先生には気に入られてません でも・・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ちはやふる:2014/11/10(月) 18:07 ID:tdc

えっと、最後まで書けるかわかんないけど、書きます。

2:ちはやふる:2014/11/10(月) 18:23 ID:tdc

 安藤輝亜は、入学式に間に合うギリギリのバスを待つ。2分待ったバスは目の前でプッシュっと止まり、私は中からぞろぞろ出てくる人を押しのけ、やっとのことでバスに乗る。ああ、席、空いてないなあ。がくり方を落とすと,奥の手すりにつかまった。すると、近くの方で声がした。 「おい、ここ空いてるぞお」 見れば、男の人がツンツン席を指さした。・・なるほど空いている。荷物でもおいてたのか。 「失礼します。」 ちっともありがたそうじゃねえな、そういった顔でどうぞと譲ってくれた。・・・・・・・・・それが、私達の出会いだね。

3:匿名希望:2014/11/10(月) 19:13 ID:BmI

>>2
行を変えた方がいいよ。
例えば、
「安藤輝亜は入学式に間に合うギリギリのバスを待つ」
のところで行を変える。そっちの方が読みやすいし
あと、主人公の紹介などした方がいいよ。
輝亜って読めない。

4:ちはやふる:2014/11/11(火) 16:36 ID:tdc

どうもコメントありがとうございます。改行の仕方がわかんないんですよ。で、主人公紹介もしますね

5:ちはやふる:2014/11/11(火) 16:41 ID:tdc

自己紹介
安藤輝亜 アンドウキア
青柳誠一 アオヤナギセイイチ
・・・・以下続

6:ちはやふる:2014/11/11(火) 16:45 ID:tdc

輝亜が、ガラッと音を出して戸を開けると、おい、やっとかよというため息が聞こえる。
そして皆ぞろぞろ、体育館へと向かった。

7:ちはやふる:2014/11/11(火) 18:41 ID:tdc

えっと、読んでくれている人に伝えます。春雨として、お馬鹿な秀才というものを書いています。なんで、こっちは諦めます・・無責任ですみません。ぜひ、新しいのも読んでください。


書き込む 最新10 サイトマップ