どうやら私の彼氏と親友が浮気していたようです。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:13 ID:WOs

はい、来たよ来たよ

僕の小説、完結してないの3つあるんだよね、

でも書きたいから書くよ!

これはかなり構想練りましたんで

完結目指して頑張ります!

(長編の予定)

>>2】御願い

>>3】主な登場人物

2:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:15 ID:WOs

御願い

アドバイス、感想は是非欲しいです。

誹謗中傷は止めて下さい。

放置の可能性有りですが、できる限り

完結させます。

宜しく御願い致します

3:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:21 ID:WOs

主な登場人物

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
村田 さゆり (高2)

いわゆるクールビューティー(見た目)

涙はあまり見せない

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
川野 茉結 (高2)

ギャルって感じ

ワガママ

以外と可愛いからモテる

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
沢野 結大 (高2)

さゆりの彼氏

イケメン

誰からも好かれる性格

4:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:23 ID:WOs






*プロローグ*
                                                                                     

5:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:25 ID:WOs



ねぇ、なんで?


帰る時に公園を通らなければ良かった…


走って、走って、宛もないのに走り続ける足。



_____なんで茉結と結大がキスしてるの…

6:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:29 ID:WOs



______

「ほらっさゆり、結大くん来てるわよ」


「うわっ待って!?ッ」


時計を見れば、7:40と表示されている。


もう出ないと遅刻決定。


「じゃ、お母さん。行ってきます!」

「行ってらっしゃい」


私と結大はいそいそと玄関を出た。

7:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:32 ID:WOs

「ごめんね、遅くなっちゃって」


「ん、全然大丈夫」


そう言って笑うのは、1年の頃から付き合っている

沢野結大。


私から告白して、現在ラブラブ中です。




「あっ!結大くん達おはよう!」

8:暗黒の騎士:2014/12/02(火) 21:36 ID:WOs

ある女の子が私達の間に入ってきた。


「おはよう茉結ちゃん、今日も元気だね」


「えへへ、そう?」


自然に私は後ろに流され、前で2人が楽しく喋っているのがよく見える。


「そうだ、今日クレープ食べに行こうよ!」


茉結がそう言う。

川野茉結。

私の友人でもあり親友でもある子。


「いいよ!行こ」



私はそういい、結大も了解し、3人で行く事に。

9:水沢侑璃◆N7s:2014/12/04(木) 21:35 ID:WOs

「うわぁ何にしよう!」


クレープ屋に来てすぐに目を輝かせる茉結。


「アハハ、茉結ちゃん興奮しすぎ」


「何にしようか迷うもんね」


3人共それぞれ買い、食べ歩きをする。


やっぱり2人と1人。


「私も結大の隣歩きたいよー」


と言ってみるけど、


「いつも歩いてるからいいだろ?しかも広がったら邪魔だし。」


なんて悲しい答えしか返ってこないんだ。


「…なんで?」

10:水沢侑璃◆N7s:2014/12/04(木) 21:40 ID:WOs

小さな声で反論してみるけど、2人はお喋りしていて。


クレープを交換して食べていて。

この2人こそが本当の恋人同士に見えて。



__なんか、涙出てきちゃった。


「今日用事入ってたから帰るね。」


私はその場から離れた。


結大が送るよ、と言ってくれたけど、断って帰る。

11:水沢侑璃◆N7s:2014/12/05(金) 00:21 ID:WOs

【ホッと一息つきます←ぉぃ】

皆さんは、どうやってネタを作ります
か?

スレ主は、授業中は全て妄想に費やし
ています。

紙に纏めています。

それ用のノートもありますw

皆さんも是非、意見感想と共に教えてくれると幸いです。

12:小倉:2014/12/05(金) 10:09 ID:A.c

こんにちは! 小倉です
 
 文が見やすくて、上手ですね! (私なんかもう本当にダメダメで…)
それに、さゆりちゃんの気持ちがよく表現されてるし… とても分かりやすいです。

 
 ネタの作り方ですか? ええと…………私は、とにかく紙に書きまくって、そこから「これいいかも!」ってやつをつかったりとか、頭の中で事前にお話を作っておくとかですね。 あと、寝る前には必ずと言っていいほど妄想をします。 ふとんの中って暖かいし、静かなので、集中できます。

 それでは、今後も楽しみにしています!

13:空飛ぶリス。&◆B.:2014/12/05(金) 14:02 ID:tTI

うわぁああああああああああ!
すごい面白いです!
続きが気になります(`・ω・´)

これからも頑張ってください!

14:侑璃◆amE:2014/12/05(金) 19:54 ID:WOs

>>12】*小倉様*

感想有難う御座います!

嬉しいです♪

僕もよく寝る前妄想します(´∀`)

これからもこの作品をよろしくお願いします

>>13】*空飛ぶリス。様*

有難う御座います!

そう言って戴けると嬉しいです(*´`*)

これからもこの作品を宜しくお願いします!

15:侑璃◆sgw:2014/12/05(金) 20:39 ID:WOs



「じゃあねぇさゆり♪また明日ぁ」


茉結は私にそう言うと、結大の腕に自分の腕を絡めて、

「結大くん♪あの店入りたいなぁ」


と言う。


___結大、断ってよ………



「うん、いいね!」



結大と茉結は仲良く人混みの中へと消えていった。


__どうしてこうなるの…


「…はぁ」


溜め息を盛大についた私は、家へと足を進めた。

16:侑璃◆sgw:2014/12/05(金) 20:44 ID:WOs





それは、公園の前を通った時だった。


「ぅわ」


ある男女が公園の隅でキスをしていた。


…わ、凄い。ラブラブだな


そう言えば、最近結大してくれないなぁ、なんて考えながら、顔をよく見てみる。






「…え…結大と茉結!?…」


信じられなかった。


いや、信じてたのに。


結大と茉結が浮気をしているなんて…。

17:侑璃◆sgw:2014/12/05(金) 20:47 ID:WOs



その後はあまり覚えていない。


ショックすぎて、泣きながら走って帰ってきたような気がするだけ。


明日、目腫れるかな?なんて、呑気に考えてらんないよ。


ポロッ



__やっぱ、私には泣くことしかできないのかな__

18:侑璃◆sgw:2014/12/05(金) 20:50 ID:WOs






*第1章.お砂糖みたいに甘い恋。*
 
 
 
 
 

19:侑璃◆sgw:2014/12/05(金) 20:57 ID:WOs




「こらっさゆり!起きな」


「ん…?」


…もう朝……?


