切支丹物語

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:のん:2015/04/26(日) 23:41 ID:NSs

 これは、私の大好きな本白狐魔記に影響されて書いています!ド素人です。
注:誤字があるかもしれません(汗)
  ・歴史が多少ひん曲げられております!実際にいない人とか。
  ・江戸時代の地名とか、(特に九州)教えてくだされば嬉しいです!     (地名間違ってたら指摘をお願いします)
  ・感想とか、お願いします(荒らし以外)酷い事は、言わないでください・・分かってるんで・・
  ・初めてで色々とやらかします!ご了承・・・。後、夜に書きます! 
   (完結しなかったらごめんなさい!でも頑張ります!)
  

2:のん:2015/04/27(月) 00:08 ID:NSs

登場人物
 ・益田時貞
  姿は、戦国IXAの感じ。
  キリシタン。生まれつき不思議な力を持つ少年。髪は茶色だが、南蛮人ではない。
 

3:のん:2015/04/27(月) 00:09 ID:NSs

明日からよろしくお願いします!!

4:のん:2015/04/27(月) 18:57 ID:NSs

序章
 村が、燃えている。

 少年と、男がその場に立っていた。
 少年は明るい茶色の髪を、頭の上で一つにしばっている。日本人には見えない。武士の子が着るような服装だ。歳は九歳くらい。じっとその様子を見ていた。
 男の方は、こちらも武士の服装をしている。歳は三十後半ほど。静かに目を閉じていた。

  炎がうなり声をあげた。
「父様。この村は、何故燃えているのですか?」
 やがて、少年が口を開いた。
「この村の人達は、キリシタンだった。年貢を、納められなくなったので、このような仕打ちを受けたのだ。…可哀想に…」
 男は目を閉じたまま、悲しそうに答えてやった。
「キリシタンは、いけない事なのですか、父様。」
少年は男の顔を見上げてたずねた。
男は目をゆっくり開いて言った。
「…何が悪いというのだ。勝家よ…。
時貞。お前は、正しい人間になれよ。デウス様は、いつでも我らを見ていらっしゃる…。」
 男は、少年の頭をくしゃっとなでてやった。
 「はい!父様。」
 二人は、首から銀の十字架をさげていた。

5:のん:2015/04/27(月) 21:30 ID:NSs

ここまで、どうですかね?
 (酷いこと、荒しは無視)

6:Aki:2015/04/28(火) 20:40 ID:lbw

歴史感をすごく感じるし、そのときの状況が、分かる。とにかく、すごい!(勝手に書いちゃってすいません)

7:のん:2015/04/28(火) 22:25 ID:NSs

Akiさん、ありがとうございます!!
読んでくれる人がいるなんて、超感激しました!!!(`∀´〃)
 つまらないかもしれませんが、これからも頑張りますので、気が向いたら読んでくださると嬉しいです!
 気が向いたらコメントよろしくお願いします!!!

8:のん:2015/04/28(火) 22:27 ID:NSs

続きを書かせていただきますね!!
よろしくお願いします!!!

9:桜:2015/04/28(火) 22:46 ID:lbw

私は、感想を書くことと、応援しかできませんけど頑張ってください!

10:のん:2015/04/28(火) 23:24 ID:NSs

桜さんですね!分かりました!!

11:のん:2015/04/28(火) 23:59 ID:NSs


 玲は、キリシタンの少女だった。歳は9歳。生まれつき、目がみえない。盲目だ。
 両親は、玲が生まれて八ヶ月後に流行り病で死んだらしい。顔など、ぼんやりとしか思い出せなかった。
 両親が死んだため、二歳の時玲は村の取り決めで、この村の百姓の一家に引きとってもらい、住まわせてもらう事にした。ところがこの百姓一家は大層意地が悪く実の娘などではない盲目の玲を、役に立たないと毛嫌いした。一家は父、母、娘二人の四人家族。
いつも玲を遠回りに扱ってばかりいた。 玲は6歳の時まで、この一家と暮らす。いつも神を信じて、一人で生きてきた。

12:桜:2015/04/29(水) 08:38 ID:lbw

のんちゃん、うまい!玲ちゃんは、6才まで、ずっと一人で生きてきたって言う、悲しさがちゃんと伝わってくる!

13:のん:2015/04/29(水) 13:23 ID:NSs

桜ちゃんありがと〜!!お互い頑張ろうね♪

14:のん:2015/04/29(水) 13:32 ID:NSs

一の続きです!

15:桜:2015/04/29(水) 13:49 ID:lbw

のんちゃん、ファイト!

16:のん:2015/04/29(水) 19:09 ID:NSs

 しっかりと物事を考えるようになるまでは、全てが真っ暗なのが当たり前だと思っていた。村人達の間で、玲が盲目だと判明したのは玲が三歳の時だった。村人達が自分を厄介者扱いしている事を、玲はよく分かっていた。
 一家の姉妹は玲より四歳年上と、二歳年上。姉の名をお五、妹の名をお紅と言った。二人は小さい頃から玲と遊んできたが、気を使っているのがとても分かった。
 
「姉さん!お紅はもっと色々な遊びがしたいの!何でわたし達はお山に行ってはいけないの?」
妹のお紅が言った。姉のお五は答えた。
「玲がいるからよ。わたし、母さんと父さんから言われたの。玲ができない事はするんじゃないよって。」
「つまんない。玲が家の子になんなければ良かったのに」
「だめ!そういう事を言うと、村の人達に怒られるよ!」
 玲は、二人がこんな風に話しているのを聞いた。
 村の子も、玲とはあまり遊んでくれなかった。それどころか、玲を影で笑っていた。
「お前、目が見えないんだろ?大人達が、野ノ神様の祟りだって言ってた」
 この村では、野ノ神という不気味な神を信仰している。だから、玲の目が見えないのを、野ノ神様の祟りだと村人達は言っていた。
「違う!こ、この目は、デウス様がわたしに課した試練!これを乗り越えれば…」
「またその話か!もういいよ!今俺達が何しようとしてるか分かるか?!」
玲は黙って首を振った。 すると、何か固い物が幾つか体に当たった。
「い、痛いよ、痛い…」
玲は泣きそうになって言った。
「でうす様が、お前に課した試練だよ!みんな、お山に行こう!」
そう言って子供達は去って行った。どうやら石を投げられたようだ。
「暗いよ…。何も見えないよぉ…」
玲は一人で泣いた。ずっと、泣いていた。

17:桜:2015/04/30(木) 06:35 ID:lbw

玲は、やっぱり、誰も信じられないから、神様だけを信じてきたって事がすごく伝わる!誰だよ!玲をいじめたのは!ホントムカッと来た!

18:のん:2015/04/30(木) 06:42 ID:NSs

早起きした!
桜ちゃんありがとう♪
おう!玲、頑張るよー!!

19:のん:2015/04/30(木) 06:56 ID:NSs

またまた続きです!
今日は学校が早く終わるから、帰ったらまた書くよ〜♪

20:のん:2015/04/30(木) 23:46 ID:NSs

 玲はぱっとしない外見だった。
髪を二つに縛って、短めのおさげにしている。髪と目の色はもちろん黒。
首からは木の十字架を首飾りのように、紐から通してさげていた。
 玲はこの村唯一のキリシタンだ。村人は全員、野ノ神を信仰している。玲の家系はどうやら元からこの村に住んでいた訳ではなかったらしい。今まで村の戒律を無視し、キリシタンでい続けた、という事だ。それも、野ノ神様から祟られる事になった原因の一つではないかと言われていた。
 玲の目は、村人達の間で「邪眼」という事になっている。そのため、玲の引き取り手である一家の母はこう言った。
「玲、いいかい?あんたの目は、野ノ神様の祟りで呪われてるんだ。だから祟りが他の人達まで及ばないように、これをつけておいで。」
 こうして玲は、二歳半の頃ぐらいから顔の上半分に包帯を目隠し代わりにる事になった。
 玲は、九州肥前の国にあるこの村で夢など無かったし、これからもしばらく見いだせない。
 彼女が生きる希望をもらうのは、もうしばらく先の話。

21:桜:2015/05/01(金) 15:49 ID:lbw

玲の、姿がちゃんと目に浮かんでくる!のんちゃんって、小説の才能がある!これからも頑張って!

22:のん:2015/05/01(金) 19:03 ID:NSs

ありがとう♪頑張るね(`∀´〃)
桜ちゃんの方が才能あるよ↑↑
頑張ろう!

23:のん:2015/05/01(金) 22:55 ID:NSs


 “野ノ神を信仰するこの村では、一年に何回か「崇拝祭」という儀式がある。 「崇拝祭」というのは、野ノ神がいると信じられている村の“お山へ酒を大樽一杯に入れて持っていき、野ノ神に捧げる、という内容である。

 玲はキリシタンなので、そんな儀式など関係のない事ではあったのだが、村人全員が、その儀式のために御山に行ってしまうので、連れて行かされた。
 だが、盲目の玲にとって、御山を登るのは相当つらい。何も見えないので、しょっちゅう転ぶ。皆先に行ってしまう。必死で付いていくのだ。
 後、野ノ神などという怪しい神に手を合わせて祈る皆のまねをするのは、何とも馬鹿らしく玲には感じられた。
 玲は「崇拝祭」がとても憂鬱な儀式に思えて嫌だった。

 事件が起こったのは、玲が六歳の時の「崇拝祭」の帰りの事だった。

24:桜:2015/05/02(土) 12:13 ID:lbw

事件って、どんな事件だろ。続きが楽しみ!

25:のん:2015/05/02(土) 20:22 ID:NSs

ありがとう!桜ちゃん!
事件今書くよー!

26:のん:2015/05/03(日) 00:12 ID:NSs


 玲は、六歳になった。
 村の皆から、忌み嫌われる事にも慣れてきた。
 まだ幼い玲は、夜布団にもぐり込むとよく、声を押し殺して泣いていた。
「デウス様、何故わたしなのですか?何も見えないです。これを乗り越えれば、あなたの側に行けるのですか?」
苦しくて、つらい時玲はこの言葉を呟いた。
 目が見えないので、玲は音を頼りにするしかない。じっと耳をすませるのだ。そのせいか、玲の耳は異常に良い。

 玲が六歳の時、夏の「崇拝祭」。
この年は、雨があまり降らなかったので、玲の村の米は不作だった。それでも崇拝祭は欠かさず行われる。
 崇拝祭は終わり、玲達村人は御山を下り始めた。玲も、御山の様々な音を頼りに皆の後を付いていった。

「ん?何だい?あれは?」
 村の少し手前で誰かが言った。続いて他も村の方を見る。
「あれは…お侍じゃあないか」
武士の服装をした男が数人、村の入り口に立っていた。武士達は村人達が来たのに気付くと、何かを話し合うそぶりをした。
「…村長!」
村人達に促され、この村の村長がまず最初に武士達に話しかけた。
「あのぅ…わしらの村に何か御用でしょうか?」
それに気付くと、武士達は村長をふり返ってたずねた。
「貴様がこの村の村長か?」
「はぁ…そうですが…」
武士の一人が、隣にいる武士に言った。
「…何とも陰気な村だな」
「同感だ」

「我らは島原藩の武士。貴様らに尋ねたい事がある。用件はそれだけだ。」
 村人達は顔を見合わせた。
「何でしょうか?」
村長が答える事になった。武士は言った。
「この村に、キリシタンはいるか?」

玲は、十字架を首から外し、きつく握りしめた。

27:桜:2015/05/03(日) 23:17 ID:lbw

やばっ!すごい玲が不利な事件だぁ!ヤバヤバ!

28:のん:2015/05/03(日) 23:19 ID:NSs

おおっ!偶然みてたら・・・
ありがとう桜ちゃん!

29:桜:2015/05/03(日) 23:48 ID:lbw

いえいえ(*´∀`)♪

30:のん:2015/05/03(日) 23:55 ID:NSs


「・・・何故そのような事をお尋ねに?」
しばらくしてから、村長が聞き返した。
「うむ、今後は我ら島原藩もキリシタンを規制する。勝家様が幕府に命じられてな。キリシタンはいけぬ、ということになった。よって、キリシタンは処罰の対象だ。」
 その答えに村人は一斉に固まった。
(・・!!・・・・玲!!!)
玲は、黙って十字架を握りしめていた。
「この村は、”野ノ神”という神を村人全員が信仰している、と聞いたが・・・。」
武士の一人が言った。
「そうなのか?」
「えっ?!・・あっ、はい。たった今”崇拝祭”から帰ったばかりでして・・・。」
村長が慌てて答えた。
「そうか。じゃあ問題無いな?」
武士が仲間にたずねた。
「ああ。次の村に行こう。」
「では、我らはこれで。さらばだ。」
そう言って、武士達は村から去って行った。

31:桜:2015/05/04(月) 08:35 ID:lbw

ホッ(*´∀`)よかったー。玲は、連れていかれたりとかしないんだね!いやーめっちゃうれしー!

