変わるんだった…めんどくしゃ〜い・・)
『林檎!!!今めんどくさいって思ったでしょw』
「当たり前だよ…」
『でも同じ場所だよww』
「本当⁉よし頑張ろ!!!!!!!」
『(この気分屋が…wwww)』
「…担当の先生近藤って書いてあるけど…誰?」
『聞いたことないね…早く顔みたいねww』
「うん!」

この出会いが私の未来を変えたのだ

3:林檎:2014/10/26(日) 19:41 ID:Alc

・・近藤・・
俺は近藤友祐。
よくある名前だよなwwwww
今日は掃除場所が変わる日で生徒が変わる。
内心楽しみwwwww
《近藤先生は…外庭担当ですね》
『はい』
でも、めんどくせーなww
ん・・?林檎って・・・・めっちゃうまそうやんwwww
楽しみだわ。

4:林檎:2014/10/26(日) 19:47 ID:Alc

 〜掃除〜
・・林檎・・
「やっと掃除だ!楽しみに待つと長いもんだねぇ〜!」
『いや・・あんたは年よりかwwww』
やっと楽しみに待っていた掃除だ。
早く先生がみたい!!!
どんな人なんだろう・・・・

あ、あれかな・・・?
『り・・りん…林檎!!!!!!!!!』
「うわっ⁉なに⁉」
『あんたが返事しないからでしょ!で、あれだよね?背・・小っちゃい』
「だね・・wwwいいひとそうだよ!」
見た目は
背が私より少し大きく、目が大きくて、優しそうな人だった。

『初めまして。近藤といいます。よろしくお願います』
え…めっちゃタイプの声っ!!
「お、おおお願いします!!!!!」
『ちょっ・・林檎テンパりすぎwwwwww爆』
「うるさいっ!!!」

5:林檎:2014/10/26(日) 19:49 ID:Alc

・・近藤・・
「お、おおお願します!!!!」
「ちょっ・・林檎テンパりすぎwwwwwww爆」

ふーん…あれが林檎か・・
普通だなwwwww

6:林檎:2014/10/26(日) 19:53 ID:Alc

一週間後・・
・・林檎・・
「先生、袋持ちますよ」
『おぉ、ありがと』

なぜか…興味をもってしまった…
別に好きなんかじゃないよ⁉
でも・・からだが勝手に動く…
あほ!!!!!!

『林檎ぉ〜…近藤先生に惚れちゃった?wwwww』
「ば、ばかッ!!!そんなわわけ!!!!」
『ふふwwwwww』
「な、なんだおぬし・・・・やるかッ!?!?!?!?!?」
『受けてたとうww』
そして何気ない日終わりww

7:林檎:2014/10/26(日) 19:55 ID:Alc

・・近藤・・
一週間経つのはやw
生徒にも大分なれたしな。

『先生、袋持ちますよ』
ん?誰だ?あ、林檎か
「おぉありがとな」
こいつ優しいやんwwww

このころからだと思う
俺があいつを自然と目で追っていたのは。

ふっ…なんだよあいつらwwおもれぇ・・

8:林檎:2014/10/26(日) 20:00 ID:Alc

・・林檎・・
どうしよう…すっごい好きになっちゃったよ…
で、でも教師だよ⁉ないないっ!!!
って信じたいよぉ…
でも、明日から夏休み…会えなくなっちゃう・・・・
よし…
「近藤先生!!!!!!!!」
『ッ!…いきなり大きな声を出すな。隣にいるだろ』
そう、今隣にいたんだった・・・・
「あの…好き」
『…』
あれ・・なんかまずい・・・・?に、逃げよう!!!!
『え⁉林檎!!!おいっ!!』
 
逃げちゃったよ・・・・
「はぁあ・・・・・・・・」
もういっか…
自分でもあきらめが早いと思う

9:林檎:2014/10/26(日) 20:01 ID:Alc

・・近藤・・
なんだこいつ・・隣にいるんだから大声だすなよ…
しかも・・なんで告られた?俺なんかしたか…?

しかも…あいついねーーし!!!!!意味わかんねーよ!!!!


書き込む 最新10 サイトマップ