目を擦って、重たい瞼を開ける。


目の前にはお姉ちゃん。


お姉ちゃんは私の顔を見て、

「ギャッ!あんた、目ヤバイよ」


と少し引き気味で言ってきた。

「え…。」


昨日、泣きながら寝ちゃったらしい。


枕には涙の跡があった。








……ああ、夢じゃないんだね。

20:リンカン:2014/12/05(金) 22:12 ID:GOg

みたことある名前と思ったら…
ゆゆじゃんかぁぁぁあ!小説やってたんか!っつか面白い♪続き書いてね☆

21:侑璃:2014/12/05(金) 23:08 ID:WOs

>>20】*リンカン様*

そうですー

あのゆゆです♪

有難う御座います

これからも宜しくお願いします(´∀`)ノ

22:リンカン:2014/12/05(金) 23:50 ID:GOg

ゆゆに様って言われるの慣れないなぁーwww

23:リンカン:2014/12/05(金) 23:50 ID:GOg

敬語ww

24:りぜ:2014/12/06(土) 07:04 ID:lIs

ごめんなさい!!
何も考えずに小説の題名作ったらなんか若干被ってまっした!!
本当にごめんなさい!!
被らせるつもりとかなかったんです
ごめんなさい!

あと、小説読ませてもらいましたがすごく上手ですね(´・ω・`*
文才分けて欲しいくらいです!!
続きすごく楽しみにしてます(´,,•ω•,,`)
頑張ってください播(≧▽≦*)

25:にっきー:2014/12/06(土) 10:25 ID:b/M

小説全部読ませて貰いました。
ケータイ小説みたいで読みやすかったです。


浮気ってよくありますよね。
なんかさゆりちゃんが可哀想でした。
しかも浮気の相手が自分の親友だったなんて
もっと悲しいですよね。


これから一体どうなっていくのか楽しみです
がんばってください

26:侑璃◆EweV2IU:2014/12/06(土) 13:32 ID:WOs

>>25】*にっきー様*

ご感想有難う御座います(´∀`)

浮気物は結構ベタですね、w

それでも宜しければ今後もこの小説を

よろしくお願い致します♪

27:侑璃◆EweV2IU:2014/12/06(土) 13:40 ID:WOs

[>>24】*りぜ様*

あ、気にしないんで大丈夫ですよ^^

ありがとうございます

これからもこの小説を温かく見守って

戴けると光栄です。

28:りぜ:2014/12/06(土) 18:53 ID:lIs

ありがとうございますううううう!!
主さんが心の広い方でよかったです(´・ω・`;)

これからも小説楽しみにしてます(´,,•ω•,,`)

29:侑璃◆EweV2IU:2014/12/06(土) 20:43 ID:WOs

>>28】*りぜ様*

気にしないで下さいね(*'∀'*)

共に頑張りましょう

有難う御座います。

30:侑璃◆EweV2IU:2014/12/06(土) 20:49 ID:WOs




「さゆりー?結大くん来たよー」


お母さんが洗面所で鏡を見ていた私を呼ぶ。







あぁ……会いたくないのに。


「まぁ頑張りな?今日金曜日だし」


訳の分からないらしいお姉ちゃんが何故か応援してくれた。



「アハハ、有難う。行ってくるね!」


いまいち進みが悪い足を動かし、廊下を歩く。


「行ってらっしゃい」


私は結大がいるであろう外へ行く為に、ゆっくりと扉を開けた____…

31:侑璃◆EweV2IU:2014/12/06(土) 21:00 ID:WOs




「おはよう」


扉を静かに閉めて、結大の足下を見る。


「おはよう。」


「さゆりおっはぁーん♪♪」


甘い声がして、反射的に顔を上げる。






……………なんで茉結もいるの。





「今日から茉結ちゃんも一緒に行く事になった。」


「宜しくね♪」


私はまた涙が出てきた。


2人を見て涙が出てきたのはこれで2回目。


「ってかさ、お前目どうした?ヤバイぞ」

32:リンカン:2014/12/06(土) 23:41 ID:GOg

気になる♪

33:侑璃◆EweV2IU hoge:2014/12/07(日) 11:42 ID:WOs




「あ、本当だぁー」


茉結は私の目を指差し、キャハハハ、と笑った。





________ひど



「泣いてるこいつ。大丈夫か?」


私が泣いてる事に気付いた結大は、心配してくる。





今更優しくなんか…しないでよ。


どうして優しくするの。


茉結と居ればいいじゃん。


そんな事を思いながら、

「ほっといてよ」

と言い、立ち去ろうとした。

34:侑璃◆EweV2IU :2014/12/07(日) 11:45 ID:WOs




「待てよ!」


結大は私の腕を掴む。




記憶に新しいなぁ。


もうこれ何回目?


「茉結ちゃん、ごめんな?一人で行ってて」


結大は茉結にそういうと、


「こっち」


と私を茉結から離した。














「何よ彼奴…」

35:暗黒の騎士◆EweV2IU :2014/12/12(金) 23:11 ID:WOs





「どうしたんだよ?」


結大が私に問う。



____ッ………


「ううん、何でもないよ。心配掛けてごめん」


心配掛けてらんないよ…



だって…浮気者だもん……

36:暗黒の騎士◆EweV2IU :2014/12/12(金) 23:13 ID:WOs




私は結大にそういい、学校へと足を進めた。





「じゃ、」


結大と私は違うクラスだから、別れて教室へ入る。


「おはよー…」

………しん____。




…え。

37:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/13(土) 23:33 ID:WOs

    



なんで…?




「茉結ちゃんの好きな人盗るとか最低」





何それ。


茉結が…?


そっと茉結を見る。








茉結は不敵に笑っていた。

38:にっきー:2014/12/16(火) 20:57 ID:f8M

おいいいいいい

茉結ちゃんよおお!
酷いい( ; ; )


ごめんなさい
感情的になって笑

続気楽しみにしてます

39:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/16(火) 23:52 ID:WOs

>>38】*にっきー様*

茉結は結大と名前合わせてみたんですよねー笑

これからも宜しくお願い致します♪

40:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/16(火) 23:58 ID:WOs






茉結…………?




