クロイズム

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:サッカー hoge:2015/01/31(土) 09:32 ID:g6c

ジェロヂニアという世界は戦争に戦争で世界は疲弊していた。

元は緑生い茂る豊かで美しい世界だったが、いつからあるとも分からない、どこからもたらされたとも分からないオーバーテクノロジーによってジェロヂニアの人々は利己のみに囚われるようになった。

2:サッカー hoge:2015/01/31(土) 09:48 ID:g6c

それは戦いを生み出し、最初は個人対個人だったが、いつしか多人数対多人数になり、軍隊として成立していった。

そして世界は4つに分かれ、東西南北のジェロヂニア国となる。
北ジェロヂニア国を治めるのは外見は美しいが猛々しい性格の女王、アンナ・ヤニトベ。
東の国を治めるのは狡猾な策でジワジワと気に入らない相手を追い詰めることを得意とする老師、ジェルド・クスロ。
南を治めるのはジェルドに父を殺され、国王の代理として選任された今年17になったばかりの王女、サリー王妃。
後見人として彼女の伯母であるマーシャ。
2人が協力して治めている。
西の王国は温厚で気さくな王、アルドラスが治めている。
彼には15になったそれはそれは美しい娘がいる。
ジェルドは西の王国に協力するといい、娘を差し出せと要求している。
アルドラスはその要求を蹴ったので東の王国から敵視されている。
北と南の王国が戦争をしていなければすぐに滅ぼされていただろう。


書き込む 最新10 サイトマップ