オタクでごめんなさい!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ちょこ:2014/11/22(土) 23:05 ID:b2k

ども。八木 要です。

あたしの生態は…まぁ、

IVA様を愛する、いわゆる…

オタクですかね。


*******

はい!作者のちょこです!
えっと、小6だけどオタクの人生オワタ\(^o^)/
みたいな子が主人公です((ドンナダヨ

あ、IVA(イヴァ)様っていうのは、
要が愛してる(←)キャラクターの事です()
駄作だと思いますが、気軽にコメとか
してくださるとうれしいでつ((

それでは、スタート!!

2:ちょこ:2014/11/22(土) 23:23 ID:b2k

「っわあああああああ!寝坊したああああ!」

朝。今日からなんと新学期。…なのに

「さいあくだああああああ!!」

今の時刻はそう、なんと7時15分。
大寝坊っていっても、おかしくないよね←

「うわわわわ、最悪だ新学期から…」

まあ、昨日夜遅くまでゲームしてたからなんだけど。

急いで2階にある自分の部屋のドアを蹴り飛ばし、
超特急で階段をかけ降りる。

「ママーーーっ!!起こしてよ!!」

「だって、自分で起きるかと思ったわよ〜」

なんて会話をかわしながら、自分の席につき、
トーストをかじる。むむっ。こげてるし…

急いで食べ、牛乳を飲み干し、

「ごちそうさまっ」

歯磨きをし、顔を洗い、髪を適当に2つにしばる。
え?均等にしないのかって?んなの、
めんどくさくて、してられないし。
その時間をゲームに使った方が、すんごいお得だと思わない?

ま、そんなふうに思えることじたい、
オタクなんですけどね。

ランドセルをつかみ、玄関に走る。

「あ、もう行くの?いってらっしゃーい!」

「いってきまーす」

いつもの、朝のこうけい。

だけど、今日は心配なことが1つあって……

3:ちょこ:2014/11/22(土) 23:31 ID:b2k

そう…友達ができるか!!←

それってかなり重要なことだよ。

前のクラスでは、適当にみんなに合わせてたけど…

もう小6だし、本当に気が合う友達みたいなのが
ほしいんだよねーてかまず話が合うかが問題!

私と趣味が一緒の子がいるかどうか…

そんなことを考えていると、あっという間に
学校についた。

さぁ、こっからが運命の……

あたしは、少し楽しみな気持ちと、少し不安な気持ちを
もって、クラス表のところへ走っていった。


*********

寝落ちです(υωυ)スヤァ…
ここまで読んでくれた人いるかな((


書き込む 最新10 サイトマップ