Winter love story 〜冬の恋物語〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:LITO&◆56:2015/01/12(月) 13:27 ID:tTI

はいはい!実は私このハンネとは別の名前でもう1個か2個ぐらい小説完決してないのあるんだよね。

でも描きたくなったから書いちゃうよ。

てことでよろしく(・ω・)ノ

テスト期間中とかは更新遅くなるかもだからそこんとこよろしく


では次から登場人物紹介ね👇

2:LITO&◆56:2015/01/12(月) 13:45 ID:tTI

【登場人物】

・原田 優奈(ハラダ ユウナ)
 性別 女
 年齢 16
 性格 明るくて友達思い、中学まで恋愛とは縁がなかった


・新垣 新(アラガキ アラタ)
 性別 男
 年齢 17
 性格 誰にでも優しくてみんなからの信頼もあつい、部活は陸上部
 


・高橋 香菜(タカハシ カナ)
 性別 女
 年齢 16
 性格 すごく優しくて優奈の心友、結構モテる方、部活は陸上部



……これぐらい?でも新たな登場人物が出てきたときとかはまた付け足すよ

そんじゃ書くよ

3:LITO&◆56:2015/01/12(月) 13:52 ID:tTI

❄〜はじまり〜❄


………これは中学まで全く恋愛経験のないある女の子の物語…

4:LITO&◆56:2015/01/12(月) 14:00 ID:tTI

【1話】〜優奈side〜


学級委員「きりーつ!」


ガタガタガタ


学級委員「れーーーい!」


学級委員「着席!」








…………そう、いつも通りの毎日…つまんないなぁ………




あ、皆さん、ご紹介が遅れました、私、原田 優奈16歳、この春高校生になりました。




中学生の時、高校生活が楽しみで楽しみで仕方なかった私だけど、実際なってみるとそうでもなかった……



中学と同じで勉強に追われる毎日、やりたいことだって特になかったから部活だって入ってないけど……






それにしてもつまんない!!!!!


なんかこう変わるのかなぁと思ってたけどまったく同じ毎日を繰り返しているだけのようだった



はぁー、憂鬱





そんなこと思いながらも1時間目が始まった

5:LITO&◆56:2015/01/12(月) 14:14 ID:tTI

【2話】〜優奈side〜


午前の授業は終わり、休み時間になる


香菜「優奈〜!あーそぼ!」


優奈「あ!香菜、うん、いいよ^^」


今私に駆け寄ってきた子は私の心友、高橋 香菜。


中学3年間ずっと同じクラスで知らず知らず仲良くなって同じ高校に受かって今がある、というわけだ。



優奈「それにしてもさー、香菜、高校生活もなんかつまんないんだよねー…こう、なんていうか…


   中学時代とあんまり変わらないっていうかさぁ…」



香菜「そう?わたしは結構楽しいけどな♪特に部活!すっごく楽しいよ」



ああ………そうだ…、香菜は陸上部に入っているんだ………



まぁ…確かに部活が充実してると楽しそうだもんなぁ……



優奈「いいねー、香菜は。あたしは部活入ってないからさ…」


そう、私は部活に入っていない。特にやりたいというわけでもないしかと言ってやりたくないわけでもない


あまり興味がなくて入らなかっただけだ



香菜「あー…そっか……。……!そうだ!!!ならさ!優奈も部活に………」



キーンコーンカーンコーン



休み時間の終わりを告げるチャイムが鳴る


香菜「あー、終わっちゃった……じゃあ、またお昼ご飯食べるときに話そう!」



優奈「あっ……うん!…」








………香菜、なんて言いだそうとしたんだろう?(・・?

6:LITO&◆56:2015/01/13(火) 19:01 ID:tTI

【3話】〜優奈side〜

ーお昼ご飯ー


私と香菜は今教室でお弁当を食べているところだ


そうだ、香菜が休み時間に言い出そうとしたこと聞かないと………



優奈「ねぇ、香菜」


香菜「ん?なに?」



優奈「さっきの休み時間にさ、なんか言い出そうとしてたじゃん

   

   あれ、なんて言おうとしてたの?」




香菜「えっと………あぁ!あの時か!




