どうやらゲームの中に入ったみたいっす。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:咲音:2014/12/05(金) 23:11 ID:pFA

わたくし、小説を初めて書く、さくねです。
私、ゲームに入りたかっただけd((殴
はい、というわけで、書かせてもらいますww
よろ〜

2:咲音:2014/12/07(日) 00:25 ID:pFA

『ピコピコ、ピコピコピコピコ…』
「兄貴うっさい」
俺、江口雷雨(えぐちらいう)。ただの小6だ。最近ゲームに夢中で弟にうるさいって言われた。
キラキラネームの俺は、名前と同じようにたしかにびびっと来やすい男だ。
最近流行ってるやつに興味津々だし、興奮すると早口になる。
しかししかししかーし、ゲームくらいでなぜ怒鳴る。お前だって一日中やってたじゃねえか!
「あっ、そう言えば友達と約束してたんだった」
「兄貴いってらー」
これからがヤバい展開になる。

3:咲音:2014/12/07(日) 00:31 ID:pFA

「やっほー雷雨」
あっ、アイカだ。
「雷雨っていーっつも早いよね〜」
「それは、お前と俺の家が隣だからだ! 」
座口アイカ。幼なじみの同い年。
この辺通学路が多いから、登校はいつも集団何だよな。
「行こっ! 」

もう寝る。グッナイ♪

4:J◆Ls:2014/12/07(日) 00:33 ID:GOg

気になるな
おやすみ

5:りぜ:2014/12/07(日) 08:05 ID:lIs

ラノベっぽくて好きです(。´・ω・`。)
続き待ってます(((o(*゚▽゚*)o)))

6:咲音:2014/12/09(火) 17:36 ID:pFA

「つ、ついたぜ…」
「あんたの家どんだけ遠いの? 」
「…」
「「合気きいてんの? 」」
コイツは津野 合気(つの あいき)。
コイツの家遠いし、でかいし大金持ち。そして無駄に天然。
「…ア……アハハハハ…! 」
「さすが天然」
「で、今度は何だよ」
「遠いと言えばこの前、大が道に迷ってさ、ついたのが6時なんだハハハハ! 」
く、くだらね。
「お、おまた、せ」
デブの大がきた。竹原大(たけはら だい)。ぽっちゃりで食いしん坊。
そして動きがにぶい。
「また、迷…った……」
バカか。
「ウ、ウフフフフ…」
こ、この声お化け!?
「ジャジャジャーン! 天歌だヨ☆」
天野 天歌(あまの てんか)。
俺と同じキラキラネームで、テンテンと呼ばれている。
「ねえ江口」
「なんだよテンテン。ていうか俺のことを江口じゃなくて雷雨って言え! 」
「あっそ。あと一人いないよ」
無視かよ…。
ドスンドスン
す、すごい音。その時、大がさけんだ。
「木乃葉! 俺の家で走るんじゃねえ!! 」
「あ…あっそ。で…? 」
テンテンに似てるな。コイツは天野 木乃葉(あまの このは)。
天歌の双子の姉だ。
「座口アイカからのお知らせです」
「「「「「はーい」」」」」
「いつもの秘密基地いこ! 」
「「「「「OK」」」」」

ちょっと待っててね。


書き込む 最新10 サイトマップ