私は茉結の所へいこうとしたが、
近くの女子に止められる。


「どっ…どいて!」


その子の名前は…『笹木エリカ』。


お父さんが大企業の社長。


こういうのってよくあるよね、笑


「何?それが私に対する態度なのかしらぁ?」



ドンッ


ドサッ



痛…。
あ、突き飛ばされたんだ。

41:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 00:04 ID:WOs

[茉結side]




私は昔からさゆりが大嫌いだった。



勉強、恋愛、オシャレだって、私より全部上。


そんなの可笑しい。





…さゆりとの出逢いは、中学生の頃だった。



 

42:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 00:10 ID:WOs

   


「久しぶりー」「焼けたねぇ」


中1の、二学期。


楽しい夏休みを終え、クラスの皆とも再会。


実は私、クラスのリーダー的存在。


テストではいつもトップ。


定期テストでは今のところ1位しか獲ってない。


ガラッ


あ、先生。
先生も焼けたんだ笑


「ほらー早く席に着いて。今日は転入生がいるのよ。」


えっ、転入生!?

やった。

43:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 00:18 ID:WOs

  

先生がそう言うと、静かになる教室。


ガララ……


静かな教室に、扉の開く音が響く。


誰かが唾を飲み込む音も聞こえた。



扉の向こう側に姿を現したのは、スタイルがかなり良い綺麗な女の子。


『おぉぉ!!!』


男子の方から歓声が上がる。


……信じらんない。私の方が可愛いじゃない。


スタスタスタ…
女の子は教壇の前に立った。



「村田さゆりです、好きなものは…ショッピング、かな。宜しくお願いします。」


うっとりする位の綺麗な声。


…あまり笑顔では無いけれど。



 

44:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 00:25 ID:WOs




今日は早帰り。


友達と帰ろうとすると、男友達の結大が目の前を通った。


「ぁ、結大!一緒に帰ろう♪」


私と結大の家は近所だから、よく一緒に帰ってた。


「え?あ、良いけど…さゆりちゃんもいるから…」


さゆりちゃん?誰?何か聞いた…



「あ、同じクラスの子だよね」


…やっぱり。


あの子じゃん。


「何で一緒に帰るのぉ?」


私は正直この子が邪魔だと思ったから、結大に聞いてみる。



「あのな、俺の家の隣に来たんだ。」



…え?


隣?


私よりも…








近いの?

45:のん:2014/12/17(水) 00:28 ID:2oE

おもしろいいいいい!
これからも頑張って下さい!!

46:小倉:2014/12/17(水) 10:33 ID:A.c

 うわあぁぁぁぁぁ!!!!!!
まさか茉結があんなやつだったとは… 

 今後が気になるので、これからも読ませていただきます! 

47:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 23:10 ID:WOs

>>45】*のん様*

そういって戴けると嬉しいです♪

ありがとうございます!

>>46】*小倉様*

うわー嬉しいです!

これからも宜しくお願いします!

48:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 23:14 ID:WOs




「名前はなんていうの?」


その子は私の目を真っ直ぐ見て問う。



__うわ、見んなよ汚らわしい。


なんて事を思いながら、私は自分の名前を教える。


あまり教えたくないけど__…






…結大がいるから。


別に、好きって訳じゃない。


嫌われたくないだけ。


結大はのほほんと下駄箱で靴を履いていた。


「結大ッ!!」


私と結大とさゆりさんは正門を潜った。

49:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/17(水) 23:21 ID:WOs





勿論、私と結大はさゆりさんの前を歩く。


「……」


彼女はずっと黙ったままだった。


可哀想かな?と思い、私は声を掛ける。


「さゆりちゃん」


彼女は、話し掛けられた事が嬉しかったらしく、可愛い笑顔を此方に向けた。


「茉結って呼んで」


私は彼女にそう言った。


彼女は、もっと笑顔になり


「私はさゆり!宜しくね♪」


と言ってきた。



…まぁまぁかな。









…私達は友達になった。

50:くろぶた:2014/12/18(木) 22:31 ID:tiM

中2………お前何でもしてるなw

51:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/19(金) 23:16 ID:WOs

>>50】*くろぶた*

嗚呼そうでございますぅ

52:暗黒の騎士◆4hAodGA :2014/12/21(日) 10:06 ID:WOs






それから、私達は仲良くなった。


別に、相変わらず私はさゆりの事が嫌いだけど。





さゆりと仲良くしてれば私も有名になれると思ったんだ。





その予想はやっぱり的中した。


さゆりはクール美少女で有名となり、隣の私は可愛い妹系女子で有名になった。


でも、私は納得いかないの。






さゆりが堕ちるまで、永遠に……

53:暗黒の騎士(闇魔法使えたりする。)◆6yso9E.JvE :2014/12/24(水) 07:42 ID:WOs





*茉結side.end*



 

54:暗黒の騎士(闇魔法使えたりする。)◆6yso9E.JvE :2014/12/24(水) 07:49 ID:WOs





茉結はさゆりを冷たい目で見る。


「私が何をしたっていうの…?」


私が皆にそう聞くと、鼻で笑うエリカちゃん。


「だーかーらー、あんたは茉結の好きな人だった結大くんを盗ったんだよ」





……え?


私が?


茉結の好きだった?


結大を?





…盗った?

55:暗黒の騎士(闇魔法使えたりする。)◆6yso9E.JvE :2014/12/24(水) 07:59 ID:WOs





「盗ってなんかないっ」


痛む足をさすり立ち上がる。


「だよね、茉結?」


だって茉結は、私の恋を応援してくれたじゃん。




「…盗った。」



茉結がそう呟くと、女子が寄ってきた。




「いい加減にしろよ?」


ドンッッ



ガッシャアアァァン


女子の事を面白そうに眺める男子が集まっている机にぶつかり、机は大きな音を立て倒れる。


「うぉぉおわっ!?」


「女子怖い(涙目)」


「いったぁ………」






バッシャアアアアアァン

56:暗黒の騎士(闇魔法使えたりする。)◆6yso9E.JvE :2014/12/24(水) 08:03 ID:WOs





ヒタッ…ヒタッ…


水が滴り落ちる。


「…ぇ?」



「キャハハハハ、それはさっき笹山さんに汲んできて貰ったお水よ?良かったわね」


「笹山さんありがとうーー」



__笹山瑠里。


昨日まで、いじめを受けていた女の子。



『次のターゲットは、さゆり』




「……」

57:のん:2014/12/24(水) 14:09 ID:2oE

久しぶりの更新、お疲れ様です!
女子ってこんなにもこわいんですね😅
私も女子ですがw

58:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:00 ID:WOs

>>57】*のん様*

お気遣いどうもです(*´ω`*)

文章分かりにくいかったら

仰って下さいねぇ

59:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:03 ID:WOs




「瑠…璃…ちゃん」


「馴れ馴れしく呼ばないでよねー笑
キモいんだよ」

「笹山さん怖いー笑」


何でこうなるんだろ…


全部、全部………







茉結のせいだよ………ね?

60:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:06 ID:WOs





私はあちこち痛む体をどうにかして起こし、廊下へと足を向ける。



「もう戻ってくんなよーー!!」


ギャハハハハハハ………


皆からの言葉を背中に受け、静かに廊下へと出た…。


「村田さん…」

61:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:09 ID:WOs





*桃川 柚子side*

62:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:11 ID:WOs




今日も今日も、いつもと同じ。


つまらない毎日を送る、あたし桃川柚子。


読書が好き。


現実には興味無し。



そんなつまらない毎日だったんだけど、最近クラスであることが始まった。




“いじめ”



何が楽しいのか。

63:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:13 ID:WOs

 



あたしはいじめられている子の名前を知らないし、クラスの殆どの名前を知らない。


名札を見てみる。


“村田”



へ、村田さんか…

64:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:14 ID:WOs





*桃川 柚子side.end*





 

65:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:16 ID:WOs





体中が痛い。


痣が出来ていた。



「…ッ」





只今、廊下の隅座ってで逃げている私です。



その時、黒い影が私を覆った。



また、何かされるの___……?



怖い

怖い、怖いよ……

66:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:18 ID:WOs





*第二章.飴と魔法*



 

67:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:23 ID:WOs





怖い……




ポン



え、?


肩が……


温かい。



「……大丈夫…?」



後ろを振り返る。



そこにいたのは、クラスの人の桃川さんだった。



「桃川さん…….」



桃川さんは、私をぎゅっと優しく抱き締めてくれる。


それが、凄く温かくて、優しくて……


久しぶりに感じて………



「ぅうぇっ…っうぁわぁあ……」



次々に出てくる涙。

68:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/26(金) 16:25 ID:WOs




「…クスッ」


桃川さんは涙でお化粧もぐちゃぐちゃの私を見て、笑った。


「な、ひどいぃ笑」




「ごめんごめん、やっと、笑った。」



  

69:のん:2014/12/26(金) 17:12 ID:2oE

わかりにくいなんてとんでもないです!

70:暗黒の騎士◆84M59FPb12 a:2014/12/27(土) 10:40 ID:WOs

>>69】*のん様*

そういって戴けると

嬉しいです♪

71:暗黒の騎士◆84M59FPb12 m9っ(^д^)プギャー:2014/12/29(月) 11:45 ID:WOs




桃川さんは、私の話を凄く丁寧に聞いてくれた。


「そうなの…」


キーンコーンカーンコーン



あ、授業始まった…


「…川野はやはり性格悪かったか…」


「何か言った?」


桃川さんが何か呟いたように聞こえたんだけど…と、聞いてみる。



「いや、何でも無い」


桃川さんはスクッと立ち上がり、


「辛くなったら言って」


という言葉を残し、行ってしまった。

72:暗黒の騎士◆84M59FPb12 m9っ(^д^)プギャー:2014/12/29(月) 11:48 ID:WOs



教室…戻りたくないなぁ……







カツ…カツ…カツ…カツ…



誰か来る…


私は急いで影に隠れた。


顔が見える。


あれは………

73:暗黒の騎士◆84M59FPb12 m9っ(^д^)プギャー:2014/12/29(月) 11:53 ID:WOs





結大だ………。


って事は茉結だって絶対来る…よね



どうしよう、出られないや


隠れた影にあった掃除用具入れにひとまず隠れた私。


「遅れてゴメェーーン♪」



甘ったるい声がした。


「や、大丈夫だよ。」



という声と同時にチュッというリップ音まで聞こえて、変になりそうだった。

私は
多分、茉結なんだろうな…と私は隙間から覗き見る。

74:暗黒の騎士◆84M59FPb12 m9っ(^д^)プギャー:2014/12/29(月) 11:54 ID:WOs





こんなに、好きなのに………


なんで浮気なんかするの……?


 

75:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ ああ忘れたスマソ:2015/01/07(水) 23:01 ID:WOs

皆さんあけおめですーー




作者の暗黒の騎士ですーーー

最近書けなくてすいません;

今日からまた書きます

76:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ ああ忘れたスマソ:2015/01/07(水) 23:06 ID:WOs





「じゃあ行こ♪」




……


二人は何処かへ行ったようだ。


ガチャ


はぁ、と溜め息を吐きその場に座り込む私。


何で……何で…………


涙がポロポロと床に落ち、小さな水溜まりが出来ていく。



「…今更……」



嗚呼、私は泣く事しか出来ないんだ。


 

77:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ ああ忘れたスマソ:2015/01/07(水) 23:10 ID:WOs




それから私は放課後までずっと授業をサボった。


こんな顔、見せたくない……


教室にだって戻りたくない……


だから私は、教室に誰も居ない事を確認してから荷物を持って帰ろうとしたんだ。



『プリ撮ってこーよ』『いーね!』


皆の声が聞こえる。

部活へ行く人、遊びに行く人……




前なら私も何処かに混ざっていたのに。






___こんなに変わってしまうんだ。

78:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ ああ忘れたスマソ:2015/01/07(水) 23:18 ID:WOs





___皆居ないかな?


教室に顔を突っ込み、キョロキョロと見回す。


うん、誰も居ないや。


私はスクールバック通称スクバを手に持って教室から出ようとした、その時





「おいあんた」



……ッ?






「茉結の好きな人盗るなんて、怖い女だな」


唐突に話し掛けられ、びっくりしながら声のする方を見ると、見たことの無い男子達が居た。


「えっと…?」


誰だろう…。



「俺ら、茉結の友達なんだよね〜、…君はさゆりチャンかな?」


帽子を被ったチャラ男が私の耳を触りながら耳元で囁く。



………気持ち悪い………ッ!!

79:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ ああ忘れたスマソ:2015/01/07(水) 23:21 ID:WOs






ッドンッッ!!!




