音楽活動という名の恋

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:konomi:2015/01/16(金) 18:09 ID:tdc

主人公
須田和久良波 スワタクラハ
バンド「クレッシェンド」のピアノ。蔦の幼なじみ。

登場人物
蔦 光樹 ツタコウキ
クレッシェンドのヴォーカル。
川上和 
クレッシェンドのギター。

ふたミャンナ
人気アーティスト。本名、二見杏奈。

どっかのバンドに似ててすみません。コメントや批評も聞かせていただきたいです(*^_^*)

2:konomi:2015/01/16(金) 18:38 ID:tdc

Prologue

私はあなたのことが好き。
たとえ叶わない恋であっても。
どんなに苦しくなっても。
どんなに・・悲しくなっても。
私はあなたのことが好き・・・・。

3:konomi:2015/01/24(土) 08:33 ID:tdc

No.1

「ね〜光樹!和!早く来て!」
「へえへえ」
面倒臭そうに、2人が顔を出す。
ついさっき、久良波にせがまれてショッピングモールへ行ったところだ。拒む理由は、こういうふうにファッションショーに付き合わされるからなのだが・・・・。
「見て!これ、新曲のtrade❤にピッタリじゃない?」
そう言って久良波が引っ張りだしたのは、黒とピンクが主役のジャケットだ。
大きな襟がインパクトをもたせていて、衣装にはぴったりだと思い、買ったもの。
「ああ、いいんじゃない?」
和がうん、と頷く。
「光樹は・・?って聞いてないしっ!」
何やらケータイを触っている光樹。
幼なじみの勘で、大きな声を出したら絶対教えてくれないだろうと思い、ちらっと盗み見る。
そこには、今人気の、ふたミャンナの写メがあった。
「ちょっとぉ〜光樹ぃ!あんたっ、なぁ〜に見てんのよぉ!」
「んー、てわっ!!」
光樹が驚いた衝撃で、スマホが落ちる。
手で隠れていた部分には、コウキと二見アンナが、手を握っていた・・・・。


書き込む 最新10 サイトマップ