32:のん:2015/05/04(月) 12:50 ID:NSs

ありがとう!
桜ちゃんって中学生?

33:のん:2015/05/04(月) 22:33 ID:NSs


「デウス様・・・。わたしをお守りしてくださって、ありがとうございます。」
玲は両手を胸の前で組んで、呟いた。
「・・どういう事だ?キリシタンは処罰の対象になった・・?」
「どうして急に・・・?」
「じゃあ、玲はどうなる・・・・?」
村人達が口々に言い合い自分を見るのが、玲には嫌でも理解できた。

「・・・玲!!」
突然玲を呼んで、人混みの中から出てくる者がいた。 村長ではないか。
「何ですか、村長。」
玲は、村長の声が聞こえた方を向いた。
「お前は・・・これからも、キリシタンでい続けるのか?」
その村長の問いに、他の村人達も二人を注目する。
玲は静かに答えた。
「はい。」
「おい・・・・」
抗議しようとした村人達や村長をさえぎって、玲は言葉を続けた。
「わたしが、デウス様への信仰心を捨てることなんてありません。どうしてそのような事ができましょうか。皆が、”野ノ神様”への信仰心を捨てろ、と言われて、できるのですか?」
「・・・それは・・」
村人達は黙ってしまった。 どこかまだ言葉が幼かったが、六歳とは思えない、力強い言葉だった。

「だが、玲。もしお前がキリシタンでい続けるというのなら・・・・。」
村長が言った。 玲は黙って次の言葉を待つ。
「役人に見つからず、隠れて、キリシタンの神に祈るんだ。」

 玲は、その夜寝ている途中に起きてしまった。まだ夜中だ。 部屋の明かりがついている。
布団の前に、一家の父と母が座って話をしていた。
「あんた。キリシタンがいけない事になって、見つかると処罰されるんだろ?」
「・・・ああ。」
「じゃあ・・」
その言葉を言う前に、父の方が言った。
「玲をこのまま家に居させるのは絶対にまずい。」
「・・・・。」
母の方が黙った。 父の方が言った。
「明日、村長に相談してみる」
玲は、ぎゅっと、きつく十字架を握りとても小さい声で何度も呟いた。涙が、目に溢れた。
「デウス様、デウス様、デウス様、デウス様・・・・・・・・・・」
大きく、息を吸った。
「わたしを・・・・た、たすけてください・・・・・・。」

34:桜:2015/05/04(月) 23:00 ID:lbw

うん。中学生だよ!のんちゃんは?って言うか、玲が、ヤバイ!逃げてー!

35:のん:2015/05/04(月) 23:19 ID:NSs

中2だよ!毎回感想Thank you!

36:桜:2015/05/04(月) 23:26 ID:lbw

ふうん。私は、中1だよ!

37:桜:2015/05/04(月) 23:27 ID:lbw

あ、あと!私こそ、いつも感想ありがと!

38:のん:2015/05/04(月) 23:30 ID:NSs

いえいえ♪頑張ろうねー!

39:桜:2015/05/04(月) 23:55 ID:lbw

うん!(^o^)

40:のん:2015/05/05(火) 21:19 ID:NSs


 玲は、それから数ヵ月の間、隠れて神に祈り続けた。役人の武士に見つからないようにするのは簡単な事だ。何せ武士達はこの村を野ノ神だけを信仰していると思っている。そのため、彼らは調査の時も、他の村より適当に済ませていた。

 村長に呼ばれたのは、それから数ヵ月後の事だった。
辺りはもう秋の景色が広がっている。
 玲が村長の家に入ると、村長は言った。
「玲。」
「何ですか。」
村長は言いにくそうに、関係の無い話から切り出した。
「その…隠れてキリシタンの神に祈るのは、上手くいってるのか?」
「はい。」
「…………。」
話が続かなくなったところで、村長は言った。
「………玲。その…な。天草の方に、豆腐屋をしているわしの知り合いがいて…」
「そうですか。」
「その………。」
しばらく言葉につまってから、村長は続けた。
「そこへ…行ってはくれないか?」
「…………。」
「お前を、ただ働きのかわりに世話をしてくれるというのだ。」
玲は、見えない目で村長を見上げた。
「お前は、盲目だがしっかり働けるし………。」
「お前を世話していた一家も、許可すると言っておる。」
玲は、ただ黙っていた。
村長は、最後に一言、付け足した。
「………わしらのためだと思って、頼むよ、玲。」

 村長の話が終わってから、玲はその家を出た。
 玲はしばらく外につっ立っていた。
「…………………。」
玲は走りだした。村を出て、さらに駆け抜ける。目は見えないが、音は外にもある。
ただひたすら、音をたよりに走って、走って、走って………。
「はぁっ、はあっ、はあっ……」
ようやく着いた。ここは、この辺りで玲が唯一好きな場所だ。水くみの時に見つけた。“花畑という所だ。お五が言っていた。ここには、花というものがたくさんあるらしい。
玲は、その場に座り込んだ。十字架をきつく、きつく握る。
結局、自分は邪魔な存在でしかなかった。いつも、いつも、いつもそうだった。そんな事、分かっていた。そんな事は、分かっていた。
「デウス様……あなたはわたしを、見捨てなさったのですか?」
さっきまで我慢していた、涙が目に溢れてきた。いつも、泣いてばかりだ。
大きく、大きく、息を吸った。
「………ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁ……!!!!!!」
玲の叫びは、谷にこだまして、ゆっくり消えていった。

41:桜:2015/05/05(火) 22:01 ID:lbw

うわぁ。ついに村長が玲を突き放した。もぉー最悪!

42:のん:2015/05/05(火) 22:13 ID:NSs

毎回ありがとう♪
桜ちゃん、交流板で話さないかい?←提案(汗)

43:桜:2015/05/05(火) 22:40 ID:lbw

いいよ!やったぁ!

44:桜:2015/05/05(火) 22:40 ID:lbw

私ものんちゃんと話したかったんよー!

45:桜:2015/05/05(火) 22:41 ID:lbw

返事が遅くなってごめんね。

46:のん:2015/05/05(火) 22:42 ID:NSs

全然ok!
どっちがたてる?

47:桜:2015/05/05(火) 23:07 ID:lbw

うーん。私が立ててもいい?

48:桜:2015/05/05(火) 23:08 ID:lbw

あと、専スレってことになるの?

49:桜:2015/05/05(火) 23:12 ID:lbw

ごめん!勝手に作ってくる!

50:のん:2015/05/05(火) 23:13 ID:NSs

あっ、ありがとう!
専スレか!何か初めてだ♪

51:桜:2015/05/05(火) 23:15 ID:lbw

作ってきたよ!

52:のん:2015/05/07(木) 00:48 ID:NSs


 江戸時代初期、西暦1630年。正月少し過ぎ頃。
 玲は七歳になった。
今、玲は、九州肥前の国天草に来てい
た。村長の知り合いの豆腐屋の前に立っている。ここには、村長の案内で来たのだ。村長は今、豆腐屋の主人の男と話している。
「………ああ。というわけで、よろしく頼むよ。」
「任せときな。何とかしてみせるさ。」
「玲。」
「はい。」
村長は説明した。
「今日からお前を世話してくれる、八兵衛さんだ。お前は、この人の所で一生懸命働くんだぞ。」
「………はい。よろしくお願いします
。」
そして村長は、玲に、最後の別れを言った。
「………玲。………達者でな。」
「はい。今までありがとうございました。村長。」
そして、村長は去っていった。

村長は、豆腐屋から大分離れると、しわだらけの手で、少しばかり涙をこすった。

53:桜:2015/05/07(木) 07:06 ID:lbw

村長も悲しかったんだ…。玲、今度はいじめられないよね?うーん。続きが楽しみ!

54:のん:2015/05/08(金) 00:44 ID:NSs


「……で、お前。名前と歳は?」
村長が去った後豆腐屋の主人、八兵衛は玲に尋ねた。彼の歳は30半ば程度といったところか。
「玲です。七歳です。」
「そうか……。」
八兵衛は玲をじろじろとながめた。
「お前、盲目のキリシタン何だろ?」
「…………。はい。」
八兵衛はふんっ、と鼻を鳴らして言った。
「じゃあ、とんだ厄介者のお前を世話してやるんだ。感謝して、働けよ。お前は盲目だが、しっかり働けるそうじゃあないか。」
「……………。」
「まあ、せいぜい明日から働いてくれよ。」
「よろしくお願いします。」

 それから数ヵ月が過ぎた。今、季節は夏。
「おい、しっかり働けよ!!!」
そう怒鳴って、八兵衛は玲を殴った。
「いっ………!!!」
「 お前を世話してやってんのは誰だと思ってやがる!!!」
そう言って、八兵衛はもう一度玲を殴った。
「痛いです…ごめんなさい、ごめんなさい……もっと働くから、もう殴らないでください……。」
玲は頭を抑えて謝った。
「とっとと立て!こののろま!」
そう吐いて、八兵衛は向こうへ行ってしまった。
玲はよろよろと立ち上がった。
 ここへ来て、状況が良くなるどころか、前よりも悪くなった。
八兵衛は、とてもかんしゃく持ちだ。
ちょっとでも気に入らない事があると、すぐ玲を殴り付けるのだ。そのせいで、玲の体のあちこちに青痣ができていた。今も痛い。
相変わらず玲は、隠れて神に祈り続けていた。あの十字架だけは、いつも持っている。唯一ある、両親の形見だ。

 夜、布団に入ると、とても痣が痛い。痛むたびに、玲は泣きそうになった。 
もう嫌だ。もう生きたくない。生きていたって、わたしには良いことなんて一つもない。
そう思っても、自ら命を絶つと神や天使、両親が待つ天国へ行けなくなってしまう。自殺は、一番やってはいけない事だ。
 だから玲は、今日も十字架を握り、ずっと神に祈り続けるのだ。

55:桜◆ec:2015/05/08(金) 07:10 ID:lbw

なーんで、玲をいじめるんよ!もうちょっといたわってあげるとかできんのん?ほーんまムカツク!!

56:のん:2015/05/08(金) 19:21 ID:NSs

ありがとう!
自分で書いてながら、本当そう思うね。

57:のん:2015/05/08(金) 20:07 ID:NSs


 玲は、豆腐屋がある町で配達をしていた。
「お前は目が見える人間より動きが速いから。」
そう言って、八兵衛が玲にこの仕事を任せたのだ。 確かに玲は普通の人間より動きが素早かった。

「こんにちは。玲です。配達に来ました。」
「はーい。ああ、お前さんかい。ご苦さん。」
「ありがとうございました。」
玲がキリシタンだということは、八兵衛が隠しているので、周りの人間は気づいていなかった。

「こんにちは。百合さん。玲です。配達に来ました。」
「あら、玲ちゃん。ご苦労様。」
この家に住む『百合』とは、豆腐屋の常連で、玲が天草で唯一仲が良い家だった。
百合は20後半程度の歳。子持ちで、1歳の女の子がいる。名を、瑠璃と言った。瑠璃を、玲は配達に来る度にかわいがってやっていた。
百合は、玲がキリシタンだということを知っていた。玲の体が何故痣だらけなのかも、分かっていた。そのためか、彼女は玲を配達係に希望し、よく話していた。
「瑠璃ちゃん。」
玲が、百合に抱かれている瑠璃を呼び、頭を撫でてやった。すると、瑠璃はキヤッキヤッと笑った。
「百合さん。私、そろそろ行かなきゃ。またあいつに殴られる。」
「分かったわ。気をつけてね。玲ちゃん。いつも瑠璃をかわいがってくれて、ありがとうね。」
「ううん。じゃあ、またね。百合さん。瑠璃ちゃん。」
「さようなら。ほら、瑠璃。」
百合が促すと、瑠璃は玲の手をぎゅっと握って笑った。
玲はペコリと頭を下げて走り出した。

百合の姿も、瑠璃の姿も、玲には見えない。多分、一生見ることなど出来ないだろうと、玲は思っている。
自分の目が見えたら。
玲は時々そう思うのだ。

58:桜◆ec:2015/05/08(金) 22:19 ID:lbw

百合さんって言う、心のよりどころがあるからちょっとほっとしたわぁ〜!でもやっぱり、めが見えないのはむごいなぁ〜。

59:のん:2015/05/09(土) 14:46 ID:NSs

ありがとう!じゃ、続きです♪

60:のん:2015/05/09(土) 19:10 ID:NSs


「おい馬鹿、だから違うって言ってんだろ!!!」
そう怒鳴って、八兵衛は玲を殴った。
「いっ……!!…すみません…すみません…もっと働きますから、もう殴らないでください……」
八兵衛に殴られる度に、いつの間にかこれが玲の口癖になっていた。
「お前を世話してやってんのは誰だと思ってやがる!!!」