突き飛ばしちゃった………。


ヤバイ…………


助けてッ誰か……!!



「さゆりチャンいい度胸してるね?」



ッガッッシャアアアアァァンッッ!!


私は胸ぐらを掴まれ、床に叩きつけられた。



はずみで机も倒れた。


怖い……







「おい、お前ら何してんの?」







 

80:にっきーー:2015/01/07(水) 23:33 ID:hV.

おおお

すごい展開になりましたね

続き楽しみにしてます

81:LITO&◆56:2015/01/08(木) 18:17 ID:tTI

面白い!がんばれ世(´・ω・)ノ

82:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ うぇーーーい:2015/01/11(日) 17:18 ID:WOs

>>80】*にっきー様*

此処から盛り上げていくつもりです♪
ありがとうございます(´∀`)


>>81】*LITO&様*

そういって戴けるととても嬉しいです♪ありがとうございます

83:暗黒の騎士◆BPMfb200RQ :2015/01/17(土) 08:16 ID:WOs




…え………



結…大…?


結大は其の男子達に近付き、何かを言ったらしい。


逃げて行った。


「ったく……さゆり大丈夫か?」


結大は机に囲まれ倒れたままの私に声を掛けた。


「え……うん、」


机を動かし立ち上がる。


 ーフワッ


「…っ」


一瞬、抱き締められた気がした。


でもそれは、気がした、じゃなく

本当の事だった。


「結、大………」



私まだ結大の事好きなんだ、

84:らリク:2015/01/17(土) 13:54 ID:eWM

続きが気になります!
面白いです!
頑張ってください

85:さくら:2015/01/17(土) 23:20 ID:/..

す、すごい気になる!!
がんばってください!!

86:初夏:2015/01/18(日) 16:13 ID:Ijw

めちゃ気になるwww

頑張ってください‼️

87:LITO&◆56:2015/01/18(日) 16:20 ID:tTI

すごい!これからもがんばって!
応援してる!
(´・ω・`)

88:暗黒の騎士:2015/01/18(日) 23:18 ID:WOs

>>84】*らリク様*
嬉しいです☆
ありがとうございます♪

>>85】*さくら様*
ありがとうございます☆
これからもこの作品を宜しくお願いしまっす♪

【>>】*初夏様*
どうもです☆
これからもこの作品を宜しくお願いします♪

【>>】*LITO&様*
駄作を観ていただきとても光栄です☆
これからもどうぞ宜しくお願いします♪

89:暗黒の騎士:2015/01/18(日) 23:21 ID:WOs

あっ数字入れてなかった;

90:暗黒の騎士:2015/01/18(日) 23:32 ID:WOs


「んじゃ帰るか、」


「う、うん…」


私は結大に手を引かれ、教室を背に歩いた。



ーー


「怪我は無いか?」


廊下を歩きながら、結大は聞いてきた。

私は腕や脚を見てみる。


「あ……、肘から血が」

右肘から血が出ていた。
多分床で擦ったのだろう。


「ったく……、」


結大は苦笑いしながら鞄を漁っている。


……結大も私の事が好きで、浮気なんかしてないと思えてきた。

こんなに優しいんだもん。

何か理由が有ったんだよね…?



「あった!」

結大は一枚の絆創膏を渡してきた。




___ピンク……茉結のだ……

茉結しか持っていないらしい、手作りの絆創膏らしい。

「…ありがと、」

私はそれを受け取り傷に貼った。


絆創膏でも塞がれないんだ、心の傷は

 

91:みずき:2015/01/19(月) 19:18 ID:vkQ

やばいです!
続きめちゃくちゃ気になります!
なんか現実にも起きそうで、リアル感あってとっても読みやすいです☆

92:SHIKI(。&◆WU:2015/01/19(月) 20:26 ID:vY.

女子怖い…

でも面白かったです!!自分…驚く程文才ないので(;・∀・)

羨ましいです!

これからも読みます!頑張ってください!

93:暗黒の騎士:2015/01/22(木) 22:39 ID:WOs

>>91】*みずき様*
ありがとうございます!
これからも頑張ります♪

>>92】*SHIKI(。&様*
文才無いです;
訳分かんないとこあったら聞いて下さい!
ありがとうございます♪♪

94:暗黒の騎士:2015/01/22(木) 22:46 ID:WOs




ピンク色の絆創膏がいやに目立つ。


本当は今すぐ剥がしたい…



けれど私は、モヤモヤとした気持ちを心の奥にしまい、結大と楽しく帰った。




__


「ただいま」


家のドアを閉めて、自室へと足を向ける。


ガチャッ

ドアを開けて自室に入ると直ぐにドアを閉めてベッドへ飛び込む。


そして鞄からスマホを取り出す。


[メール10件]


今時メール?なんて思いながら開く。


それは全て茉結からだった。


 

95:暗黒の騎士:2015/01/26(月) 01:07 ID:WOs





さゆり
あんたが盗ったんだよ?


さゆり
結大くんはさゆりの事好きじゃないんだよ?ww自覚しなよぉ

さゆり
さゆりなんて友達じゃないっしょw

さゆり
結大くんは貰うから

さゆり
死んでいいよ

さゆり
死になよ

さゆり
この世にいらないよさゆりは

さゆり
消えて

さゆり
そしたら結大くんも私も喜ぶからさ

さゆり
死ね



………




なんて面倒な事になったのだろう。


こんな展開は漫画の世界だけだと思ってたよ。


私は茉結にこんなに嫌われてたんだね



傷つき過ぎて悲しくもないよ…


私はそっとスマホから目を反らした。


 

96:暗黒の騎士:2015/01/26(月) 01:12 ID:WOs







仰向きに寝転がり、そっと目を閉じる。


茉結と初めて会ったのは中学生の頃だっけ。


茉結が仲良くしてくれてたから皆とも仲良くなれたんだよね……






茉結……


私は貴女を許せないよ……



 

97:暗黒の騎士:2015/01/27(火) 00:03 ID:WOs





*茉結side*



 

98:暗黒の騎士:2015/01/27(火) 00:08 ID:WOs




「茉結ほら早く!」


私は握っている手を開く。


汗で滲む手の平には、あるストラップがあった。







___さゆりとお揃いの、水族館で買ったイルカのストラップ____


私は今、それを池に捨てようとしてるんだ。


最低でしょ?笑


でも私はそれ位さゆりの事が大嫌いなの。


私から何もかもを盗った………



さゆりを。


 

99:暗黒の騎士:2015/01/27(火) 00:12 ID:WOs





こんなの、簡単だよね。



表でいい顔をしてればいいんだもん。


私はフッと笑い、池に投げようとした。













「………」


…………投げられない。


何で投げられないの?


