妖日和~番外編~

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:妖狐◆BU:2015/05/22(金) 17:43 ID:gGw

妖日和を書いてるものです。

こちらの方は、妖日和の話と繋がりのない日常話をこっちで書こうと思います

※要素説明&注意書き&ルール
・女性向け
・美形擬人化妖怪
・美青年、美少年、ショタ
・BLではないですか、腐向け要素あり(人によればそう見えない人もいれば、見える人もいる)
・アンチ、悪口などはなしです
・荒らしもダメです
・キャラや世界観の細かい説明は「妖日和」の方を読んで下さい
いいでしょうか?

それでは、ルールはちゃんと守って好きな人だけ読んでくれれば幸いです

一応コメントも下さると嬉しいです

では、スタート!!

2:妖狐◆BU:2015/05/22(金) 18:45 ID:gGw

+++++++「響の一日」++++++

____朝、6時……

雀が朝を伝えるようにチュンチュンっと鳴り響く

窓の方から朝日の光が反射する

とある、一つの部屋までその光が届き、中央に布団に入って寝ているものがいた

そして、ぴぴぴっ……っと、目覚まし時計が鳴る。

「……ん」

それを片方の手でカチ……っと止めた

そして体をゆっくりと起こした

布団の中から出てきたのは、白い寝巻きを来た響だった

少々寝癖がついでおり少し眠そうに目がトローンっとしていてその目を腕てこすった


…………響は眠そうな体を無理矢理起こし立ち上がり風呂場へと向かった


風呂場の中は全て木材でできており、窓も木材となって柱になっている

その窓から朝日の光がさしていた

響はもちろんのこと全裸になっており、白い綺麗な肌が見える

あまり筋肉質ではなくだからといって細すぎない一般的な体型だった

響の髪はもうすでに濡れており洗った後だった

体の方は白い泡だらけスポンジで自分の体をゴシゴシと洗っていた

そして湯船のお湯を救い、体に勢いよくばしゃああんっと浴びせた

体についてた泡を全部洗い落とし、サッパリとなった

そして、響は脱衣所に置いてある普段着ている男性用の少し変わった巫女服を来た

響は日差しをいれるためそこら篇の窓を開け、障子を開け日差しを入れた

そして、空気を入れ替えるため、茶の間の窓を開けた。

開けると風に乗って風鈴がチリンチリンと鳴った

やがてセミなどの虫の鳴き声が聞こえる………

____夏だ……


響はもう眠気がなくなった通常になり窓を開けた手をその間かおかせて外を眺めてた

風鈴をちりーんちりーんと鳴りながらそして少し微笑みを見せて

今まで喋らなかった言葉が聞こえた

〈___どうも、僕は響(ひびき)です__。
……と、言っても知ってる人は知ってるか……まあ、それはおいといで……
僕は何時の間にか妖怪の里という場所に迷い込みしばらく帰れない状態です。そこへ鼠男がここの狐男さんのいる神社を紹介して連れてもらたんです〉

響は色々と説明をしながら、台所へと向かった

台所で朝食を作るよう用意して卵を割ってボールにいれ箸でかきまぜていた

〈最初は色々あったけど何とかなって今では普通に暮らせてます。
僕の仕事は家事全般です。本来狐男さんが一人だった頃は食事もままならず、掃除もできないぐらい仕事が忙しかったらしいんです。でもそんな生活をしてまともに仕事に力が入りませんでした。それで僕がきてからというもの、狐男さんは僕に家事や手伝いを任せたおかげで仕事に集中できはがどるようになったみたいなんです。それのおかげで僕はここに居させてもらえました〉

___そして響はそのかき混ぜた卵をフライパンの中へと注ぎ込んだ

ジュウウウっと焼ける音がした

3:妖狐◆BU:2015/05/22(金) 19:39 ID:gGw

そして焼けたら箸でグルグルかき混ぜてスクランブレイクを作った

釜戸がグツグツとご飯が炊ける音、切り刻まれた野菜

それを盛り合わせたり、よそいだり……

「狐男さーーん!ご飯ですよー!」

狐男を呼んだ。そしたら、襖があき、狐男が目をこすりながらでてきた

「う〜ん……もう朝なのかい……?」

狐男はすごく眠そうにしながらふあぁ〜っとあくびをした

響は作った朝食を持って行きテーブルにおいた

「狐男さん寝不足ですか……?もしかして昨日徹夜で仕事を……?」

「……んあ……そーなのよー……頼まれたことがたっぷりね〜……ふあぁ〜……」

「そうですか。まぁ妖怪といってもあまり無理はしないでくださいね」

〈僕はいつもこうやって朝食を作り狐男さんと食べてます。
そして狐男さんは今日のようにたまに頼まれた仕事がたっぷりとあり寝不足になるときがごくたまにあります〉

そして狐男は箸をもち朝食を食べた

「……に、してもまだまだあるからね〜こりゃあ寝てたんないね〜……」

「あ、じゃあ狐男さん……僕も手伝いますか……?」

「ん……?アンタ、馬鹿いってんじゃないよぉ〜いくら力の持つ人間でもこればっかしは頼めないよぉ〜それにこれはあたしの仕事だからさ、あんたの仕事は自分の仕事のもやってなさいよ」

「あ、そうですよね……すみません」

響は少々苦笑いをした

4:妖狐◆BU:2015/05/23(土) 20:45 ID:J4U

_______そして、食べ終わった食器を片付けた


そして狐男は立ち上がった

「狐男さんお仕事ですか……?」

「ああ、そうさ……早く片付けないとねぇ……」

狐男は気だるそうに言い、その場を去った



〈__狐男さんはお仕事につき、僕は何時もながら届いた新聞と、雑誌やチラシの報告をみた〉

響は雑誌やチラシに目を通し見てる

雑誌は妖怪の里の情報と人間界の情報、そして海外地方の妖怪のスクープなど色んな記事が載ってる雑誌だった

新聞は、妖怪の里のイベント情報や、重要のお知らせ、そして捕まった犯人などの犯罪も載せられている

チラシは、商店街などの買い物のチラシだ。半額情報、何%OFF情報、季節やオススメの広告など載せられている


そして時がすぎ、___昼前


響は、外に出て神社のお仕事をした

5:妖狐◆BU:2015/05/23(土) 21:05 ID:J4U

〈僕の仕事は家事だけではなく、神社の掃除や道具の片付け、初詣とかでの絵馬の用意やおみくじなどのそういった用意です〉

響は、神社内をほうきでざぁ…ざぁ…っとはいて掃除していた

夏のためとても熱く、セミがないていて太陽が照らされていた

響はほうきで履き終わりふう……っと腕でおでこを拭いた

少し汗をかいていた

掃除が終わったら、階段先から声が聞こえた

「おーーい!響いいーー!」

聞き覚えのある声だ。響はほうきを持ったまま近づき階段下をみた

そこには、傘化け、隙間男、雪男、インキュバスが階段下にいた

傘化けとインキュバスは大きくおーいっというように手を降っていた

「おーーい!響いいい!遊びにいかねーーかーー!?」

傘化けが響にそういった。

「うん、行くーー!」

響は大声をだし応え、放棄を片付しに行って傘化け達と一緒に遊びに行った


書き込む 最新10 サイトマップ