玲が天草に来て、二年が経った。こうして今に至る訳だ。玲は現在九歳。もう、殴られる事にも慣れていた。痣が体のあちこちにある。 相変わらず、隠れて神に祈り続けていた。あの十字架だけは、今も大切にしている。
瑠璃は三歳になった。もう歩けるようになっている。それどころか、走り回って、逆に心配になる。言葉も、少し喋れる。意味不明な場合が多いが。
瑠璃は玲にとてもなついている。だから、玲の体に新しい痣があると、
「れい姉ちゃん、いたい、いたい。」
と言って、なでてくれる。逆に痛いのだが。それでも、玲はとても嬉しいかった。
八兵衛に殴られる日々はとても辛かった。村でも居場所など無く、忌み嫌われ、玲はとても暗い性格になってしまっていた。だが、百合や瑠璃と会う事で、少し心が温かくなるのを玲は感じていた。

そんな日々を続ける中で、玲に再び事件は起こった。
ある日の事。玲がいつも通り配達をして、帰り始めた時だった。
「 おい、そこの小娘。」
最初、誰に言っているのか分からなかった。玲は、顔の上半分に目隠し代わりに包帯を巻き付けている。その縛ってあるところが、うなじから二つに分かれて垂らしてある。
それを、強い力でぐいっと引っ張られてから、気付いたのだ。
「いっ……!!」
「お前の事を言っている。」
声と足音からして、男が数人。5、6人だろうか。
「な、なんですか………。」
「我らは、島原藩の武士。」
その人間達は名乗った。だが、玲は盲目だ。本当かどうかは信用できない。
「わたしは盲目です。あなた方が見えません……。」
「……。おい、そこの者!」
すると武士と名乗った人間達は、通りかかった人間を呼び止めた。
「はぁ……なんでしょうか……。」
その声は、関わりたくなさそうに言った。武士と名乗った人間達は尋ねた。
「我らは、お前には何に見える?」
「えっ……お侍様……でしょうか…」
「よし、行ってよし。」
そして武士達は玲に言った。
「分かったか?」
「お侍様が、わたしに何の御用でしょうか?」
玲は聞いた。武士の一人が逆に尋ねた。
「率直に尋ねる。お前は、キリシタンだろう?」
「………!!!!」
玲は、言葉が出てこなかった。意味が分からない。その事は、百合と八兵衛しか知らないはずだが。
「まあ、答えずとも分かっている。この情報は…調査の者から報告があってな。」
玲は黙っていた。武士達は言った。
「なに、我らは別にお前を処罰しようというつもりはない。だが……」
「えっ……?!」
玲が呆然とすると、いきなり武士の一人が玲を蹴りつけた。
「!!!!」
玲は地面に倒れた。そして、見えない目で武士達を見上げる。
「ははははははっ!!!」
武士達が大声て笑いながら言った。
「なんという転び様よ。」
キリシタン迫害だ。この頃には、九州の村や町のあちこちでキリシタンは迫害されていた。

この日から、玲は迫害され始める。

61:桜◆ec:2015/05/09(土) 19:20 ID:lbw

うっわ最悪!何で追害するんよ!玲に触れるな!

62:のん:2015/05/10(日) 14:31 ID:NSs

ありがとう♪これから続きね〜(`^´〃)

63:のん:2015/05/10(日) 16:37 ID:NSs


あれから約四ヶ月。今、季節は春だ。
 キリシタン迫害は、しだいに酷いものになっていく。
玲は、いつもあの武士達に殴られたり、蹴られたりしていた。

「おい、聞いたかい?」
「なにを?」
「有家にあるキリシタン達の村の事さ。」
「知らんな。」
「その村、島原藩のお侍共が、燃やしちまったそうじゃあないか。」
「村を?そりゃまた何で?」
「キリシタンはいけない事になったろ?それに加えて、その村は勝家が取り上げるとんでもない量の年貢を納めきれなくなったんだとさ。」
「だからといって、村一つか…。恐ろしい話だな……。」
「ああ………。」
玲は最近、豆腐屋がある町で旅人達がこんなふうに話しているのを聞いた。
「村がひとつ………。」
玲は呟いた。
その日のうちに、玲はいてもたってもいられなくなった。なんと有家のその村まで行く事にしたのだ。荷物は、今まで貯めたお金と百合が作ってくれたおにぎり。ちょっとそこまで、と言うと、百合は作ってくれた。
玲は歩いていたが、走り出した。なんとも無謀すぎる外出だ。
「デウス様、わたしは途中で死んでも構いません。その村へ行ってみたいのです。」
玲は呟いた。今まで、玲は自分以外のキリシタンを見たことがない。
十字架空が首で揺れている。周りの人間には、奇妙な目線で見られた。だが、玲は構わず走り続けた。疲れたら歩く。舟にも乗った。
ただ、村を見たい一心で、走って、走って、走って…………。
「はあっ、はあっ、はあっ…………」
なんという奇跡だろうか。玲は有家のその村に着いた。何日か進んだ。それも盲目の少女一人で、だ。
辿り着くなり玲は、他のものにはわき目も振らずに、キリシタン達の村に入った。
 村には、人間の気配がない。ただ、全てが真っ黒に焦げた臭いがする。この村が燃やされてから数日は経っているのに、そのままなのだろうか。
「おい?!お嬢ちゃん!どうした!こんな所で!!」
急に、若い男の驚いた声がした。玲は振り向きながら、逆にたずねた。
「この村は……どういう光景になっているのですか?」
その質問に驚きながらも、若い男は答えてくれた。
「えっ?!…ああ、お嬢ちゃんは目が見えないのか…。今この村はな、全部焼き払われちまっている。真っ黒焦げだな。」
予想通りだ。玲はさらにたずねた。
「…………人間は?」
若い男はまた答えてやった。
「皆、死んじまったのさ。この村のキリシタン達は。みーんなだ。」
「………!!!!」
「んで、そのままほったらかしってやつさ。お嬢ちゃんもこんな所に居ないで、早く帰りな。」
そう言って、若い男は去っていった。
「……………。」
玲は黙って村を歩き始めた。
この村に、かつてはたくさんのキリシタン達がいたのだ。どうして武士達はこんな酷い事ができるのだろうか。そう、玲は思った。

64:桜:2015/05/10(日) 16:57 ID:lbw

うっわ!ひど!何てことをしてるんだ!村ひとつ燃やすとか、そこまでしなくてもいいがん!

65:のん:2015/05/10(日) 17:13 ID:NSs

玲が焼け焦げた家々を通り過ぎた時だった。
「ううっ………。」
「!!!!!!?」
声が聞こえた。子供の声。
「ここなの?!!!!」
玲は声が聞こえた辺りの残骸を必死になってどかした。
そこには、少年がいた。玲より少し年上。十三歳くらいだろうか。首から金属の十字架をさげている。奇跡的に、あまり火傷はしていないようだ。
玲は力を振り絞って少年の体を、残骸の外側へと引っ張った。その横に座りこみ、必死で彼の体を揺らす。
「ねえ!!大丈夫ですか?!ねえ!!」
「あ…熱い…よ…体……が……」
少年はうわ言のように呟いていた。喉に火傷をしていて、声は枯れ果てている。だが、玲の声に反応して、目を開いた。
「あ…あなた…は…天使様ですか?」
「えっ?!」
「ふふ…包帯…か、おに巻い…た天使様……」
玲は、声を出すことができなかった。
「天使様…が、僕を…迎えに…デウス…様…皆がい…る…パライソ…へ…連れて…いっ……」
「嫌だよ、生きてよ…!!ねぇ!!」
玲は叫んだ。涙が目に溢れた。
「泣かな…い…で…天使…様…。僕達…試練…を乗…り越えま…したよ?」
玲には分からないが、彼はやさしく笑った。
「ふふっ…天使…様…ありが……と…う……さ…よ……な………ら。」
そう最期に言って、少年の言葉は途切れた。
「!ねえ、嫌だよ…死なないでよぉ、ねえ……!!」
玲が揺すっても、叫んでも、反応しない。
少年は、彼の、十数年の一生を安らかに終えた。金属の十字架が、朝日を浴びてきらりと光った。

「………アーメン。」
玲は両手を胸の前で組み、呟いた。少年の体を横たえた時。
「………?」
彼の右手に、何かが握られている事に気づいた。そっとその手を開く。
「……?何、これ……?」
そこには、小さな金属の板があった。
手触りからするに、何かの絵が彫られている。
それは、母の『マリア様』に、キリシタンの神『デウス様』が、赤子の時抱かれている絵だった。だが、玲には知るよしもない。
玲はそれを固く握りしめ、静かに言った。
「…デウス様。神の赤子らが、どうかあなた様の元へ召されますように。」

66:桜:2015/05/10(日) 19:30 ID:lbw

目の前で人が死んでいく所を見るのはとても耐えられないよね…。玲は、人一倍心が強い子だから、前が向けるだろうけど普通の子供なら、そこで人が来るまで永遠と泣いてるよ

67:のん:2015/05/11(月) 23:22 ID:NSs


 その後どうやって帰ったのか、玲はよく覚えていない。ただ、ひたすら走った。早く、百合や瑠璃の待つ天草に帰りたかったのだ。数日の間移動して、お金も尽きかけてきた。必死で神に祈り、進み続けた。
「はあっ、はあっ、はあっ………」
ついに、玲は戻ってきた。肥前の国、天草。飢え死にするかと思った。しかし、無事に辿り着いたのだ。
そう思うと泣きそうになったが、ぐっと涙をこらえて、目指す場所は決まっている。
「………?!れ、玲ちゃん?!!」
その女性は、砂と泥まみれの玲を見ると、とても驚いて叫んだ。
「………百合さん。」
声を出した途端、目に涙が溢れてきた。
「しばらく来ないと思ったら…またあの主人に殴られたの?」
百合は訪ねる。
「うあああぁぁぁ……」
玲は、とうとう泣き出した。
「えっ?!!えっ?!!ちょっと、玲ちゃん?!」
今まで我慢していた分、涙が止まらない。
「………どうしたの?」
しばらくして、少し落ち着いてから、玲は全てを百合に話した。百合は最後まで何も言わずに聞いてくれた。
「…わたし…。あの子に何もしてあげられなかったの………。」
話し終わってから、ぽつりと玲は言った。
「…玲ちゃん。辛かったね。大丈夫、大丈夫。その子の魂は、きっと今天国にいるわよ。」
そう言って、百合は玲の頭を優しくなでてやった。

「ああ、玲か。生きてたのかい。」
八兵衛には、こう言われた。いてもいなくても変わらない、という意味だろう。だが、玲はたいして気にはしなかった。

こうして、玲はまた元の日常に戻ったのだ。 
ある日の事。いつも通り武士達に殴られていた。玲は抵抗などはせず、黙って耐える。
(痛いよ痛い、痛いデウス様、デウス様…。)

「おい、時貞。見ろよ。またキリシタン迫害だぜ。」
その様子を見ている少年が二人。
一人、珍しい茶色の髪に銀の十字架を首からさげている彼は答えた。
「………ああ。」

68:桜:2015/05/12(火) 07:33 ID:lbw

その少年って誰だろ?気になるぅー

69:のん:2015/05/12(火) 18:17 ID:NSs

ありがとう!今あかす!

70:のん:2015/05/12(火) 18:21 ID:NSs

十の続き!

71:のん:2015/05/12(火) 18:59 ID:NSs

 玲は今、倒れ込んだまま、あの武士達に蹴られている。
武士達が大声で笑って、何か言っている。だが、玲には蹴りつける音でよく聞こえなかった。周りを通る人間は、関わりたくなさそうに避けていた。痣が、ズキズキと痛む。
(デウス様…。何故キリシタンだけがこんな目にあうのですか?)
玲は痛む頭で、ぼんやりとあの焼き焦げた臭いのする村とあの少年を思い出していた。

「おい、時貞。見ろよ。またキリシタン迫害だぜ。」
その様子を見ていた少年が二人。
二人の歳は11歳ほど。
一人は、肩までの長さの黒髪。頭には狐の面をつけていた。黒い瞳は今、好奇心で輝いている。服装は、その昔貴族の子供が着ていたような高貴なものだ。背中には、妖しげな模様のはいった笛を背負っていた。腰には、小刀をさしている。
もう一人は、なんとも珍しい茶色の髪。頭の下で縛っていて、少し短い。整った顔立ちは今、その様子をじっと見つめていた。武士の子が着るような服に、首からは銀の十字架をさげている。
今声を出したのは、狐の面をつけている方の少年。
「なあ、時貞ー!助けてやろうよー!俺達より年下に見えるぜ。」
時貞と呼ばれた少年は、狐の面をつけている方の少年に言った。
「………行くか。」

「こんにちはー!」
急に武士達が蹴りつけるのを止めた。
「……?何だ?このガキ共は。」
不思議そうに武士が言う。
「げっ!時貞、最悪だ!コイツら島原藩のヤツらだよ!!」
少年の声が聞こえた。武士達は激怒して叫んだ。
「おい!!!貴様、よくもそのような口を!!!」
武士達が刀をぬく音がした。
先程の少年の声は、いくらか興奮したように言った。
「なぁ、時貞!!コイツら、俺でもいいだろ?!なぁ、いいだろ?!!」
もう一人、少年の声が聞こえた。
「だめだ、敬斗。お前では取り返しのつかない事になる。」
「ちぇっ。じゃあどうすんだよ?」
少年の声は少し拗ねたように言った。
先程の少年の声は答える。
「お前の、笛で頼む。」
そして拗ねていた少年の声は、また興奮したように答えた。
「いいぜ!任せときな!!」

72:Aki:2015/05/12(火) 20:05 ID:lbw

へぇ〜!そうだったんだ!おおっ!その笛は何につかうのか?