「……ッ」




「アンタ達仲直りしたらどうなの?」



冷ややかな声が後ろでしたのが聞こえた___。

 

100:暗黒の騎士:2015/01/27(火) 23:24 ID:WOs






「桃川…?」


うちのクラスの影が薄い女子、桃川柚子が其処にはいた。


「仲直り、しないの?」


私にはカッと頭に血が昇るのが分かる。

「誰があんな奴と!!」



ドンッッッ


勢いで、押してしまった。


ドサッ


運悪く、桃川の後ろには階段があったんだ。


桃川は落ちた。


「ッ!!」


私は直ぐに大変な事をしてしまったと自覚しながらも、逃げた。


赤い液体が見えたけど、怖かった。





___自分は人殺しなんだ____

 

101:暗黒の騎士:2015/01/27(火) 23:26 ID:WOs





*茉結side.end*


 

102:れもん:2015/01/28(水) 20:32 ID:9YY

もしかして、騎士…??

103:れもん:2015/01/28(水) 20:33 ID:9YY

間違ってたらすみません!!

104:暗黒の騎士:2015/01/28(水) 23:07 ID:WOs

>>102-103】*れもん様*

あ、ハイ(>ω<)
騎士ですよ♪

105:暗黒の騎士:2015/01/28(水) 23:13 ID:WOs





「おはよー」「おはー」


憂鬱な1日が今日も始まった。


私は重い足取りで学校へ向かう。


今日は、結大は来てなかった。
どうせ茉結とでも行ったのだろう。






ガラッ

私はいつも通り無言で教室に入る。


こんなの慣れればどうって事ない。



私は、強くなれたんだ。






そんな時、担任がいそいそと教室に入って来た。

皆は席に着く。





「桃川さんが、意識不明の状態です」


 

106:暗黒の騎士:2015/01/28(水) 23:18 ID:WOs





____ゴクン


誰かの唾を飲み込む音が聞こえた。




桃川さんが__?

何で__



私はそっと周りを見回す。









茉結がそわそわしていた。



茉結、か…………



「兎に角、何か知っている生徒は教える事。」



そういって担任は教室を出ていった。




鞄を漁り、飴の袋を開け、口に含む。



桃川さんが…

107:暗黒の騎士:2015/01/28(水) 23:24 ID:WOs





「帰ろーぜ」


結大が私の所まで来た。



横にはやっぱり茉結。


「二人で帰りなよ」



私はそう踵を返し、二人から離れた。






____見たくない。




勝手に涙が溢れてくる。








泣いちゃ駄目だと思っても、涙はどんどん出てくる。



教室を出て、すぐに家に帰った。




私はもう、何も見たくなかった。

108:少女匿名:2015/01/29(木) 00:04 ID:eWM

桃川ちゃぁぁぁぁん!
ああ桃川ちゃぁぁ(ry

面白いです!
ストラップを投げきれなかった茉結ちゃんのところがなんかぐっときました←?
主人公ちゃんのこれから、楽しみにしています!
頑張ってください!

109:初夏:2015/01/29(木) 22:50 ID:Ijw

やっぱ暗ちゃんセンスいー

110:暗黒の騎士 生きてるのも辛いですね(真顔):2015/01/30(金) 23:39 ID:WOs

>>108】*少女匿名様*
ありがとうございます!
これからも読んで戴けると光栄です!

>>109】*初夏様*
見てくれてありがとうございます♪
今後もよろしくおねがい致します

111:暗黒の騎士 生きてるのも辛いですね(真顔):2015/01/30(金) 23:43 ID:WOs





まだ口内に残っていた小さな飴。


ゆっくり溶けてなくなる。







ブーブー



マナーモードにしてあったスマホが震える。


「…?」


「結大からだ、」


私はすぐに支度をして、外に出た。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
さゆり
話がある
公園にきて
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


公園とは、あの例の公園だろう。


 

112:暗黒の騎士 生きてるのも辛いですね(真顔):2015/01/30(金) 23:46 ID:WOs






*第3章.沢山の思い出とストラップ。*



 

113:暗黒の騎士 生きてるのも辛いですね(真顔):2015/01/30(金) 23:49 ID:WOs






ベンチの近くに、結大はいた。



「遅くなってごめん!!」

私は結大に謝る。



「いや、別に良いよ。で、本題なんだけど」


「うん?」













「 もう別れないか?」







やっぱり。



そうだと思ってた。


「……わかった、」


そう言って私は結大に背を向けた。


 

114:暗黒の騎士 生きてるのも辛いですね(真顔):2015/01/30(金) 23:56 ID:WOs




「結大と付き合い始めて私、凄く楽しかったよ。遊園地で一緒に観覧車に乗って、景色眺めたよね。食べ歩きしてた時も我が儘に付き合ってくれてありがとう。」



「…さ…ゆり」


「私ね、結大の事信じてた。信じてたけど、信じられない。途中から茉結ばかりになって……自己中なのは知ってる。」



背を向けているから、今、結大がどんな表情をしているかは分からない。



きっと、清々しいんだろうな。



涙って枯れる事は無いんだね。









「今までありがとう」





私は今日、別れを告げられました。



 

115:暗黒の騎士 生きてるのも辛いですね(真顔):2015/01/31(土) 00:00 ID:WOs

______

___



「えっ!?別れたの!?」


私は今、病院にいます。





「でもよかった、桃川さん無事で」



桃川さんは、無事意識を取り戻したんです。




 

116:暗黒の騎士:2015/01/31(土) 22:19 ID:WOs




「ハハハ」


私と桃川さんが笑うにつれて、自然に打ち解けた。



「じゃあね、さゆり」


「うん、また来るね!柚子」





私は静かに病室の扉を閉めた。





______久しぶりに笑えたよ、





病院を出ると、もう空は夜空に包まれていた。







結大と別れて1週間。



茉結も他の生徒も誰も絡んでこなかった1週間。



楽しくもない学校に通い、つまらない授業を受け、無言で帰るという毎日を送っていた私は、

今日がとても楽しく感じられた。



空を見上げ、歩く。



……トンッ



 

