楽園学園!フリーパス☆

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:炭酸あめ:2014/11/06(木) 18:33 ID:CS2

いじめテーマの小説です
死刑囚の方と交互に更新して行くつもりです^_^

2:炭酸あめ:2014/11/06(木) 22:59 ID:CS2

キャラクターファイル

葛美 甘楽 Kuzumi Kanra♀
成績優秀だが、スポーツが出来ない中1女子。
物心付いた時からいじめが始まっていた。

美都 夏恋 Mito Karen ♀
いじめの主犯の女子で、甘楽のクラスメート。
成績はあまり、良くない。

神無月 俊 Kannazuki Suguru♂
サッカー部に所属する、甘楽のクラスメート。
成績は良いが、いつも甘楽には勝てない(甘楽はライバル意識無し)
最初は一緒にいじめをしていたが、徐々に甘楽に惹かれていった。

時谷 零央 Tokitani Reo♂
俊と同じサッカー部所属のクラスメート。
いじめをよく思っていない為、こっそり悪口を録音している、甘楽の密かな味方。

3:炭酸あめ:2014/11/06(木) 23:12 ID:CS2

 ふふっ、私を見て避けていく。
 まるで私が通る度に道を開けて優先されているみたいで、実に気持ちがいい。
 いじめは学園生活を快適に過ごす、フリーパスみたいなものだ。

「小テスト、最高得点は葛見、次に神無月だ。今回は特に平均点が低いぞ」
 授業中だというのに、先生の話を聴く者は殆ど居なかった。
 ペンだこが出来るまでノートをとり、ワークを解き、話を聞く毎日。
 窓の風景はいつものビル、青い看板、住宅街。

 学園生活は、不満も満足も無かった。

4:炭酸あめ:2014/11/08(土) 22:56 ID:CS2

 3時間目が終わり、食堂で先に食券を買ったり、購買で先にパンやおにぎりを買う人が多い。
 教室は疎らで、私と、美都夏恋と、その取り巻きくらいしかいなかった。
 机の上に乗って、スマートフォンをスクロールしながら言って来た。

「葛見ってさ、いつも無表情で早足で歩いているけど、なんか気に食わないのよね」
 軽く私を睨みつける美都夏恋。
 私はそれに動じない。
 彼女はつまらない反応にがっかりしたのか、舌打ちした。

「何あいつ、きっも、優等生のつもり?」
「……」
「反応しろよ、ボケ」
「…………」
「あぁ、もう、何なのよッ!」
「………………」

「頭にきた!死ね!消えろッ!今すぐ教室から出て行け!!」

「…………………………」

 物凄い剣幕で吐き捨てるように訴える夏恋。


 おバカな彼女たちはまだ気づかない。

 私が耳栓をしていることに――……

5:匿名希望:2014/11/08(土) 23:23 ID:ppY

>>4
耳栓をしてるのにどうして話してる内容が分かるんですかね……。

6:羊羮◆R.:2014/11/08(土) 23:42 ID:hRQ

相手の表情や動きくらいはわかるんじゃないですかね?


書き込む 最新10 サイトマップ