俺が好きな色。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:小金井要:2015/05/10(日) 18:03 ID:.Ho

ほんの少しだけ、昔話をしましょう。


ある所に、男の子が1人居ました。
その子には、何も才能がありませんでした。
縄跳び、ドッヂボール、一輪車。
何をやってもうまくいかないその子は、いつも皆に馬鹿にされていました。
悔しくて悔しくて、何か自分にも、いえ、自分だけに出来る何かを探しました。


そんなある日、学校で買っていた鶏が何者かにに殺されました。
その死体を見つけたのが、何をやってもうまくいかない、その子だったのです。
臓物が飛び散り、地面に溜まっていた血はまるで、雨の日の水溜りの様でした。

その血は黒くも見えるほどに濃い色で、そこらじゅうを染めています。
その光景を見て、泣き叫ぶ物もいれば、吐く者もいました。
「一体誰が」「赤い」と、大の大人が動揺する中、その子は特に何もしてません。
ただただ、その光景を見ていたのです。


そしてその子は、生まれて初めて美しいというものを知りました。

2:小金井要:2015/05/10(日) 18:12 ID:.Ho

「おい、しゅう!エコバッグ何色選択した?」

友達に投げかけられた質問に、男の子は答える。

「赤」


一瞬で言ったその言葉。質問に即答します。なぜならそれは、赤が好きだからです。
その子の名前は、愁太郎。よく、しゅうと呼ばれます。

「お前、赤ばっかだよな」

「赤、好きだからな」

「ふーん。いつくらい?」

「小学……2年位の時からかな」

「あー、あの鶏が殺された時ぐらい?」

「そんな事もあったな」


少しの昔話を終えると、すぐに友達は自分の席に座りました。
友達の少ないその子に出来た、たった1人の友達が、その友達です。
その友達の名前は、明。しゅうも皆も、あきらと呼びます。

ですが、あきらさえも、しゅうが何故赤を好きなのか知りません。
その事を知っているのは、1人の女の子だけなのです。

3:小金井要:2015/05/10(日) 18:21 ID:.Ho

「その子」は、よくいじめられていました。
友達もいない、特技もない。ドッヂボールをやれば、その子が入ったチームが負けてしまう。

だからよく、1人で遊ぶ皆の姿を見ていました。
本格的ないじめではありませんでしたが、1人でその様子を見るのは、幼い少年に少なからず傷を与えていました。


その日も、川沿いにある広場でドッヂーボールや鬼ごっこをして遊ぶ子供たちを、『誘ってくれないかなぁ』という期待をこめて、土手に座り込み眺めていました。


ボーッとして、「今日も1人かぁ」なんて呟いた時に、背中の方から声が掛けられました。

「そこの男!」


バッと顔をあげて、期待に胸を高鳴らせて後ろを振り返ると。
赤い、ヒーローのお面を付けた、女の子が立っていました。

4:匿名:2015/05/10(日) 23:37 ID:.Ho

「あきら、お前って家東の方だったよな」

「ん?おう」

「お前の家の近く、殺人事件あっただろ。ニュースでやってた」

「わざわざ言わなくても知ってるよ。学校中、その話題でいっぱい」

「あっそ。気を付けろよ」

「わかってるって」


あきらとしか日常会話を話さないしゅうは、学校での話題など何もしらない。
だが、しゅう以外にも友達が沢山いるあきらが、その話題をしゅうに話さない事に疑問を覚えた。


「俺、結構強いんだぞ?」

そういいながら、腕を折り曲げて力こぶを作るあきらの姿が間抜けで、しゅうは普段見せない笑顔を見せた。


「でも、あきらは泣き虫なイメージ」

「なんでだよ」

「……なんでだろ」


そんな事を喋っていると、授業開始前の警告の様なものである予鈴が鳴った。
急いで座ると、いつも通りの景色が目に映る。

そういえば、俺から喋りかけるの久しぶりな気がする。
そんな事を考えて、ふいにあきらの方を見た。


どこに居るのは、いつものあきら。
なんとなく、昔のあきらに重なるものがあった。

5:匿名:2015/05/11(月) 05:43 ID:.Ho

「何故少年は1人で座って、遊ぶのを見ている!」

「……友達、居ないから」


そういいながら、その子は泣きだしました。
お面の女の子も、少なからず動揺したでしょう。
誰だって、人が泣くのを見ることは嫌いです。


「孤独な少年よ、私が友達になってやろう」


そう、少女が語りかけました。
お面で見えないその顔が、笑っている事を少年は感じました。


「……本当?」

「あぁ、そうさ」

「じゃあ、僕の初めての友達だ」

「そうか、じゃあ、何して遊びたい」

「鬼ごっこ!」


このとき、その子に友達という存在ができました。
涙を流していた男の子の涙もすっかり枯れて、日が暮れるまで遊びました。
鬼ごっこを2人で、という行為も、なかなか難しいものでしたが。


1人で出来ない事を、精一杯遊び倒したのです。

6:小金井要:2015/05/12(火) 19:01 ID:eDE

「しゅう、お前今日一緒に帰ろうぜ」

「あ、うん。帰ろうか」

あきらがしゅうを誘うのは、とても珍しい事だった。
いつも、他の友達と帰っているあきらがしゅうと帰るのは、いつも何かがある時です。

しゅうは、その事に気付いている。


「……お前、殺人事件怖いの?」

「あ?何言ってんだ、怖くねぇよ」

「そう見えないけどね」


何事もなく、ただ普通に帰り道を歩いていた時。

急に、「あきら?」という声が聞こえてきた。


書き込む 最新10 サイトマップ