73:のん:2015/05/12(火) 23:20 ID:NSs

補足の登場人物
 益田時貞
戦国IXAの感じの顔、姿。キリシタンの少年。11歳。

 聯柁敬斗
千と千尋のハク的な姿、顔。あと服も。11歳。キリシタンの少年。

詳しくは後ほど。

74:のん:2015/05/13(水) 18:44 ID:NSs

またまた十の続きです!

75:黒豹 hunting:2015/05/13(水) 18:49 ID:PBE

おもろい
うちの小説と違って話しは頭に入ってくるし
読みやすい
これからも頑張ってください。

76:のん:2015/05/13(水) 19:33 ID:NSs

 そして頭の横に狐の面をつけている方の敬斗と呼ばれた少年は、背負っていた笛をかまえた。妖しげな模様のはいった笛だ。
「…?コイツ、何を始める気だ?」
武士達はいぶかしがって言った。
「は、ははははっ!!!俺の呪われた節を聴いてくれるか?!なぁ?!」
敬斗は高笑いをして、叫んだ。
「は?」
武士達が戸惑っている間に、敬斗は笛を吹き始めた。
フーフーフー、ピロリロリー………
玲はその節を聴いていると、突然目眩がした。武士達も耳を塞いでうずくまった。
「?!な、何だ?!これは?!あ、頭が…ああああぁ…!!!」
ドサッ、ドサッと次々に武士達の倒れる音が玲には聞こえた。
敬斗はそこで、吹くのを止めた。
「おいおい、これで終いかよ?!つまんないよ、もっと遊ぼうぜ!!!なぁ!なぁ!!」
時貞と呼ばれた少年は言った。
「もう、全員寝てしまった。」
「ちぇっ、つまんない。」
玲は呆然としていた。
「あ………。」
声が出てしまった様だ。敬斗と時貞は振り向いた。
「あなた方は…天使様ですか?」
「…………。」
二人は黙っていたが、少し経って笑って言った。
「いいや!違うぜ!!」
玲はたずねた。
「あなた方の名前は、何というのですか?」
敬斗と呼ばれた少年が答えた。
「俺は、聯柁敬斗!11歳だ!」
次に、時貞と呼ばれた少年が答えた。
「私は、益田時貞だ。11歳。」
玲は繰り返した。
「ときさだ、けいと。」
敬斗は言った。
「なぁ、なぁ、お前は?」
今度は玲が答える。
「玲。9歳。」
敬斗はたずねた。
「玲は、どうして包帯顔に巻いてんの?」
「…………。」
玲は黙った。だが、寂しそうに笑って答えた。
「私の目は、何にも見えないの。前に住んでた村で、呪われた目だって言われてたから。」
敬斗は、同じ様に、少し寂しそうに言った。
「そうか。俺の笛と一緒だな…。」
そして、時貞に話しかけた。
「なぁ、時貞。目が見えないっていってんならさぁ。」
時貞は首を振った。
「いや…。まだだ。」
その会話の意味が分からず、玲は首をかしげた。
「なぁ、なぁ、玲はキリシタンなんだろ?!」
「うん。」
玲は頷く。
「じゃあ、俺達と一緒だな!」
敬斗は少し嬉しそうに言った。

これが、玲の一生を変えた出会いとなる。

77:のん:2015/05/13(水) 22:03 ID:NSs

え?え?黒豹さんありがとう!読んでくれる人がいるとは(汗)
頑張りますので、これからもよろしくお願いします!!

78:黒豹 hunting:2015/05/13(水) 23:20 ID:QAk

頑張ってください(^_^)

79:桜:2015/05/14(木) 07:16 ID:lbw

よかったね!玲のことをわかってくれる人が増えて。これで百合さんも安心するよ!

80:のん:2015/05/14(木) 20:24 ID:NSs

十一
 時貞と敬斗は、あれから玲のところによく来るようになった。
「玲!!」
と二人に呼ばれると、玲は振り向いて少し笑った。 
 時貞と敬斗という少年は、武士の子のようだ。だったら、島原藩の武士達にあんな事をして良かったのかと玲がたずねたが、敬斗曰く
「アイツらは、しばらくお前のとこには来れないようにしたから問題無いぜ!」
だそうだ。どうやったのかと聞くと、
「俺の笛の音で、アイツらの精神に語りかけたんだ!!本当に単純なヤツらだよ!!」
と、意気揚々と答えた。そういえば、しばらく島原藩の武士達の声が聞こえない。
敬斗という少年は何者なのか。しばらくは分からなそうだ。何しろ玲には声しか聞こえない。
 敬斗は、とても活発な性格だ。「なぁ、なぁ、」と話す前に言うのが癖らしい。とにかく一気にまくしたてる。人間と戦うのが大好きらしい。本人は、人助けを称しているが、怪しいところだ。時貞は、
「敬斗は、一度戦うとどうにも手がつけられなくなる。」
と、呆れ気味に言った。
だが、敬斗はたまに、少し寂しそうな声を出す時があった。それは、自分の事について話す時だ。
「俺はな……化け物なんだ。」
敬斗はこう言っていた。
敬斗の姿は、玲には見えないので、時貞にたずねると、
「狐の面を頭の横につけ、貴族の子のような服装。髪は肩あたりで切り揃え女の様。背中に笛を背負った阿呆。」
だそうだ。
「それは酷いよ時貞ー。」
敬斗は言った。
時貞は、いつも静かだ。あまり話さない。敬斗によると、『神の子』だという。玲が訳が分からなそうに黙ると、
「後で分かるさ!玲にも見せてやりたいな、時貞の力!」
と残念そうに言った。とはいえ信じられない。敬斗も時貞もキリシタンだから、デウス様の子供、という事だろうか、と玲は思った。
時貞の姿を敬斗に聞くと、
「まずはこの茶色の髪だな!俺は時貞以外見たことないぜ!南蛮人じゃあないんだ。うーん、武士の子の服装に、髪は頭の後ろ、下の方で縛ってる。
あとは、首からさげた銀のクルスかな!あ、顔はめちゃくちゃカッコいいぜ!玲が見ても絶対そう思うな!」
と、長文で説明してくれた。時貞は、
「敬斗は説明が長いうえに下手だな。」
と言って笑った。

 この二人と話すのが、玲は少し楽しみになった。

81:桜:2015/05/15(金) 06:59 ID:lbw

玲の楽しみ、増えてよかったね!年が近いと話しやすいから余計嬉しいわぁ(^o^)

82:のん:2015/05/15(金) 19:10 ID:NSs

ありがとう桜ちゃん!じゃあ続き〜

83:のん:2015/05/15(金) 19:11 ID:NSs

十一の続き!

84:のん:2015/05/15(金) 20:16 ID:NSs

 玲が敬斗達と出会ってから約半月が過ぎた。今、季節は春の終わり頃。
しばらく敬斗と時貞と過ごすうちに、次第に玲も心を開いていった。
百合に友達ができたと言ったら、百合は喜んだ。
「お友達は、大切にするのよ。」
瑠璃は玲を見て嬉しそうに言った。
「れい姉ちゃん、ちょっと明るくなったね。」
瑠璃も少しずつ言葉を理解し始めてきた。瑠璃の成長が、玲は嬉しかった。
 
ある日、敬斗にこんな事を言われた。
「なぁ、なぁ、玲。俺達にしてほしい事ってあるか?!」
「え?」
玲が首をかしげると、敬斗はさらに言った。
「何でもいいぜ!!」
玲はしばらく迷った。だが少しして、思いついたように言った。
「あのね、これ………。」
玲は帯に縛った袋から、金属の板を取り出した。それは、有家の少年が持っていた物だ。
「これに何が描いてあるか教えてくれない?」
時貞と敬斗は、玲からそれを受け取って眺めた。
「これは、デウス様とマリア様だな。」
時貞は言った。
「デウス様と、マリア様…。」
玲は呟いた。時貞は続ける。
「マリア様が、赤子のデウス様をお抱きになられている。」
「こんな綺麗に彫られてんのは珍しいな!」
敬斗も感心して言った。
玲は、時貞から金属の板を返してもらい、見えない目でそれを見つめた。

「あと、もう一つお願いしたいの。」
玲は、しばらくしてから言った。
「ん?」
時貞と敬斗は次の言葉を待つ。
玲は少し笑って言った。
「わたしを、花畑に連れていって!」

85:桜◆ec:2015/05/15(金) 22:14 ID:.Ak

瑠璃ちゃんも成長したのかぁー。玲もいい友達ができたねぇー。

86:桜:2015/05/16(土) 12:47 ID:.Ak

ごめん!IDかわったけど桜だから!!

87:のん:2015/05/16(土) 17:33 ID:NSs

またまた〜続き〜!

88:のん:2015/05/16(土) 19:03 ID:NSs

「玲ー!!ここだよー!!!」
敬斗は玲に叫んだ。
「今、行く!」
玲と時貞、敬斗は今、花畑に来ている。ここは、豆腐屋がある町の近くの花畑だ。玲は、敬斗と時貞の案内でここまで来れたのだ。
 玲が来たのを確認すると、敬斗は感心して言った。
「玲は目が見える人間よりも早く動けるんだな!!!」
玲は笑った。
「わたしは目が見えないけど、音は周りにたくさんあるから。」
そしてその場に腰をおろし、敬斗にたずねた。敬斗と時貞も、近くに座る。
「どうやってここを見つけたの?」
敬斗は得意気に答えた。
「昼寝の場所を探してたら見つけたんだ!今ここは、たくさんの花が咲いてるんだぜ!!」
時貞は少じ笑った。
「敬斗はいつも昼寝ばかりしているからな。」
敬斗は膨れっ面になって言った。
「時貞、それは言っちゃいけないよー。」
「ふふふっ。そうなの!」
玲はそのやり取りに少し笑った。
「…でも、都の桜の方が、綺麗だったな…。」
敬斗は目を閉じて、思い出すかのように言う。少し悲しそうな顔になって呟いた。
「に…い…さ…ま。俺は、元気でいるよ。今、パライソにはあの桜が咲いてるのかな?」
時貞は、言った。
「敬斗は、京都の出だ………。」

玲は、ふいに黙った。
「?なあ、玲、どうした?」
玲は敬斗の声に気付くと、言った。
「…ううん。ただ、わたしの目が見えたら良かったのに、って思った。ここの花達は、わたしには見えないから。音だけを感じているの…。」
そして、玲は頭の後ろ、うなじから垂らした包帯の二本の分かれ目を、少し揺らして耳をすませた。
「…………。」
敬斗は黙って、玲を見た。時貞は銀の十字架をいじっていたが、その手を止めて玲を見た。
「………暗いよ。」
しばらくしてから、玲は少し寂しそうに笑った。
「………玲。」
普段あまり話しかけてはこない時貞が、珍しく玲に言った。
「ん?」
玲は時貞の声が聞こえた方を向いた。
敬斗も、隣の時貞の顔を見つめた。
「絶望は、するなよ。」
ただ一言、そう言った。
敬斗はいきなり立ち上がって、言った。
「そうだよ!!玲!だって、俺…時貞に会わなかったら、燃やされてた。生き残れなかったんだ…。こんな凄いヤツに出会わせてくれたのは、デウス様だろ?」
そこで、敬斗は大きく息を吸った。
「デウス様は、化け物の俺さえ見捨てなかったんだぜ!!だから、生きてれば、良いことは必ずあるから!心配すんなよ?!なぁ!!」
敬斗は言いきった後、ぜぇ、ぜぇ、と呼吸を整えた。
「…………。」
玲はぽかんと、二人を見えない目で見上げていた。
だが、少しして、大きく頷いた。
「うん!!!」

ホトトギスが鳴いている。
だが、もうすぐ蝉の声に変わるのだろう。

89:桜:2015/05/16(土) 22:17 ID:.Ak

時貞も敬斗もやっぱりいい人だぁー

90:のん:2015/05/17(日) 15:02 ID:NSs

ありがとう!桜ちゃん!
桜ちゃんも頑張ってね!!