117:暗黒の騎士 生きるのって辛過ぎて草だわ(真顔):2015/02/01(日) 15:57 ID:WOs



誰かにぶつかった。


「あ、すいませ…………











……結大、」


ぶつかった相手は結大だった。

「……さゆ



「今日は珍しく一人なんだ?」


私は結大から目を反らし、再び歩き出す。







____気まずい…




「ま、待てよッ」


結大が着いてくる。


「何?鬱陶しいなぁ」


私はどんどん前に進む。




「ごめん」



……

118:暗黒の騎士 駄スレ上げないでね:2015/02/01(日) 16:07 ID:WOs





「何で謝るの?」



私が返事してくれた事に安心したのか、結大は後ろで「ふぅ、」と言っていた。














「やり直したい」



そんな言葉が結大の口から放たれた一瞬の内に、私は結大の腕の中にいた。






……結大が泣いていた。


「もう浮気なんてしないから」













……ドンッ


「やめ、てよ…………」

結大を突き飛ばした。
私も何故か涙が出てきた。


「私を惑わすのはやめてよ………!!」


私は走って家に帰った。


結大は床に座って泣いていたままだった__。

119:SHIKI(。&◆WU:2015/02/03(火) 19:20 ID:vY.

ヤヴァイですね!!(・ω・ノ)ノヒョエ〜

超尊敬します!!

恋心が鮮明に描かれていて…!感動ものです!!(*pω0`。*涙)


これからも頑張ってください!

120:暗黒の騎士(°-°) :2015/02/03(火) 22:12 ID:WOs

>>119】*SHIKI(。&様*

そんな事無いですッ(´∀`*)

貴女様の作品も是非読ませて戴きますね!!

ありがとうございます♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んで戴いている皆様へ

いつも沢山の感想ありがとうございます!!

とても嬉しいです(´艸`*)

どうか今後とも宜しく御願いします!

          暗黒の騎士

121:初夏:2015/02/10(火) 15:14 ID:Ijw

続きは!?

122:囚われの堕天使(暗黒の騎士):2015/03/27(金) 10:09 ID:WOs

(」・ω・)

作者の都合によりおやすみしてました

すみません

これからも来れない日が多いと思われます。

応援宜しくお願いします

123:LITO@ホーク&◆7k:2015/03/27(金) 16:39 ID:rY2

最近更新なくて心配してました(;´∀`)

ご自身のペースで頑張ってください❕

124:SHIKI(。&◆WU:2015/03/27(金) 19:38 ID:vY.

もう見られないのかなってちょっとがっかりしてたんですけどw

これからも頑張ってください!!

125:匿名:2015/05/10(日) 21:19 ID:WOs

久しぶりの更新です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





ガチャン‼︎‼︎





「ただいま」



乱暴に自室の扉を開け、持っていた鞄を投げる。




棚に当たり、漫画、小物がバサバサと落ちていく。




「何で…はぁ、」




……もう、惑わせないで




.

126:匿名:2015/05/10(日) 21:26 ID:WOs









私、もう嫌だ。






.

127:ひなんちょびくす:2015/05/10(日) 22:55 ID:y/2

めちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃ面白いっす!!!
続き気になるぅぅうう!!!

128:匿名:2015/05/18(月) 19:00 ID:WOs

>>127

ありがとうございます🎶

作者の都合により少しずつしか更新出来ませんが

どうかよろしくお願いします。🍂

129:暗黒騎士◆RI &:2015/07/03(金) 01:59 ID:WOs







ブーブー……




最近変えたばかりのスマートフォンが震えた。





「誰…、」




lineの通知が一件。




結大だ。




_ごめん


_死ぬわ





バイバイ


.

130:暗黒騎士◆RI &:2015/07/03(金) 02:01 ID:WOs






嘘だと思った。




だから




_早く死ね。














気付けばそう送信していた。




.

131:暗黒騎士◆RI &:2015/07/03(金) 02:04 ID:WOs






1時間後…





「ん…、」




寝ていたらしい。




母親の声が聞こえた。














『結大くんが………、轢かれたの』










目の前が真っ暗になる。





_え?自殺じゃなくて?





「な、んで…」





.

132:暗黒騎士◆RI &:2015/07/03(金) 02:07 ID:WOs






















私、結大に最後なんて言った…?














「早く死ね」

133:沙写 メモリアル:2015/10/24(土) 09:15 ID:NCI

上手い…。続きが気になりますね!文才がスゴイ!私も似たような物語を書き始めているのですが(パクリではありませんがすみません)全然進みません…(T ^ T)もしよければアドバイスいただけないですか?厚かましくてすいません!

134:あんこくのきし◆jc:2016/09/25(日) 00:29

ずっと放置していた小説。

ほんっっっっっっっとすいませんでした。

最近まで規制されてしまっていました。

続きを待っていていただいた方には申し訳ないです。

今日から少しずつではありますが復活していこうと思っています。

迷惑じゃなければ、ですが。

どうぞよろしくお願いいたします。

暗黒の騎士

135:あんこくのきし◆jc:2016/09/25(日) 00:30

次から始めます。

136:あんこくのきし◆jc:2016/09/25(日) 00:42





結大が。





私のせいで。




私が結大を、殺したんだ...




「うそ、だよね.......」

「結大くんのところに言ってあげなさい」



母親が、呟いた。


「う...ん.....。」




私は家を飛び出した。



結大はまだ、病院にいるらしい。



ひたすら走った。

頬をつたる涙が、止まらない。




「結大ぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!」




叫び声は、余韻を残しながら星空に消えていった。

 

137:ルルー◆Lck:2016/09/25(日) 20:14

書くの久しぶりなんですねー
ということで読ませてもらいますね(面白いのでww)

138:*ユア*:2016/09/25(日) 22:20

すごく面白いですね!憧れます*
私も今恋愛小説書いてるんですけど、中々上手く書けなくて…
でも読んで下さった皆様方の感想文に助けられて頑張ってます!
騎士さんの小説、楽しみにしてます!

