悪者の君

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ササミ:2015/04/05(日) 12:24 ID:Vmo




君はいつもそばにいた

君はいつも遠くにいた


私のヒーローだった君は

いつの間にか

世界の悪者として


独り闘っていた

2:ササミ:2015/04/09(木) 21:48 ID:Vmo

どうも、ササミです

少しずつ更新していきたいと思います。

3:ササミ:2015/04/09(木) 22:12 ID:Vmo



今日も何も変わらない

ぼーっとしているうちに過ぎ去ってしまう平凡な日々


今日もほら、もう帰り道

夕焼けに背を向けて歩いている

昔は、もっとこう、明るく輝いていて、楽しくて、時間が過ぎていくのが寂しくて___

「伊緒!」バシンッ!

大きな音とともに、背中に強い衝撃が走る。

突然の出来事に、伊緒と呼ばれた少女は混乱していた。


書き込む 最新10 サイトマップ