91:桜:2015/05/17(日) 15:10 ID:.Ak

ありがと!

92:のん:2015/05/17(日) 15:53 ID:NSs

十二
 玲が、時貞と敬斗に出会って一ヶ月が経った。少し暑くなり始めた。

 玲は今、いつも通り豆腐の配達をしている。次の家で最後だ。そして、その家は百合と瑠璃のいる家だ。
「よし。もう少しだね!」
玲は手の甲で、額の汗を拭った。

「こんにちは。百合さん、玲です。配達に来ました!」
玲が言うと、少しして百合が出てきた。
「れ…玲ちゃん……。」
百合の顔には、涙が浮かんでいた。
「百合さん?どうしたの?!」
玲が慌ててたずねると、百合は言った。
「瑠璃が…病にかかって、具合がひどく悪いの……!」
「………え?」
玲は、持っていた豆腐を落とした。
豆腐が潰れる音がした。

「はあっ…はあっ………」
玲が家の中に入ると、瑠璃は布団で横になり、苦しそうに息をしていた。
「…る、瑠璃ちゃん…!!!」
玲は急いで瑠璃の横に座った。
「れ、れい、姉ちゃん…?」
瑠璃は玲に気付くと、がくがくと片手をあげた。玲はその手を握った。
熱い。瑠璃の手は、赤くなっていた。
「れ…い姉ちゃん…、あついよ…くる…しいよ……。」
弱々しく、瑠璃が言う。
玲は、どうする事もできなかった。
その時、玲は有家の少年を思い出した。
『あ…熱い…よ…。体……が……。』
あの時も、玲は何もできなかったのだ。瑠璃が、このままでは死んでしまう。そう思った玲は、たまらず叫んだ。
「嫌だよ…死なないでよ、瑠璃ちゃん…!!!」

「お医者様にもみせたけど、何の病気か分からないって言われたの…。」
瑠璃が寝た後で、百合はうつ向いて言った。
「百合さん、と、隣町にいらっしゃるお医者様は…?!あの人は、何でも治してくださるって、有名じゃない…!!」
玲は思いついて再び叫んだ。だが、百合は暗い顔で言った。
「隣町までは…山が二つもあるから、急いでも三日もかかるの…。無理よ!その間、誰が瑠璃を…」
「わたしが瑠璃ちゃんの世話をする!!!だから…」
玲は立ち上がって言った。
「大丈夫!!!」
百合は玲を見上げた。
「玲ちゃん…?でも…」
玲はぶんぶんと、首を横に振った。
「いいの!!だから、百合さんは隣町のお医者様にお薬、貰ってきて!!!」
百合は、少しして言った。
「…本当にありがとう。玲ちゃん。分かった。私から八兵衛さんには言っておくわ。じゃあ…」
百合は、苦しそうに寝息をたてている瑠璃を一目見た。
「今すぐにでも、出かけましょう。」

その日の内に、百合は旅支度を急いですませた。八兵衛に頼むと、常連の頼みなので、仕方なしに八兵衛は頷いた。
そして、百合は夕方頃に出発する事になった。
「百合さん…。無事でいてね。」
百合は、最後に玲を向いて言った。
「瑠璃を…瑠璃を、よろしくね…。」
玲は大きく頷いた。
「うんっ!!!」

百合は隣町へと出発した。提灯の灯りがちらちらと揺れて、玲の握りしめたあの金属の板に反射した。

玲はしばらくして、瑠璃の元へと戻っていった。

93:桜:2015/05/17(日) 16:15 ID:.Ak

瑠璃ちゃん、大丈夫かな?めっちゃ心配だぁー

94:のん:2015/05/18(月) 22:38 ID:NSs

十二の続きー!

95:のん:2015/05/18(月) 23:19 ID:NSs

 百合と瑠璃の住む家は、豆腐屋がある町から少し離れた小さな丘の上にあった。その家の側には、大きな松の木が根を張っている。
「瑠璃ちゃん、ほら『お花』を摘んできたよ。」
玲はあの花畑までと、敬斗と時貞に言ってとってきてもらったのだ。
その時敬斗は心配そうな顔でたずねてきた。
「なぁ、なぁ、玲。大丈夫か?顔色がすっごく悪いぜ?」
「・・・・・・あのね。」
玲は全てを時貞と敬斗に話した。話している途中で、涙が出てきた。
「瑠璃ちゃんが・・・。瑠璃ちゃんが、死んじゃう・・」
最後に、玲は言った。時貞と敬斗は黙っていた。
「よし!!とってくる!なぁ、なぁ、時貞。いいだろ?ちょっと位稽古サボっても!」
しばらくして、敬斗は言った。時貞は答えた。
「私は、叱られたらお前のせいにするからな。分かった、玲。私達も協力する。だから泣くな。」
玲は、小さく頷いたのだ。

「ありがとう。れい姉ちゃん。」
瑠璃は震える手で花を受け取った。
瑠璃は父がいない。玲と同じく、瑠璃が生まれてすぐに他界したらしい。
「れい姉ちゃんは・・かなしくないの?」
瑠璃がたずねてきた。
「何が?」
玲が聞き返すと、瑠璃が言った。
「お目が見えないこと。」
「見えないことかぁ・・・」
玲は少し困ったように笑ってみせた。
「・・・かなしいよ。」
玲は答えた。そして続ける。
「でもね、わたしにはデウス様がいるから。いい子でいれば、神はいつでも見ていらっしゃいます。死ぬときは必ず、皆が待つパライソに行けるんだ。」
「ぱらいそ?」
瑠璃は不思議そうな顔で聞いた。
「キリシタンの天国のような所の事だよ。」
「てんごく・・・。」
そう呟いた後、なんだか嬉しそうな顔で瑠璃は言った。
「それじゃあ、れい姉ちゃんは絶対そこに行けるね!!」
玲は、見えない目で、瑠璃を見た。
「えへへ、ありがとう。瑠璃ちゃん。」

百合が出発して、三日目。
そろそろあっちについている頃だろうかと、玲は思った。

96:桜:2015/05/19(火) 07:07 ID:.Ak

瑠璃ちゃん、ホントに心配だぁ〜!百合さん、もうついたのか!じゃあ、あとちょっとだ!

97:のん:2015/05/19(火) 18:19 ID:NSs

ありがとう桜ちゃん!今続き!

98:のん:2015/05/19(火) 19:00 ID:NSs

 百合が出発して、五日が過ぎた。
「瑠璃ちゃん、頑張って!もう少しで百合さん帰ってくるからね。」
「はあっ…はあっ…はあっ…。」
瑠璃の容体は、少しずつ悪化していた。玲は、必死で神に祈り続けた。
「デウス様…瑠璃ちゃんを、お助けください。キリシタンではないけど、いい子なんです。どうか………。」
最近は時貞と敬斗も、玲を瑠璃の看護に専念させるためか、気を使って遊びに来なかった。

そんな日の事だ。
玲は、豆腐屋のある町まで瑠璃にあげるつもりの飴を買いに出ていた。その帰り。
「おい、小娘。」
五、六人の足音がした。玲は振り返った。
「………わたしですか。」
「忘れたか?我らは島原藩の武士だ。」
「…!!!!!!」
玲は固まった。
彼らは、敬斗の笛によって、しばらくは玲の側へは近寄れなかったはずではないのか。 玲は思った。
「な、何ですか………。」
島原藩の武士達は言った。
「何故か、しばらくお前の所へ近寄る気がしなかったのだ…。くそっ、あのガキの妖しい笛のせいか?!!」
武士達の一人が歯ぎしりをして玲を蹴った。
「………!!いっ!!」
玲は地面に倒れた。そして、見えない目で武士達を見上げる。
「お前達が我らにした罪は重い…。」
玲は覚悟した。武士の子の時貞と敬斗は殺される事はないだろう。しかし、自分はただの庶民だ。だが、武士達は言った。
「だが、お前達の代わりに…」
「………えっ?」
その武士は、続けた。
「お前が看病しているあの小娘を、殺す。」
「……………は?」
玲は一瞬、呆けたような顔になった。
が、武士達の言っている意味に気付くと、ぞっとして叫んだ。
「な…なんで?!!!あの子は…瑠璃ちゃんは、何も悪くないじゃないですか!!あなた方が悪いと言うのは、キリシタンだけなんでしょう?!!!」
玲は夢中で立ち上がろうとした。
「………?!!!いっ!!」
今度は、武士の一人にとても強い力で蹴り倒された。玲が倒れると、武士達はどっと笑い声をあげた。
「関係あろうが無かろうが、そんな事はどうでもよい。」
「じゃあ、なんで!!!?」
玲を、彼らは見下ろした。
「我らの気が、収まらないからさ。」
武士の一人が最後にそう言って、玲を蹴った。
「!!!ま、待て!!!!」
玲は叫んだ。だが、武士達は行ってしまった。瑠璃の所へ。
「そ…んな………。」
玲は、武士達の足音が遠ざかった方向を、見つめた。見つめて、散らばった飴を握った。

99:のん:2015/05/20(水) 20:28 ID:NSs

十三
 玲は、ただ、ただ、その場に座り込むばかりだ。手の中で、飴の紙がガサッと音をたてた。
「・・・・・・玲?」
二つの足音とともに、玲の背後、上から少年の声が聞こえた。
「・・・時貞?」
「なぁ、なぁ、しばらく来ないうちにどうしたんだよ、玲!道の真ん中に座ってさ!」
敬斗と時貞ではないか。
「敬斗。」
玲は、前を見つめたまま呟いた。敬斗は、玲の顔を覗き込んだ。
「うわっ!玲、血がでてんぞ!どうしたんだよ、なぁ!」
「玲。」
時貞は玲に言った。
「なにかあるのなら、私達に言えよ。」
玲は、涙にぬれた包帯をこすって振り向いた。
「・・・た、助けて・・あの子を・・・」
「あの子?」
敬斗は聞き返した。
「瑠璃ちゃん・・わたしが看病してるあの子・・。もう少しで、あの子のお母さんが薬を持ってきてくれるの!も、もう少しなの!!!」
玲の声は、最後のほうが、少しかすれていた。時貞と敬斗は黙っている。
「このままだと・・・し、死んじゃうよ!!!」
時貞はたずねた。
「何故?」
玲は吐き出すように言った。
「武士。島原藩の武士が・・・。」
そして、最後に言った。
「お願い・・・あの子を・・瑠璃ちゃんを、たすけて」
時貞は、ぽん、と玲の頭をやさしくたたいて言った。
「よく、守ってきたな。後は私達に任せよ。・・・敬斗!」
「何?」
「・・・戦いたいか?」
敬斗は、少し興奮したように答えた。
「ああ!!玲、後は俺らに任せな!!!」
玲は、少し慌てて言った。
「で、でも戦うなんて、無理だよ・・!だって、二人はまだ十一歳なんでしょう?!!」
「大丈夫さ!!!」
敬斗は叫んだ。
「俺達は、すっごく強いんだぜ?!」
そして、呆然とする玲に続けた。
「だってさ・・・俺達は、友達だろ?!なぁ!」
「敬斗、面は忘れるなよ?」
「おう!」
時貞は、玲を見た。
「玲、ここで、待っていろ。」
「え?」
敬斗は、玲に地面に落ちていたもうひとつの飴を握らせた。
「すぐ来るからな!なぁ、なぁ、時貞、行こうぜ!!」
「ああ。」

ただ、ただ、座るだけの玲を残し、時貞と敬斗は行ってしまった。瑠璃の所へ。

100:のん:2015/05/21(木) 18:49 ID:NSs

百いったー!!!
応援してくれた黒豹さん、桜ちゃんありがとうございます!!

という訳で、改めて登場人物紹介

101:のん:2015/05/21(木) 18:55 ID:NSs

益田時貞
 首から銀の十字架をさげたキリシタンの少年。武士の子。十一歳。髪は茶色だが、南蛮人ではない。姿は、戦国IXAのかんじ。←戦国IXAの時貞、超カッコいいからぜひ検索してみて!