139:新雨:2016/09/26(月) 16:23

うわ嬉しい!!
去年くらいにガーって見て面白かった!!すごく!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
再開嬉しいです!頑張ってください〜

140:あんこくのきし◆jc:2016/09/26(月) 23:48



>>137 ルルー様
ありがとうございます。久しぶりで、少し書き方も忘れてしまったのですが、頑張ろうと思っています。
どうぞこれからも宜しくお願いします(´艸` )

>>138 ユア様
ありがとうございます。そういって頂けると本当に嬉しいです。
そうですね、わたしも感想が来るととても喜びます((
宜しくお願いします(´ω` )

>>139
本当ですか!?わたし、前にいらしゃった方に申し訳ないな、と思っていたので...
また読んで頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします(.>ω<.)



わたしは今年受験生なので、中々書けない事もあると思いますが、今後とも応援宜しくお願いします。

暗黒の騎士

 

141:あんこくのきし◆jc:2016/09/26(月) 23:58





走っていると、一台の車が急に曲がってきた。

私の目の前に__


私は反射的に座り込んだ。





「おい!!!あぶねーーぞ!!どこ見てんだよ!!!!」


轢かれなかった。ただ、運転手に怒鳴られた。それだけ。


なのに。


車が横を通り過ぎると、既に頬を濡らす涙を上書きするかのようにまた涙が溢れてきた。




惨めだ。私。


惨め過ぎて涙が止まらない。


でも。


私は立ち上がり止まらない涙を流しっぱなしにしてまた走り出した。

 

142:あんこくのきし◆jc:2016/09/27(火) 00:17




病院に着いた。


入口に、何度も笑顔でお喋りした、見覚えのある女性が立っていた。


結大の母親だ。


目を腫らし、憔悴しきった顔、目は虚ろだった。


「あ、さゆりちゃん。よかった」

「結大は今...」

一刻も早く結大に会いたい。




「行きましょう。」


そういって結大の母親は進んで行った。

私も後に着いて行く。


無言で歩いた。


何て話し掛ければ良いのか、分からない。


私はいつのまにか冷静な気持ちになっていた。


「ここよ。」


結大の母親はその部屋の扉を開けた。


“霊安室”




ああ、やっぱり結大は。




現実に戻された気がした。



心のどこかで、結大はまだ生きてるって信じてた。


でも、そんなに運命は甘くない。


静かに部屋の中に足を踏み入れた。



「...!」

 

143:ルルー◆Lck:2016/09/27(火) 08:19

≫140
ヨロシクー!受験がんばってね!!

え…結大、ホントに死んじゃったのー

144:アリス  (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2016/09/30(金) 07:17

入っていいですか?小説すんごいおもしろいです!!

145:暗黒ちゃん◆jc 心の中も暗黒ですよ:2016/10/05(水) 00:27

>>143 ルルー様

ありがとうございます頑張ります((

>>144 アリス様

ありがとうございます!これからもよろしくおねがいします〜

 

146:暗黒ちゃん◆jc 心の中も暗黒ですよ:2016/10/05(水) 00:40




霊安室には先客がいた。


「さゆり、」



「茉結、、、」



茉結だった。

私を見て驚いた顔をしている。

 

勿論私も驚いた。




喧嘩中の今は茉結の顔なんて見たくもない。


でもそれは結大がいたら、の話。


私と茉結は、大切な人を失ったという同じ傷を負っている。


茉結も嫌味なんて言ってこない。














「さゆり、ごめんね......」







「茉結.....?」




「結大くんは........ごめんなさ...い、」





茉結が何を言いたいのか分からなかった。



 

147:暗黒ちゃん◆jc 心の中も暗黒ですよ:2016/10/05(水) 00:53



結大の母親は察したのか、いつの間にか居なくなっていた。


好都合だ。


茉結はぽつぽつと話し始めた。






「結大くんが、さゆりの所行くって...言ったの、私、怒った、嫉妬したの。さゆりに。」


「...」

私は、黙って茉結の話を聞いた。


「結大くん、私に謝った、ごめんって。


さゆりには勝てないなって思った。私ね、結大くんに『早く行って』って言ったの。


結大くんは泣きながら笑ってた。」




「結....大...」



私、最低だ。突き飛ばして、暴言吐いて。



結大は私の事本当に思ってくれてたのに.....。



「さゆり、ごめんなさぃ......謝っても許されないよ.....私が結大くんと仲良くしなければ...」




確かに、結大が浮気しなかったら、結大は死んでなかった。



「わかんない......わかんないよ...ねえ結大......」







『仲直り、しないの?』





結大の声が聞こえた気がした。




 

148:暗黒ちゃん◆jc 心の中も暗黒ですよ:2016/10/05(水) 01:13




バンッッ!!!!!

扉が勢い良く開いた。


「結大くん!!??!?」



私のことを以前突き飛ばしたあの笹木エリカだった。それともう1人。



「結大く......ん....」



笹木エリカの一番の親友、 二宮もあ (ニノミヤ モア)。


何で来たのかは知らないけど、二宮の方は結大に抱きついて泣いていた。




そんなことはどうでもいい。私は、茉結と仲直りをしたい。




「あのね、茉結」



「、なに」




「仲直り、しよっか」





私は微笑んで茉結を見つめた。



茉結は私の目を見た瞬間もっと涙を溢れさせて





「うん、そうだね...ごめんなさい」







やっと、茉結と分かり合えた。


結大、仲直り出来たよ!





笹木も私たちを見て、結大を見て、また泣いた。


「さゆりちゃん、ごめんね____」



、そんな時だった。









「はいはいはーーーーーい!!!!!!仲直り反対ーーーーwwwwww」






二宮が笑いながらそう言った。


 

149:アリス  ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/10/08(土) 10:04

よろしくです!
呼びためOKですか?
小説続き気になる〜!

150:日々:2016/10/17(月) 12:45

>>148

まさか結大三股!?

151:暗黒の騎士◆jc:2016/10/17(月) 18:04

放置していました申し訳ないです、

コメントへのお返事も纏めて夜中に更新します

よろしくお願いします☆

152:ゆったん◆kNo:2016/10/17(月) 18:15

セ、切なすぎる......(´;ω;`)

153:あんこくのきし◆jc:2016/10/18(火) 01:19

体調が悪いので、明日の夜中にします。

申し訳ありません、

まだこの作品を読んでない方も是非、読んで頂ければ幸いです。
よろしくお願いします!

154:ルルー◆Lck:2016/10/19(水) 20:05

大丈夫ー?ムリしないでねー!
小説たのしみにしてまーす!!


書き込む 最新10 サイトマップ