オリキャラで小説かいてみる

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:Daikiti:2015/04/29(水) 22:37 ID:Iyg

注意
荒しなし
学園バトルです
主人公書いておきます
羅錠政熙 らじょうまさよし です
高校一年の帰宅部です

2:Daikiti:2015/04/29(水) 23:16 ID:Iyg

「はぁ」
少年は溜め息をつく
「空から美少女とか降ってこないかなぁ………なんちゃって」
少年はチラっと空を見る………勿論何もない
「はぁ」
少年は溜め息をつく
「どうして溜め息をついているんですか?」
「どうしたもこうしたも無いよ〜、周りの奴等は皆彼女居んのに俺みたいやスーパーイケメンに彼女が居ないってどういうことだ!」
少年はそこまで言って気がつく『俺』は『誰』しゃべってんだ?
そこまで気がつき顔が青ざめる
『はぁ!?幽霊!?んな訳ないだろ!だ、だ、第一、幽霊なんているわけないし!?、はっそうか!俺は幻覚を見てるんだ」
「あの〜声にでてますよ」
少女のアホ毛がピコピコ動く
「…………うん………………なんでもない!」ニコッ
少年はなんとか笑って見せた
「顔が引き釣ってますよ」
「てかお前誰だよ!?」
「はぁ、日本人たるもの、自分から名乗るのが普通ですよ」
「あ、あぁごめん、俺は羅錠政熙だ政熙って呼んでくれ!、で、お前は?」
「良く出来ました政熙ちゃん!私は…真城陽火 ましろようか ようちゃん!って呼んでね!」
政熙は思う『あれ?このこ最初からこんなんだっけ?』と
羅錠「てかなんでお前こんな所に居んの?近くでは見かけない顔だけど」
真城「あぁ私転校生なんだ、明日から通うからこの周辺をブラブラしてたんだ」
羅錠「ふーん、ま、よろしくな!…ところでお前家何処なんだよもう遅いし家に送ってくよ」
時計は8時28分を指している
真城「よし、じゃあ送って貰おうかな」
なんやかんやで十分後
真城「あっりがっとねっ!」
羅錠「おういいって事よ!」
真城「じゃあバイバイ!」
羅錠「おう!じゃあ明日」


「いまの子名はなんという」
真城「羅錠政熙くん!」
真城父「何?、羅錠?」
真城「うんそうだよ!」 
真城父「…………そうか」
真城の父に、羅錠の名を教えるのは、危険という事をまだ陽火は知なかった


という事で終わります!次は早速バトルですね!楽しみにしておいて下さい!


書き込む 最新10 サイトマップ