聯柁敬斗
 キリシタンの少年。十一歳。武士の子。姿は、千と千尋のハクのような感じ。背中に妖しげな模様のはいった横笛を背負う。狐の面を頭の横につけている。

102:のん:2015/05/21(木) 23:24 ID:NSs

 島原藩の武士達は、談笑などをしながら瑠璃の家へと続く丘を進んでいた。
「これで、我らに刃向かえばどのような事になるか、キリシタン達に見せつけられようぞ。」
武士の一人が言った。
「有家のキリシタンの村は、我らの担当ではなかったからな…。」
「まぁ、今回の事で上様も少しご機嫌が良くなるだろう。」
「あの小娘はどんな顔をするかな。」
そこで、武士達はどっと笑った。
武士達が瑠璃の家の近く、あの松の木の所へ着いたときだ。
「こんにちは〜。」
「うおっ!!!?」
いきなり武士達の真上にあるから、すたっ、と少年が飛び降りてきた。しかし無様に転ぶ事もなく、片膝をついてすぐに立ち上がる。そして武士達の顔を見ては、にこっ、と笑った。
「…!!!?あっ!!お前は、あの時の笛吹きのガキか!!!」
しばらくして、我に返った武士の一人が叫んだ。
「そうさ!なぁ、なぁ、島原藩の暇人共、俺と遊ぼうよ!いいだろ?!なぁ!」
少年、敬斗は頷き、言った。
「くそが…このガキ、なめてくれる…。見たところお前は、貴族の子か?歌でもよんでればいいものを。」
「いいや!俺は、武士の子だよ!」
その答えに、武士達は少し驚いた。
「何だと?何家だ?」
敬斗は、少しいたずらっぽく笑った。
「うーん。ちょっと秘密。あんたらにはね!」
島原藩の武士達は、何か言おうとしたが、ふっと笑った。
「まぁ、よい。それが真であろうがなかろうが、非があるのは、お前達だ。我らが罰せられる事はなかろう…。」
そして、刀を抜いた。武士達は言った。
「可哀想だが、お前にはここで消えてもらう。短かったな。」
敬斗は少し興奮したように言った。
「お?何だ、俺と遊んでくれるのか?!いいのか?俺は強いぜ!!なぁ!!」
「覚悟!!!」
武士達は一斉に敬斗に突進してきた。
「じゃあ、俺も…楽しんじゃうよ?」
そして、敬斗は背中の横笛を筒から抜いて、構えた。

103:椎名:2015/05/22(金) 19:15 ID:bs6

>>のんs

小説読ませていただきましたぁ!!
なんていうかドキドキする小説でした!
玲もとても強い少女で幼いけど自分の意思をしっかり持ってて…キリシタンを貫き通して…カッコいいなと思いました!!

小説も、それぞれの登場人物が活きる書き方で読みやすいし面白かったです!!

はっ!!上からですいません!!
でも本当にほーんっとにすごいです!
私には絶対できないようなレベルの高い小説だと思います!!

これからも頑張ってください!!

104:のん:2015/05/22(金) 22:31 ID:NSs

椎名様
ありがとうございます!!私もこれからちょくちょくそちらに感想を書かせていただきます(`∀´〃)
これから、面白い歴史小説が書けるよう努力したいです(笑)
さてさて、今から更新します!

105:ゆうま◆gc:2015/05/22(金) 22:35 ID:Lig

俺が読みたかったのはこういうなんともいえない作品だぁぁぁぁのんsファンになりそうですね!!

106:のん:2015/05/22(金) 23:11 ID:NSs

「おっと」
武士達の刀を、敬斗は笛を構えたままひらりと避けた。武士達は少し驚いて言った。
「これを避けられるとは…やはり、お前はただのガキではないのか…。」
「まぁね!…ちょっと失礼!」
敬斗はにいっと笑って、あの高い松の木の枝にひょいと飛び乗った。
「?!!!!!!!」
人間ではとても飛び上がれないような高さの所へ飛び乗ったのだ。武士達は目を見開いて、言葉を失った。
武士達がぽかんとしている間に、敬斗は松の木の枝の上に立って、遠くを見つめた。
「なぁ、時貞…。今どっかで見えてるんだろ?じゃあさ、雑魚は俺に任せてよ。時貞は、例の準備を頼むぜ!」
「おい、卑怯だぞ!!降りてきて、正々堂々と勝負だ!!」
下から、武士達が叫んだ。
「はいはーい!今行くよ!でもその前に…」
敬斗は構えた笛を吹き始めた。
ピロリーフーフー、ピロリー……
「?!何だ?!今度は体が勝手に…!やめろ!この!!おい!!!」
武士達が躍り始めた。三回回って手を叩く。それは、彼らの意思と関係無く、敬斗が操っているのだ。
敬斗はたまらず、松の木の上から武士達を指さして大笑いをした。
「ははははははっ!!何て間抜け面だよ!!なぁ、時貞、見てるか?!なぁ?!」
しかしそのせいで、笛を止めてしまったのだ。
「…はあっ…はあ…。このガキめ…目にものを見せてくれる……。」
武士達はやや殺気のこもった目で、敬斗を見上げた。
「あ……」
敬斗は少し焦ってもう一度笛を構える。
ピー、フーフー……
「のるか!!!」
しかし、武士達はすぐさま両手でみみをふさいでしまった。
「あーあー…またやらかした…。」
敬斗は自分に呆れたように呟いた。
「よっと…!」
そして、一気に木の上から飛び下りる。武士達は、敬斗に刀を向けた。
「うーん…。ちょっと怖いけど、影丸で勝負だな!すっごく怖がらせて、コイツらが逃げれば問題ないさ!」
敬斗は独り言をぶつぶつと言った。そして決意したように腰の小刀、脇ざしを抜いて、体の前で構える。
「ふん…剣で、我らに勝てるはずもなかろうに…。ましてや、そんなちっぽけな脇ざしならな!」
「うん!!頑張るよ!!」
敬斗は、頭の横につけた、狐の面を顔の前に移動させた。
「面、装着!!よし!いくぜ!!!」

107:椎名:2015/05/22(金) 23:23 ID:bs6

>>のんs

なぁ〜!!!
そこで終わるってズルいですよ〜ww
めっちゃ続きが気になる〜!!

頑張ってください!!

108:のん:2015/05/22(金) 23:50 ID:NSs

うおっ、風呂上がりで!いきなり嬉しいです!!
いや、敬斗は個人的にも気に入っているキャラなので、ここで存分に暴れさせたいです!(笑)
裏切りと小さな光、更新楽しみにしてます!!

109:のん:2015/05/23(土) 18:10 ID:NSs

ゆうまさん、ありがとうございます!!
これからも頑張りますので、よろしくお願いしますね!!

110:のん:2015/05/23(土) 19:07 ID:NSs

十四
 島原藩の武士達は、訳が分からなそうな顔をした。
「…?このガキ、何のつもりだ?面など顔に着けたら、前が見えないはずだが………。」
武士達の一人が、少しかっ、となって言った。
「お前、さては我らを見くびっているのだろう!!!ただでさえお前の武器は脇差だというのにな!もういい、思い知らせてくれる!!!」
それが合図だったかのように、武士達は敬斗に刀をふりかぶった。
「よし!影丸、いくぜ!!!」
敬斗は、その場から武士達の背後へ、ばっ、と中返りをして避けた。
「……!!くそ!!!!」
武士達は後ろを振り返る。敬斗は、一人の武士まで一気に距離を詰めた。
「ぐっ……!!!」
武士は慌て脇差『影丸』を、刀の刀身で受け止めた。
「なぁ、なぁ、もっと、俺と遊ぼうよ!!!なぁ!!」
敬斗は今度は他の武士も狙って、そのような事を繰り返した。そして、武士達の攻撃は中返りで避ける。
「は、ははははははっ!!!なんだよ、あんたらつまんなくはないな!!」
敬斗は、狐の面の下、不気味に笑っていた。武士達は後退しながら、焦りの表情を浮かべた。
「こ、こいつ!!速すぎる!先ほどから、不気味な笛は吹くし…!!本当に人間なのか?!!!」
その言葉に反応して、敬斗はぴたりと動きを止めた。
「いいや…。俺はさ、化け物なんだ…。俺、は…もう嫌だ。」
狐の面の下で、悲しそうな顔。敬斗はそれっきり黙った。
「…?何だ?!こいつ…。」
武士達が恐る恐る近づいても、少しも動かない。
「…何だ?我らを恐れたのか?!…おい!!返事ぐらいしろ!!」
武士の一人が、敬斗の面を取ろうと手を振り上げた。
「うわっ!!」
武士が手を振り上げたのと、敬斗が我に返ったように、影丸を前につき出すのは同時だった。
「!!!………っ!!」
武士は、敬斗の面を顔から外し、手で持ったが、影丸の刃に手を少し斬ってしまったのだ。武士の手の甲から、赤い血がどくどくと溢れでる。
「おい、大丈夫か?!!」
慌てて数人の武士達が、その武士に駆け寄った。
「ああ、たいした事のない…擦り傷だ……。……っ!!」
しかし痛むのだろう。たまらず、武士は手から狐の面を落とした。
ガコン。
面の落ちた音がする。

敬斗は、黙ってその場に、立っていた。

111:のん:2015/05/24(日) 23:08 ID:NSs

 敬斗は手から、影丸を落とした。
その音で、武士達は敬斗の方を見た。
敬斗の体は、がくがくと震えている。
「…?本当に臆したのか…?」
武士がそう言った時。
「あなたたちは…ケホッ!!だれ?!」
不気味な静寂の中、少女のかすれた声が響きわたった。
声がしたのは、家の側。武士達はそちらを見上げた。瑠璃だ。長く休んで、体力が少し回復したのだ。またよろよろとしてはいるが、家の壁に片手をついてなんとか立っている。
「おい、あれは例の小娘ではないのか?」
「よせ!今はこのガキから目を離しては危険だ!!」
武士の一人が瑠璃を指さし、そう言ったが、他の武士に止められた。
「…コイツ、意識はあるのか?」
敬斗が何も言わず、ぴくりとも動かないので、武士の一人が恐る恐る敬斗の顔を覗きこんだ。
敬斗は、ただ一点を見つめ続けていた。その視線の先には、先程の手に怪我をした武士がいた。敬斗は、血が流れる彼の手の甲を、ただ、ただ見つめている。
敬斗は、大量の涙を流れてしているように武士には見えた。だが、よく見るとあれは涙ではない。血だ。大量の血が、敬斗の目から流れ出ているのだ。
「………ひ…ひいっ!!!」
思わずその武士は後ずさりをした。
「ああっ!!お、思い出したぞ!!!このガキは……!!」
突然、武士の一人は叫んだ。
「……何だというのだ……?」
仲間の武士がたずねる。彼は、続けた。
「れ…聯柁の鬼子じゃないか……」
「は?」
武士達が、訳の分からなそうな顔をしたので、その武士は震える声で言った。
「お前達も、その名を聞いた事くらいあるだろう。京の都近くに住み着く武士の家、聯柁家だ。妖しい笛を吹き、人間を意のままにさせる能力。並み外れた身体能力。これらを合わせ持ち、主にも重宝されていたのだが……。」
武士は一度、言葉をとぎらせた。
「全員キリシタンだった事。それと…不気味な噂が幾つもあったので、同じ主に仕える者同士嫉妬していた家臣数名に、家を燃やされたそうだ。」
別の武士が言った。
「鬼子…そうか!その後、唯一猛火をくぐり生き残った聯柁の末子。奴を仕留めにきた数名の武士を次々と殺したそうだな…。そ、その血を飲んだ…とか……。」
ぞっとして彼らは、一斉に敬斗を見た。

112:のん:2015/05/26(火) 00:54 ID:NSs

 敬斗は、大量の涙の様な血を目から流し続けていた。
「コイツ…目からち、血が!!」
敬斗の顔を覗きこんだ武士が、声をあげた。敬斗は、ただ武士の手の甲から流れる血を見つめていた。
が、次の瞬間。
「!!?ひ、ひいいぃっ!!?」
手に怪我をした武士が悲鳴をあげた。
「どうした?!!」
他の武士も、一斉にそちらを向く。
「!!!!?なっ!!!」
手に怪我をした武士が、地面に仰向けに倒されていた。武士を押さえつけているのは、敬斗ではないか。敬斗は、武士の額に自分の額を押しつけた。そして、怯えきったその目を合わせる。
敬斗が声を出した。
「血………血だ!!!…お前……の血を…俺……に……」
その開いた口からは、異様に尖った牙のような歯が見えた。大量の唾液と涙の様な血が混じりあい、武士の顔面に垂れた。
「ひ……ひいいいぃぃっ!!!」
周りの武士達は、あまりの出来事に声すら出す事ができないでいた。
その様子を見ていた瑠璃が、とうとう泣き出した。
「うあああああぁぁぁん…ケホッ!!」
敬斗は、突然その武士の顔面近くで吠えた。
「ガアアアアアアァァァッ!!!」
その吠え声は、人とは思えぬ、化け物の様なものだった。
ドサッ…ドサッ…ドサッ……
その吠え声の凄まじさに、その武士はもちろん、周りにいた武士達まで全員、次々と気を失った。
敬斗は押さえつけた武士の首筋に、不気味に笑った顔を近づけた。そして牙の様な歯で、噛みつこうと口を開ける。
「ああああああぁぁぁ!!おかあさぁぁん!!!」
辺りには、化け物の低いうなり声と、瑠璃の泣き声が響いていた。

