アント・ワーム〜妖魔のウイルス〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:康:2014/11/17(月) 18:28 ID:Pl6

みなさんこんにちは!

康です。

前回「愛されウサギ」というものを書かせていただいていましたが(宣伝)、

今回!初ファンタジーです!(*´▽`*)

なんか書いていて思うんですけど、毎回書く小説の文章がおかしいと。(絵本風や言葉だけなど)

そこに至るわけですね。

そこで!今回もおかしな感じで行こうと思います!( ・´ー・`)

あと、

みなさんどんどんコメントください!短くてもいいですよー(o^―^o)

おかしな点があってもそっとしといてください…(;゚Д゚)

途中から言葉だけになるかもしれないです…(◎_◎;)


前回書いた「愛されウサギ」や、二次創作の「ジョジョの小説っす」なども

見てくださいね!




ではでは、ここまで長かったけど始めたいと思います!

2:康:2014/11/17(月) 18:41 ID:Pl6

ズル…ズル…

誰かが誰かを引きずって森の中に引き入れた。

血の匂い…薬品の匂いと混ざってむせ返るようだった。

月明かりに照らされた木々のシルエットが不気味だった…

そこに青い髪の女性が傷だらけで横たわっていた。

「どう…して…?…一緒に倒すと約束したのに…」

息苦しそうだった。

そしてその胸には怪しく光る魔法陣があった。

「ごめんね、勇音…私は牙王様に仕えた身…逆らうことはできないの…」

その目はなぜか涙でぬれていた。

そして手には魔法杖が握られていた。

「ごめんね…ごめん…」

そしてその杖の鋭利な所で一突き――

3:康:2014/11/18(火) 18:31 ID:Pl6

ピピピピピ…


とある民家から目覚まし時計の音がしている。





時計の音…今何時?

午前二時か…………二時!?朝の!?


…起きてすぐに飯を口に書き込み、素早く[仕事用のスーツ]に

着替える。少しぴったりしているけど、意外と動きやすい。

「和太!早くしろ![仕事]に遅れる!!」

「は、はーい!」

さっき名前が出たけど俺の名は 日春 和太郎〈ひばり かずたろう〉。

まだ高1だけどある(能力)が認められてこの仕事に

入った。

まあ給料もいいから入ったんだけどね❤

4:康:2014/11/18(火) 19:30 ID:Pl6

訂正です(´;ω;`)

「書き込み」じゃなく「かきこみ」ですwwww

かきこみってあれですよ?あのバーッって口にかきいれるほうですよ?

はい。では、話の続きをどうぞ→

5:もちた◆:2014/11/19(水) 16:38 ID:vY.

どうも☆⌒(*^-゜)v

もちーたですw自分の小説に書き込みありがとうございます!!

めっちゃ面白いですね!!文才が有り余ってる感じ〜

これからも頑張ってください!!

6:康:2014/11/19(水) 23:39 ID:Pl6

>>>もちた さん!(*´▽`*)

有り余るなんて…((ノェ`*)っ))タシタシ

ありがとうございます!

永遠に終わることはないと思いますが

よろしくお願いします!!

7:康:2014/11/24(月) 17:48 ID:Pl6

今俺を呼んだのは

日張 要〈ひばり かなめ〉。

姉弟のような名前の感じだけど赤の他人だ。この女の人は

男勝りだけど綺麗なんだよ。しかも巨乳!

でも毎回【勝負】に負けっからすんげー悔しい。

っとまあ人物紹介はいいとして、

これからこの仕事の説明をしよう。


俺の仕事は…妖魔〈アント〉倒し…

アントってのも俺がつけた。

意外に俺は仕事に貢献してるんだ。

すげーだろ?

大体の内容は…

8:康:2014/12/04(木) 21:40 ID:Pl6

@ランクごとに原則二人一組

A最下級生は一仕事アントを二体倒すのがノルマ

B上下関係は関係無く仲間意識が高い

CAはランクが高くなるほどアントが多い

D武器は銃、剣、刀や槍なんてのもある。いろいろと自由なんだ。

E会長の顔は知らない
(俺でも顔は知らねえ)

とまあ、こんなもんだな。

アントってのも多種多様にいる。

豚みたいに丸々太って腐ってたり、烏賊に猫に犬に
ウミネコ、カモメ、カモ、糞ヤンキー、小太りのババアとかも…

あ、この前は閻魔大王みたいなのもいたんだ。

でも、オネエみたいな口調でキモかった。

…ちなみにアントってのは 妖魔のウイルス〔アント・ワーム〕が
生き物の中に入った事で正式なアントになるんだ。アント自体はいないから
気をつけろ。

そうだな…これもF、Gとしてメモに付け加えよう。

Fアントは喋る

Gアントは生き物に 妖魔のウイルス〔アント・ワーム〕が入ることで
出る。

て事でその妖魔のウイルス〔アント・ワーム〕を除去する為に戦うのが
俺らだ。

「和太、先に家を出るぞ」

「はーい」


書き込む 最新10 サイトマップ