ジゴクノデス・ゲーム

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:咲音:2014/12/26(金) 01:45 ID:pFA

アハハーいーっつもボーッとしてるうちが書くよー
アハハー影薄いけど頑張るよーワラワラー
ちょいと怖いような面白いようなそんな感じーアハハー
ウザイって言うなよアハハー

2:咲音:2014/12/26(金) 02:49 ID:pFA

プロローグ.彼氏と友達とワタシ

うちはしょーもないガキの頃に言われた言葉は忘れられない。
死ぬ前の両親の言葉である。
「あんたは一人じゃない」「お前は大丈夫」
意味深な言葉だと思うが、両親は病気では無かった。
事故で死んだのだ。
なのにどこで自分達が『死ぬ』ことを予測出来たのか、未だ謎だ。
でも、両親に相談にのってるときに言ったんじゃないの?
それは違う。親に呼び出されたのだ。
それもかなしそうな顔で。その話は置いといて。
私、貝塚 ネナ(カイヅカ ネナ)は16才になる。
もちろんスマホもPCも持ってる。友達もいて、彼氏もいる。
まっ、私の友達は『友達』より『親友』だけど。
その子達は同じ養子施設にいる子達でいつも一緒にいたから。
彼氏もそう。
私と同じで両親が死ぬ前に私と同じ様なことを言われたんだって。
「ネナ、何ぼーっとしてるんだよ」
「ごっ、ご、ご、ごめん!」
彼氏といるとやっぱり声が裏返ってしまう。
彼は篠崎 青樹(シノザキ アオキ)は、私の彼氏。あだ名はスピーディーのため、スピーディー。
「ははん〜、彼氏の前で浮かれて!」
「浮かれてないよ!」
こいつは海野 レイカ(ウンノ レイカ)。
うっかり『ウミノ』って読んでしまうが『ウンノ』だ。
国内の水泳大会で優勝したこともあるので、あだ名はミス・ニンギョ。(通称ニンギョ)←まんま。
そして私は運動音痴なので、ノロマ。
この3人、携帯依存症。いや、高校の一年三組の全員がそう。
一日中いじってる。先生注意してないからかな。
さあ、このあと本編!そして、悲劇でつづく…

アハハーまたまたとーじょー疲れたー
骨折れるー
次回まで我慢しててーよくわかんなくてごめーん(小説の内容)

3:咲音:2014/12/27(土) 00:21 ID:ZfI

1.訪れた悲劇

朝休み、やっぱり一年三組はガラケーとかスマホばかりいじってた。(私も)
音楽、ゲーム、動画…。あちこち音が聞こえる。
キーンコーンカーンコーン。
チャイムが鳴った。皆いっせいに携帯をしまう。そろそろ木山 静果(キヤマ シズカ)先生が来る頃だ。
木山先生は新人の先生で、最初会ったときは大人しいかなあ?と思ってたけど面白い先生だ。
顔も美人だし、女子の憧れの先生だ。
でも、憧れの木山先生が来ない。スマホを取り出そうとした、その時だ。
一年三組の教室に、この学校の先生たちが集まってきたのだ。
委員長が、「どうしたんですか?」と聞いた。
そしたら校長先生が、「誰からも聞いていないのですか?」
と聞いてきた。
「とても大きな悲劇なのに…」
そう言えば木山先生が、いない。どうしたんだろうか?
「実は、木山先生が、亡くなった」
えっ、う、うそでしょ?死ぬわけない。あんな健康な先生が?

続きは明日ね。時間ないから。

4:咲音:2014/12/27(土) 11:39 ID:ZfI

なんでそんなこと普通に言えるの?
「あっ貝塚くん、お姉さんが先生の同級生だったわね」
教頭先生に言われた。確かにそうだ。
実は、先生は23歳。お姉ちゃんと同い年だ。(養子施設出てったけど。)
古くからの親友で、ちょいちょい二人で酒を飲んだという。
だから先生は、私と一番親しかった。
実話を話してくれたこと。何気ない時間をすごしたこと…。
いろんな思い出を思い出すと、涙が溢れてくる。
思わず声を出して泣いてしまった。
委員長とレイカと青樹が来た。
委員長が背中を揺すってくれて、レイカはいっしょに泣いてくれた。青樹は頭を撫でた。
それを見たクラスのみんなは、我慢できなかったせいか、いっしょに泣いてくれた。(委員長と青樹を含めて。)
ああ、なんていいクラス何だろう。そして、校長先生が口を開いた。
「いいクラスですね」
そして、もうひとつの悲劇が起こる。

5:咲音:2014/12/27(土) 11:40 ID:ZfI

アハハーコメントよろしくー
アドバイスもー
待ってるよー

6:綾波レイ:2014/12/27(土) 16:29 ID:ZfI

双子の妹のレイだよ。あんた意外と小説上手いね
はぁ、久々の葉っぱ楽しいw

7:咲音:2014/12/28(日) 15:43 ID:ZfI

あらどうも。

8:ごろごろマンボウ◆UU:2014/12/28(日) 22:10 ID:PE2

横から失礼いたします。

「とても大きな悲劇」ってなんだか不思議な言い方な気がしました。
内容はとっても面白くてあっという間に読み終わる事が出来ました。

9:咲音:2014/12/30(火) 16:24 ID:.JE

ありがとう!


書き込む 最新10 サイトマップ