113:のん:2015/05/27(水) 00:54 ID:NSs

十五
 玲は、『光』を夢でみた事がある。
それはとても明るく、あまりにも眩しくて、目をつぶっている内にその夢は覚めてしまった。玲の世界は、いつも通り真っ暗。真っ暗なのだった。
『光』は、夢でも一度しか見た事がない。
見えなくても、感じた事なら何度もある。百合や瑠璃、時貞、敬斗と一緒にいる時だ。玲の心には、はっきりとした『光』があった。
瑠璃は、玲の心を照らす『光』だったのだ。その瑠璃が今、玲のせいで島原藩の武士達に殺されようとしている。百合が必死の思いで、もうすぐ戻ってくるというのに。
時貞と敬斗は、瑠璃を助けに行ってしまった。確かに敬斗の実力は知ったが、まだ十一歳の子供が大人の武士達相手に勝てるはずがない。二人とも相手が全力で戦えば殺されるだろう。
それもこれも、玲のせいだ。
「…………。」
玲はよろよろと立ち上がった。
今から行けば、間に合うかもしれない。自分を殺せば、武士達の気が収まるかもしれない。そう思ったのだ。
玲はあの丘を目指して、駆けだした。

「うああああああぁぁん!!おかあさぁぁん!!!」
瑠璃は泣き叫んだ。敬斗の目は、黒から赤へと変化していた。敬斗は牙で武士の首筋に噛みつこうと口を開けた。
「はぁっ、はあっ、はあっ…!!」
丘を、風の様な速さで走ってこちらに来る少年が一人。頭の後ろ、下で縛った珍しい茶色の髪を揺らしながら、敬斗の所へ向かっている。
「…!?ガアアアアァァッ!!」
それに気付いた敬斗は、獲物を横取りされるのを警戒する様に時貞に吠えた。空気がビリッとうなる。だが時貞は少しも反応せず、ただ敬斗の近くまで走ってきた。
「……こ、のっっ!!!」
そしてしゃがんでいる敬斗の頭に、強烈な飛び蹴りをくらわした。
「!!!ガアァッ!!!」
敬斗の首の骨が、鈍い音をたてて折れた。敬斗は倒れた。そのままぴくりとも動かなくなった。とたん、瑠璃が泣き止んだ。
「……ふぅっ」
時貞は呼吸を整えながら、少し離れた所にいる瑠璃を見た。
「…大丈夫か?」
そして、にっこりと笑ってみせた。
「……うん。ケホッ、ケホッ!!お兄ちゃん。ケホッ!!ありがとう。」
瑠璃は咳き込んだが、なんとか言った。そして、もう一言。
「……でも、そっちの化け物お兄ちゃんが、首の骨が折れたの。死んじゃったのかな?」
「いや、コイツは大丈夫だ。」
ぴくりとも動かない敬斗を見下ろしてそう答えた時貞は、少し悲しそうに聞いた。
「敬斗は…やはり、化け物かい?」
「え?」
瑠璃が言った時だ。
「…ウエッ!!ゲホッ、…ゲホッ!!」
敬斗がむせりながら起き上がった。
「ひっ!!!」
瑠璃が、怯えて時貞の後ろに隠れた。
敬斗は、まず時貞を見た。

114:のん:2015/05/28(木) 22:45 ID:NSs

テストなので、明日から再開しますね
('∀'〃)

115:のん:2015/05/29(金) 22:24 ID:NSs

今から書きます。

116:のん:2015/05/30(土) 14:00 ID:NSs

ごめんなさい、昨日時間無くて!
今日の内に本当に書きます!今まで毎日更新てたのに〜(´^`〃)

117:のん:2015/05/30(土) 18:13 ID:NSs

あれ、全部消えてる?!!!

118:のん:2015/05/30(土) 19:02 ID:NSs

 見れば、首の骨が折れた様子などない。
敬斗は時貞を、むせりながら、訳が分からないという顔で見た。
「ゲホッ!…?時貞?…何で、俺…はここにい…る…の…?」
時貞は、言った。
「これだから、お前一人に任せるのは不安だなのだ。…。」
敬斗は、気持ちを落ち着かせるように辺りを見回す。
「思い出したか?」
時貞がたずねた。それと同時に気絶して転がっている島原藩の武士達に気付くと、敬斗の顔は一気に蒼白になった。敬斗は叫んだ。
「!!!そんな!もしかして…俺…は…また?!!」
時貞が何か言うより早く、敬斗は頭をかかえてしゃがみこんだ。その脳裏に様々な声がよみがえる。

ある声が言った。
『いいか?敬斗。我ら聯柁家は、”化け物なのだ。こころして聞けよ。』
別の声は喋る。
『血だけは、見てはいけぬぞ。』
それからは、一言ずつ違う声が聞こえた。
『鬼笛、か。人とはなんとも単純なものだ。あの事に気付いたのは、この世に聯柁家が一つ。』
『ここ、までか。 』
『お前だけは生きろよ。』
『これ…で、パライソ…に……』
『敬斗…あ、兄…か…らの、最後…の頼…み……だ……』
『探せ探せ!!聯柁の鬼子を探せ!!』
『…ひっ!!…ば、化け物!!』
『都を騒がす悪党め!!俺が討ち取ってくれる!!』
『地獄へ落ちろ。』
『血は、うまいか?』
そこで、脳裏の敬斗は絶叫した。
『ガアアアアアアアアアァァァッ!!』

「にいさまは…?に…い…さま…が…い…ないよ…」
うわ言のように呟く敬斗に、時貞は怒鳴って聞かせた。
「敬斗!!!落ち着け!!それは、ずっと昔の話だ!お前の兄は、死んだのだろう?!」
敬斗は頭をおさえたままだ。
「…にいさまは、死んだのか………そうか……」
時貞は続けた。
「大丈夫だ。その武士達は、死んではいない。」
「…え?」
ふり向いた敬斗に、時貞は繰り返した。
「大丈夫だ。」
「……俺は…化け物なんだ…」
敬斗は悲しそうに呟いて、涙のような血のあとを腕でごしごしと擦る。そして顔をあげると、瑠璃に気付いて、瑠璃と時貞ににこっ、と笑ってみせた。
「ありがとう」
敬斗は、嬉しそうに言った。

119:のん:2015/05/31(日) 18:44 ID:NSs

「うえぇぇぇぇぇぇ…ん!」
突然瑠璃が泣き出した。どうしたのかと時貞が訊ねると、瑠璃は言った。
「うぅっ…ひっく、化け物のお兄ちゃんが笑ったー…怖いよぉ…うえぇぇぇん!!」
敬斗は慌てて言った。
「えぇっ?!あ、あっ!!ごめんな、泣かないでよ!!…あっ、そうだ!!」
敬斗は、何か思いついた様な顔をして、瑠璃に言った。
「なぁ、なぁ、悪かったよ!謝るからさ、聴いてくれない?」
敬斗は、横笛を構えて吹き始めた。
フー、フー、ピーピー…
するとどうだろう。明るい笛の節と共に、辺りには綺麗なすみれなどの花達がたくさん咲き出した。もう季節が終わったはずのホトトギスまで鳴き始めた。そのさえずりで、瑠璃は顔をあげた。
「わあぁ!」
瑠璃は花達に気付くと、泣き止んで歓喜の声を小さくもらした。
敬斗はそこで吹くのを止めた。
「…あ、ああよかった!」
敬斗はほっとした様に言った。敬斗を振り向いた瑠璃は、笑顔になった。
「すごいなぁ…!やっぱりお兄ちゃんは化け物じゃあなかったよ!こんなすごい事ができるなんて!」
瑠璃はそう言って、目を閉じ歌い出した。
「す〜み〜れ〜、地にさけば〜春が〜くる〜。富〜岡、城下に、ひ〜ばり、鳴くー…」
時貞は瑠璃に言った。
「咳は、大丈夫かい?」
瑠璃は歌を止めて、時貞を見る。
「あれー?おかしいな、さっきまでとっても体が熱かったのに!!」
瑠璃は不思議そうに首をかしげる。だが、すみれを見つめながら言った。
「まぁ、いいや!!茶色のお兄ちゃん、助けてくれて、ありがとうございました!!」
時貞はうん、と頷いて笑った。そして敬斗を向く。
「では敬斗。さっき見たお前の事、私達の事、玲やこの子の事。それらをこの者達の記憶から消すぞ。」
「うん!…ごめんね、時貞も。」
時貞はのびている島原藩の武士達に歩みよった。そして片手を彼らに向けてあげる。
「主よ。私にお力を与えたもうて。Eli…」
そのあと時貞は目を閉じ、何かを呟いて祈る様な仕草をする。
しばらくして、時貞は言った。
「………。よし。もういい。敬斗、頼む。」
「ああ!」
敬斗は再び横笛を吹き始めた。
ピロリロリー!ピー!!
音の強い節だ。
「うっ…ううーん?……」
武士達がうめきながら起き上がり出した。そして、時貞と敬斗、瑠璃に気付く。
「あ…れ?俺は何を…?」
武士達は呆けた様な顔で、周りを見回した。時貞は静かに言った。
「そなた達に、少し見せてやらなければいけない事がある。」
その声に、武士達は皆時貞を向いた。敬斗は横笛を吹くのを止めた。にいっと笑って時貞に言う。
「なぁ時貞!例のアレを頼むよ!!」
時貞は頷き、呆然とする武士達に向けて、大きく両手を真横に広げた。そして叫ぶ。
「くらえよ!!!轟震天!!!」
時貞の頭上に、とてつもなく大きな水の玉が、荒れ狂う稲妻と共に浮かんだ。
「…う、…ああっ?!!!!」
武士達は完全に腰を抜かして、その場にへたりこんでいる。瑠璃は大きく目を見開いた。時貞は武士達に、にこっ、と笑って、一言。
「punish.」
稲妻と、巨大な水の玉がゆらりと揺れる。武士達は絶叫した。
「うああああああぁぁぁ………っ!!!」
ドッゴーンッ!!!!!!!
次の瞬間、大量の水と稲妻が轟音と共に、武士達に降り注いだ。

120:のん:2015/06/01(月) 23:05 ID:NSs

十六
 「ぐ…あ、あ…ああっ……」
武士達は、その直撃を受けてひっくり返っていた。中には再び気絶している者もいる。時貞はその様子を見下ろしていた。敬斗はといえば、黙って肩を震わせている。瑠璃は、雷が落ちた辺りの砂に興味がいったようで、そこをぺたぺたと小さな手でたたいていた。
少しして、時貞は静かに言った。
「………去れ。」
その声に、武士達は我に返って後ずさりした。恐れの表情で時貞を見上げる。
「……ひ、ひぃぃっ…!!」
なんとか起き上がれる武士達がいた。そして、どこにそんな余力があったのかという力で、気絶している武士達を背負うと、一目散にその場から逃げ出していってしまった。
「…くっ。は、ははははははっ!!」
武士達が見えなくなると、急に敬斗はこらえていたのか、けたけたと笑い出した。
「なぁ、なぁ、見たかよ?アイツらの怯え様!!あれは見ものだぜ!!」
時貞は少し呆れ気味に言った。
「誰かのせいでうまくいくか不安だったけどな。」
敬斗は、またにいっと笑う。
「まぁ、うまくいったから問題ないさ!!なぁ、なぁ、時貞!!」
そう言って、時貞に片手をつき出してきた。
「………まったく。」
時貞は、ぱしっ、とその手を片手で叩いた。

丘を、音を頼りにかけ上がってくる。首からは木の十字架をさげ、顔の上半分には目隠しのような包帯を巻き付けて、結び目がうなじから二本に別れている。キリシタンの少女が一人、玲であった。

121:のん:2015/06/02(火) 23:54 ID:NSs

 音を頼りに丘をかけ上がる途中、数人の丘を下る足音と声が玲には聞こえた。
「だ、だ、誰か、助けてくれぇぇぇ!!!」
その声は、島原藩の武士のものではないか。
「!?」
咄嗟に玲は警戒したが、武士達は玲になど目もくれず、一目散に丘を下って行ってしまった。
「・・・あれ?」
玲は立ち止まって首を傾げたが、それどころではないと思い直して丘を登っていった。

