神田家は大変!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:南月◆HE:2015/01/01(木) 14:25 ID:WuY

4人もの子供を抱えるシングルマザーの面白おかしいお話です。
神田桜子 サクラコ(28) 母
  星羅 セアラ(11) 長女
  環心 ワコ(8) 次女
  乃音 ノン(5) 3女
  思結 シユ(2) 4女 
  ヒカル(2) チワワ ♀

2:南月◆HE:2015/01/01(木) 14:36 ID:WuY

〜プロローグ〜
ここは、サンライツ柴山C-302室。
昼間は静かだけど、朝晩はすごくにぎやかです。
なぜって、このC-302には1人の母親に4人の娘、
そして1匹のチワワがいるからです。
しっかりものの長女に、マイペースな次女、
そして要領のいい3女によく分からない4女。
どの子もそれぞれ違って、面白いですよ。

それでは、
『神田家は大変!』
始まりまーす!

3:南月◆HE:2015/01/01(木) 15:10 ID:WuY

「おはよう、お母さん。」
「せあら、おはよう。わこっち起こしてあげて。」
「分かった。のんの布団?」
「そーそー、お願いね!」
あー、まただ。忙しいって言い訳して
ついついせあらに頼んじゃう。
ほんっと、ダメだなぁ。
よしっ、できた。朝ごはんくらいマトモなの作らないとね。
「ほぉら、ご飯できたよ〜」
「はーいいただきまーす」
せあらとわこが言った?あれ?
「あれ〜?のんとしゆのご飯はまだ〜?」
「まだなん〜?」
「あーごめんね。すぐ作るから。」
てゆーかまだ6時半だよ?
5歳と2歳の子が普通6時半に起きる?
内心そう思いつつも、トーストと卵焼きを焼く。
そして30分後の7時。
「いってきまーす!!!」
せあらとわこが家を出た。
この地区は小学校から少し遠い。
だから普通は7:30登校のところを7時に登校しないといけない。
「のんちゃん、しゆちゃんそろそろ着替えな。」
ここらへんは幼稚園すら遠い。
だから仕方なく一番近い子供園に通わせている。

数分後
「のんちゃん、しゆちゃん、行くよ〜」
「はあい!」
かわいい娘たちには悪いけど私は8時半から仕事。
2人を車に乗せて急いで子供園へ。
今日が掃除当番だってこと忘れて急いでるなんて言えないけど。
ついた。のんは走ってしゆはおんぶ。
「お願いします〜」
そういって出席表に丸をうつ。
そして走って車に飛び乗った。


書き込む 最新10 サイトマップ