花〜あのときの君へ〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミルクキャラメル:2015/01/23(金) 17:48 ID:EKc

登場人物

中村 花(16)
親の離婚により、不良になった。
髪型はポニーテール。

川村 亮平(16)
花の幼なじみ。
花をどうにかして止めようとする。
バスケ部。

綾乃先生(30)
保健室の先生。
ふわふわした長い髪をしている。

2:ミルクキャラメル:2015/01/23(金) 17:56 ID:EKc

とあるアパートの一番隅にある部屋の前に一人の少女が三角座りでうつむいていた。
ランドセルを横に置き、部屋の中から聞こえてくる罵声を静かに聞いていた。
「お父さん・・。お母さん・・。」
少女は、一粒の涙をゆっくりと流して言う。
「もう・・。やめて・・。」

あれから6年、少女は高校生になっていた。

3:ミルクキャラメル:2015/01/26(月) 23:53 ID:HBA

少女は、教室で帰る準備をしていた。
まだ、一時間目が終わったばかりなのに。
回りは、ひそひそと少女を見ながら何かを話してて止めようとしない。

4:ミルクキャラメル:2015/01/26(月) 23:54 ID:HBA

「ほら・・。まただよ」
「アイツ、一時間目で帰るなら来なきゃいいのに」
などと好き勝手なことを言っていた。

5:ミルクキャラメル:2015/01/29(木) 17:25 ID:EXo

少女は、話ししている方を睨み付けると、
「お前らといると空気が汚くなるから帰ってんだよ。ばーか。」
と言って足早に教室から出ていった。

6:ミルクキャラメル:2015/02/04(水) 23:22 ID:eI2

「は…?何あいつ…」
そんな言葉を後からあびせられても、少女は振り返らなかった。

7:ミルクキャラメル:2015/02/04(水) 23:23 ID:eI2

少女は、正門まで来ると携帯を取り出し、メールを打った。
そして勝ち誇ったかのように、にんまりと笑う。


書き込む 最新10 サイトマップ