   あのさ…優奈もさ












   一緒に部活やろうよ!」











   

7:LITO&◆56:2015/01/13(火) 19:13 ID:tTI

【4話】〜優奈side〜


香菜「優奈もさ、一緒に部活やろうよ!」



優奈「………………へ??」


香菜「いやいや、へ??じゃなくてさ(笑)



   優奈、高校生活つまんないって言ってたじゃん



   でもさ、部活充実してると結構楽しいもんだよ」



優奈「えぇ……でも部活って言ったってどこはいればいいか……」




香菜「陸上部!私も入ってるしさ、一緒に頑張ろうよ!」







……………陸上部……か…


私は正直入りたくなかった、なぜなら運動が苦手だからだ



運動部はもともと運動ができる人が入るっていうイメージがあるから私が入ってもなぁ……






優奈「か、香菜、私運動得意じゃないからさ……だから…」




香菜「大丈夫だって!私もあんまり運動得意な方じゃなかったけど、陸上部になって走ってるうちに





   だんだん足が速くなっていってタイムも上がったの!だから私もサポートするし、先輩たちもやさしいからね?





   だから優奈も入りなよ!」






優奈「う、うーん……わ、分かったよ、考えとく…(-_-;)」




香菜「やった!じゃあ考えがまとまったら教えてね!」














さて、どうしよう………

8:LITO&◆56:2015/01/17(土) 10:07 ID:tTI

【5話】〜優奈side〜


…………うーーーーーーーーーん……


私は今人生で一番悩んでいるかもしれない


部活に入るか入らないか、香菜に誘われてみたはものの私運動音痴だしなぁ……


でも走っているうちに足が速くなって充実した毎日を送れるかも!?






よし……












私、部活に入ります!!!

9:LITO&◆56:2015/01/19(月) 20:35 ID:tTI

【6話】〜優奈side〜


早速、香菜に部活に入ることを話しに行く



優奈「あっ!あの…!香菜!」




香菜「あ!優奈!なに?」



優奈「あの…私…さ、部活……その…陸上部に入ることに決めた!」









香菜「……………んと?」











優奈「え?」







香菜「!!!本当に!?やった!やった!優奈とこれから部活動の時間でも一緒にいられるんだ!やったああああ!」




優奈「あ、あははは(笑)うん、そ…だね」







香菜「?あ!やっぱまだ心配?でも大丈夫だよ、私もいるし…その………優しい先輩だっているし…///」





ん?今一瞬香菜の顔が赤くなった気が…



まぁ、気のせいかな?




優奈「そっか…ありがとう!」




香菜「そうだ!優奈もこれから陸上部の仲間入りなんだし、これから部活だから優奈もどんなことやるのかとかちょっと見学しに行く?」




優奈「あ!うん!行く!」








香菜「オッケ!じゃ、早速行こ!」













これから新しい学校生活の幕開け……となるといいなぁ…

10:LITO&◆56:2015/01/24(土) 20:47 ID:tTI

【10話】〜香菜side〜


優奈が私が所属している陸上部に入ることになった


すごっく嬉しい!心友が入ってくれるともっと部活も楽しくなるし!













それに………………陸上部には…






















私の好きな先輩もいるもん………

11:LITO&◆56:2015/01/24(土) 21:11 ID:tTI

【失礼しました】

すいませんでした

>>10の1行目に書いてある


10:LITO&◆56:2015/01/24(土) 20:47 ID:tTI
【10話】〜香菜side〜
 ↑ココ

この部分【10話】と書いておりますが正しくは【6話】です。

何勝手に飛ばしてんだよ( ゚Д゚)

って話ですよね(;^ω^)

申し訳ございませんでした🙇


書き込む 最新10 サイトマップ