「はあっ、はぁっ、はぁっ・・・・・・」
玲は丘を登りきり、今はあの松の木より少し離れた所に立っている。荒い呼吸を整えていると、幼い子の声が聞こえた。
「・・・れい姉ちゃん?」
「!?えっ?」
ばっと顔を上げて、玲はその声が聞こえた辺りに走った。
「お!玲、来たのか!」
少年の声がした。敬斗ではないか。
「敬斗!る、瑠璃ちゃんは?!」
気持ちばかりが焦って、玲は気が気ではない。もう一人の少年の声が答えた。
「玲。この子の事か?無事だよ、大丈夫。」
時貞の声だ。
ぽん、と瑠璃が玲の腰に抱きついた。
「れい姉ちゃん・・・怖かったよー!」
玲は聞いた。
「瑠璃ちゃん?怪我は?具合は?」
瑠璃は元気良く答えた。
「うーんとね!どこも痛くないよ!体は、茶色のお兄ちゃんが来てからは苦しくも熱くもなくなったの!何でかなー?」
玲はへなへなとその場に膝をついて、声を漏らした。
「・・・よ・・良かったぁ〜・・・。」
玲は安堵のあまり、涙がこぼれてきたのを感じた。
「あはは!玲は泣き虫なんだな!」
敬斗が言った。玲は少し笑って訊ねた。
「時貞と敬斗が、瑠璃ちゃんを守ってくれたの・・・?」
敬斗が、少し誇らしげにうなずいた。
「そうさ!」
時貞が、瑠璃に言った。
「お前は瑠璃というのだな。玲が、この事を私達に教えてくれたんだよ。だから、お前は玲にお礼を言わなくてはいけないよ。」
瑠璃は笑顔で言った。
「そっか!れい姉ちゃん、いつもるりを守ってくれてありがとうございます!どんなにひどい事をされても、ずっと笑顔なれい姉ちゃんが、るりはだーい好き!!!」
玲は、見えない目で、瑠璃を見つめた。そして、涙で濡れた包帯を擦って言った。
「時貞も、敬斗も、瑠璃ちゃんも、百合さんも・・・本当にありがとう。」
そして、少し照れくさそうな笑顔で付け加える。
「・・・わたしの、光。」

122:のん:2015/06/03(水) 23:15 ID:NSs

「お前の母様が帰ってくるのだろう?心配するといけないから、お前はもう家にお入り。」
時貞が、瑠璃に言った。
「うん!…お兄ちゃん達。また、るりの所にきてくれますか?」
瑠璃は、時貞と敬斗に聞いた。
「もちろんさ!なぁ、時貞?!」
「ああ。」
敬斗が嬉しそうに答え、時貞も頷いた。瑠璃がぱあっと笑顔になる。
「じゃあね!」
瑠璃は家の中に入っていった。

「なぁ、なぁ、時貞。お前あの子の病気を治してやったんだろ?」
敬斗が時貞にたずねた。
「…さあな。」
時貞は少し笑って答えた。
「玲ももう帰れ。」
時貞が玲に言った。玲は我に返った様にうなずく。
「あ、うん。」
そして、最後に時貞と敬斗に深々と頭を下げた。
「時貞、敬斗。本当に、本当に、瑠璃ちゃんを守ってくれてありがとう!このご恩は一生忘れません!」
敬斗は慌てて言った。
「そんな!俺は、足引っ張ったんだよ?時貞さ!」
「敬斗も、玲のために一生懸命戦ったさ。私は、少し助けてやっただけだ。」
玲は、顔をあげて笑った。そしてもう一度繰り返した。
「ありがとう!」
時貞と敬斗は顔を見合わせて、お互いに頷いた。
「玲。」
時貞は、戻ろうとしていた玲に話しかけた。
「ん?」
玲は振り向く。時貞は続けた。
「明日、『花畑』へおいで。」

123:のん:2015/06/04(木) 23:00 ID:NSs

十七
 瑠璃が、時貞と敬斗、玲に命を助けてもらった日の夕方。
すっかり元気になった瑠璃は、母の帰りを待っていた。最初は正座だったが、待ちくたびれて壁に寄りかかる。
少しうとうとし始めた頃、戸口から人の足音が聞こえた。
「はあっ、はあっ、はあっ……る、瑠璃っ!!!」
ほとんど怒鳴る様な瑠璃への呼びかけと共に、母の百合が息を荒くして家へ飛びこんできた。
「……?あ、おかあさん!!」
瑠璃は目をこすりながらむっくりと姿勢を正した。百合はたずねた。
「瑠璃、具合は?!!!」
瑠璃が呑気に答える。
「うーん、少しも悪くないの。」
「大丈夫、今薬を飲ませてあげ……」
と、百合は言いかけて、百合は言葉をと切らせる。そして、瑠璃に抱きついた。
「うあわっ、お母さんどうしたの?!」
瑠璃が驚いて叫んだ。百合は涙を流しながら聞いた。
「瑠璃?本当に大丈夫なの?!!」
「う、うん!」
百合は瑠璃の頭を何回も撫でた。
「よかったぁぁぁ〜……本当に……」
目が覚めた瑠璃は、思い出した様に一気にまくしたてた。
「あのね、茶色い髪の毛のお兄ちゃんと、笛吹きのお兄ちゃんが、よくわからないけどるりを助けてくれたの!悪いおさむらい様達から!あと、玲姉ちゃんも!!」
まだ意味を全く飲み込めていない百合は、とりあえず黙って続きを待つ。
「お兄ちゃん達、すっごく強かったよ!あ、その茶色のお兄ちゃんが来たらね、るりの具合もよくなったの!!なんでかなぁ?」
その後、百合が訊ねた。
「……玲…ちゃん?玲ちゃんは?!」
「帰っちゃったよ。」
百合はゆっくりと瑠璃を離した。
「…そう。後でお礼を言わなきゃね。」
「うん!!るりは言いました!お兄ちゃん達、また来てくれるって!!」
瑠璃は嬉しそうに言った。百合が笑って、再び瑠璃を撫でた。
「ふふ、そう。私はそのお兄さん達にもお礼を言うわ。瑠璃はいい子ね。生きててくれて、ありがとう。」

ホトトギスはいつの間にか鳴き止み、やかましい蝉の声にかわっていた。

124:うら◆zE:2015/06/05(金) 17:46 ID:BMg

Akiさんからの伝言です

549:櫻子:2015/06/05(金) 17:44 ID:/Ow
小説板に、のんちゃんがやってるスレがあるからそこに桜の専スレ見てって、書いてくれる?

=専スレ見て、との事です

125:のん:2015/06/05(金) 23:39 ID:NSs

 そして玲は、豆腐屋に戻った。六日間ほど、玲は瑠璃の家に居た。そのためここへ戻ったのは、実に六日間ぶりだ。また八兵衛に暴力を振るわれ、迫害される日々が始まるのかと思うと、豆腐屋の戸を開けるのは、玲にとって気が重い事であった。戸を開けようとしていた玲の手が一瞬止まる。が、今日瑠璃が見せたあの笑顔と言葉が、どうしても玲には忘れられなかった。
『ずっと笑顔な玲姉ちゃんが、るりはだーいすき!!』
玲は、笑顔で上を、見えない目で見上げた。そして、戸を開ける。戸は、がらがらと音をたてて開いた。
「ただいま戻りました。玲です。」
恐る恐る顔を覗かせる。
「ん?ああ、玲。戻ってこれたのか。大丈夫だったかい?」
八兵衛が、座敷に座って何かを大切そうに握っていた。金に光っている。あれは、小判ではないか。一枚の小判が、八兵衛の手に握られていた。
「はい。……八兵衛さん、それは?」
玲がたずねると、八兵衛は得意気に説明し始めた。
どうやら、この店の客で、知り合いに武士がいて、ここの豆腐が評判だからこれから調達に来るというのだ。
そのため、八兵衛はその日、一日中上機嫌だった。

こうして、玲は再び元の生活に戻るのだった。

126:のん:2015/06/06(土) 15:28 ID:NSs

『明日、お花畑においで。』
ふと、そんな言葉が玲の頭に浮かんだ。そういえば、昨日時貞から言われた気がする。
玲は今、配達の途中。これから百合の家に向かうところだった。そこで最後だ。
季節はもう本格的に夏に移り変わろうとしているのだろうか。蝉の声がやかましい。玲は、額の汗を手の甲で拭った。
「・・・・・・。」
しばらく無言で突っ立って、玲は何か考えていた。が、何かにどんっと、ぶつかった。
「いたっ!・・ちっ、この盲目が!危ねぇじゃねえか!!道の真ん中に立ちやがって!!」
知らない男の罵声が聞こえ、我に返って玲は百合の家へと駆け出した。

「こんにちは!玲です!配達に来ました!」
小高い丘の上、松の木の側。百合と瑠璃の家の戸口に立って、玲は呼びかけた。
「はーい!」
すぐに、百合が出てきた。玲に、入って、と促す。
「あの・・・瑠璃ちゃんの具合は・・・?」
玲が訊ねると、いきなり瑠璃が玲に抱きついてきた。
「れい姉ちゃん!!」
「わ、わぁっ?!瑠璃ちゃん?!」
玲は、豆腐を落としそうになった。百合が笑顔で言った。
「玲ちゃん。瑠璃を助けてくれたのね。」
「えっ?」
玲が瑠璃の頭を撫でながら首をかしげると、百合は、瑠璃から聞いたの、と答えた。
「そ、そんな・・。わたしは、ただ看病していただけですよ・・・」
少し照れながら言って、玲はぶんぶんと首を振った。
「いいえ。玲ちゃんは、私達の恩人よ。本当にありがとう。」
百合は、『悪いおさむらい様達』とは何の事か、とか、そういう余計な事は一切尋ねずにただ笑った。そして、代わりに玲に言う。
「玲ちゃん。これからも、私達の家に来て、瑠璃にかまってやってくれるかしら?」
玲は、瑠璃を見た。そして百合を振り返り、嬉しそうに大きく頷いた。
「うんっ!!もちろん!!」

玲は、百合と瑠璃の家を後にした。もうやる事も無い。豆腐屋に戻っても、八兵衛は今日来ている武士のご機嫌取りに大忙しだろう。
それならば、『花畑』にでも行ってみようか。

玲は、『花畑』へと続く道を歩いて行った。

127:のん:2015/06/07(日) 20:14 ID:NSs

<Eli,Eli, you are our god.>
 玲は今、花畑に立っていた。つい先程着いたのだ。じっと耳を澄ませば、ざあっ、と風が耳元を吹き抜けていったのを感じた。顔の上半分に巻いた、包帯のうなじから垂らした二本の長い余りが、風で少し上に舞い上がる。今ここには、たくさんの花達が咲いているのだろうか。玲が、そんなふうに考えていた時。
「玲。」
誰かが自分を呼ぶ声が聞こえた。玲はその声が聞こえた自分の後ろを振り向いた。
「あっ、丁度いたのか!なぁ、なぁ、すごい偶然だな!」
別の声がした。それらの声の主達は、なんと時貞と敬斗ではないか。待ち合わせる時間など、決めてはいなかったのに、二人はそこにいた。
「時貞。敬斗。」
玲は口を開いた。時貞は玲に訊ねた。
「瑠璃は、あの後だいじはなかったかい?」
玲が頷いて、もう一度二人に感謝の言葉を伝えた。敬斗が、玲に話しかけた。
「なぁ、なぁ、玲。時貞が、すっごく嬉しいものを、お前にくれるんだって!!」
「・・・え?」
玲は首を傾げた。
「玲、こちらへおいで。」
玲はよく分からずに、時貞の声がする方へ歩いてきた。
「・・・ちょっと失礼。」
「わっ?!」
時貞は、玲の顔上半分、包帯を巻き付けたその見えない目を、両方の手のひらで、そっとふれた。
「Eli,Eli,・・・」
しばらく何かをぶつぶつと呟いた後、時貞は手を離した。敬斗は、玲に言った。
「なぁ、なぁ、玲!その包帯を外してみろよ!!」
「包帯?」
意味が分からずに、玲は、包帯の結び目をほどいた。
「・・・っ?!」
急に、眩しくなった気がする。思わず玲は包帯を落として目をふさいだ。時貞は、やさしく玲に言う。
「そっと目を開けてごらん。」
玲は、手をずらして、生まれてから一度も開けたことの無かった目を、恐る恐る開けた。
「・・・・わ、わあっ・・・」
明るかった。全てに『光』がある世界が、そこには広がっていた。
「・・・これ・・・は?また、夢なのですか?」
玲は誰にともなくたずねた。
「いいや。」
時貞が答える。玲は時貞を見た。
「あなたは・・・時貞?これが・・人間なの?」
「そうさ!」
敬斗が答える。
「敬斗・・・。本当に、時貞はデウス様の御子だったの。確かに、とってもカッコいい顔!でも、敬斗だってとってもカッコいいよ!ありがとう。本当に・・ありがとう。」
「えっ!?いや・・・ほら、玲!とりあえず自分を見てみな!」
敬斗は照れ隠しのように、持っていた手鏡を玲に突き出した。玲は、そっとそれを見つめる。
「・・・これが、わたし・・・。」
時貞が、玲に言った。
「お前は、ずっと耐えてきたね。大丈夫。もう、暗くはないよ。」
玲の目から、涙が溢れ出た。
「・・・ああ、こんなにも、空って青かったんだ。青って、綺麗。人って・・こんなにも、温かいものだったなんて・・・・」
上を、澄み渡った青空を見上げて、玲は呟いた。そして、そっと十字架を握って一言。
「デウス様・・・・わたしを、救ってくださって、本当に、ありがとうございます・・・。」

<Eli,Eli,I am believe in you. Thank you, our god.>


書き込む 最新10 サイトマップ