生きること・・・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:日和:2014/12/11(木) 17:31 ID:k36

なんか「生きたい」と同じようなものになってしまいましたが

現実的に苦しむ人とちの心情を書いていきたいと思います!

2:日和:2014/12/11(木) 17:51 ID:k36

生きることに意味があるなら教えてください。

無理でしょう?どれだけ偉い人に聞いたって返事は現実的に人間の生まれ方でもはなすだろう。

そうゆうのを聞きたいわけじゃない大人はわかってくれない子供の気持ち。

わかってほしいなんてきっとわがままなんだ。

高校1年生姫里真莉

まぁ適当に友達作ってまぁ適当に楽しくて

家は冷たい嫌なわけじゃないいまではこっちのほうが断然楽

そんなこんなで高校生になってしまったのだ。


ジリリリリリ

6時目覚しで起きる

起きたら制服に着替えてご飯を食べて歯磨きしてコートえ起きて家を出る

7時の電車に乗るこれが私日常

「真莉〜」

「あっ夏樹おはよ〜」

「はよ〜相変わらず朝は強いね〜」

「ま〜ね」


「げっ今日の1限目って・・」

「数学」

「うお〜!!」

「嫌だ〜すっごい嫌だ!!」

「え〜数学楽しいよ?」

「すげ〜さすが優等生劣等生とは違うね〜」

「え〜・・」

数学は得意でけど科学とか生物は嫌いまぁ点が悪いわけじゃあないけども。

「真莉〜」

「あっ慎!」

「と如月」

「おいついででゆうな」

「真莉薬持ってきたか?」

「あ・・忘れてきた・・」

「大丈夫だもってきた!」

「ありがとう!」

この人は

川北慎幼なじみで彼氏

この人だけは適当じゃない絶対手放したくない人

「わーバカップル棒」

「ふふ」

「ふふって!!」


書き込む 最新10 サイトマップ