えりかのローズマリア学園

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レモンクレープ:2015/05/24(日) 16:12 ID:hnA


ーストーリーー

私は,如月えりか,中学2年生,14歳
両親を失い私は三人の妹と上の兄を遺したまま
私達はそのまま祖父母の家に引き取れた。
祖父母達がクラスのは都会ではなく田舎に近い下町だった。
そこには祖父母達が同じ年齢が多い中高年の街
私はそれを機会に転校した,私は私立学園というセレブスクール
私は私立ローズマリア学園で一般クラスに入った。

2:レモンクレープ:2015/05/24(日) 17:36 ID:hnA


ー登場人物ー

如月えりか
私立ローズマリア学園中学部に転入した2年生
5人兄弟である。
誕生日,3月31日生まれ,血液型,AB型,星座,牡羊座
身長,168,7cm,体重,45キロ,愛称「エリザベス」
クラス,2年B組(一般クラス)

如月家

父,如月雅彦(きさらぎまさひこ)(享年,45歳)
母,如月優子(きさらぎゆうこ)(享年,42歳)
兄,如月優雅(きさらぎゆうが)(15歳,中3)
妹,如月のえる(きさらぎのえる)(10歳,小4)
妹,如月さくら(きさらぎさくら)(8歳,小2)
妹,如月ゆあ(きさらぎゆあ)(4歳)
祖父,高橋政次(たかはしまさつぐ)(65歳)
祖母.高橋恵子(たかはしけいこ)(62歳)
叔母,高橋春香(たかはしはるか)(32歳)
叔父,高橋潤(たかはしじゅん)(30歳)

ローズマリア学園

(一般クラス2年B組)主な

山崎愛弓(やまざきあゆみ)
えりかにとって転入後,初めての友人
おとなしくて物静かな性格である。

中島柑冬(なかじまみふゆ)
えりかにとって転入後,愛弓とは幼なじみであり友人
愛弓とは逆は明るく元気いっぱい前向きな性格

竹達マドレーヌ・寧々(たけたつまどれーぬ・ねね)
同じくえりかにとって転入後,愛弓,柑冬の幼なじみで友人
日本人の父とイタリアの母を持つハーフ

花澤陸(はなざわりく)
いつもお金持ちクラス男子3人組の奴隷扱いされている。

飯泉康平(いずみこうへい)
2年B組のクラス委員長

お金持ちクラス

西園寺毬愛(さいおんじまりあ)
ローズマリア学園の創立者曾祖父のひ孫である。
そのわけで先生や校長には甘く特別扱いで一人娘なため跡取り娘

田辺晃(たなべあきら)
毬愛の婚約者で田辺家の三男,勉強,運動できIQ力は高い

ーマリアクラブー

藤高由奏(ふじたかゆかな)

メアリー・カレン・ソフィーヌ(めありー・かれん・そふぃーぬ)

安達希子(あだちのりこ)

宮間緑子(あだちみどりこ)

東福寺明光(とうふくいんめいこ)

柳りん(やなぎりん)

3:レモンクレープ:2015/05/24(日) 18:03 ID:hnA


「ここが,ローズマリア学園」

私は如月えりか,13歳である。
両親が1年前に亡くし今年の3月までは前の学校に通っていたが新しい4月になったので,それで近いローズマリア学園に転入

ー1ヶ月前ー

公立中卒業式のあと

「エリザベス,転校?」

「うん,今通っている距離が5キロなんだ,ローズマリア学園の方が近いから」

「まぁ,仕方ないかご両親なくされて」

両親がなくしたのは12月1日,交通事故だった。今は母方の祖父母の元へ住む。

「でも,エリザベス,離れていても友達だよ」

「うん,また遊ぼうね」

「香澄ちゃん,日南子ちゃん」

私の昔からのニックネームはエリザベス

・・・・・・・

ーガチャー

「初めまして,如月えりかです」

「如月さんは一般クラスのB組」

「はい,B組ですね」

私は校長室をあとにした。

「あのさ,一般クラス何処ですか?」

私は女子生徒に話しかけた

「知らないわ」

「えっ?」

「あのう」

「庶民に話しかけるなんで汚い」

なんか,冷たい目

「あなた,噂の転入生」

「はい,如月えりかです」

「綺麗なダイヤのネックレス」

「なんかよう?」

「私に渡しなさい」

「いや,これは私のお母さんの形見なの」

「ふぅ〜 ん, 別にいらないわ,安いダイヤだし」

「あのう,如月さん?」

「誰?」

「2年B組クラス委員,飯泉です」

「はい」

・・・・・

「あの方は?」

「あの方はマリアクラブの藤高様」

「マリアクラブ?」

「マリアクラブはここの創立者のひ孫様,西園寺毬愛様のとりまき」

「そうなんだ」

「そのうち,藤高様は藤高大財閥の娘御,この学院を寄付金を多くしいれている」

私はクラスに向かった。

「ここです」

それは旧校舎だった。

4:レモンクレープ:2015/05/24(日) 18:17 ID:hnA


ーガラァー

「すみません,私は転入生です」

「どうぞ,如月さん,飯泉くんありがとう」

「別に」

「如月さんどうぞ」

「あの,私は如月えりかです」

・・・・・・・・

そのお昼休み

「あの,お弁当食べよう,如月さん」

「うん」

「あたしは山崎愛弓」

「柑冬です」

「マドレーヌ・寧々」

「美味しそうな唐揚げ」

「おばあちゃんが作ってくれたの」

「へぇ,おばあちゃんいるんだ」

「私は,両親いないから」

「ごめん」

「いいよ,気にしてないから」

「そいえば竹達さんは珍しい名前だね?」

「あたし,ハーフなの,日本人とイタリア人 」

「でも,ちょっと外国人ぽっいよね?」

「だけど,あたし日本語しか無理」

「マドレーヌ・寧々さんっていいかな?」

「マドレーヌでいいよ,」

「あたしもみふゆで」

「私はあゆで」

「如月さんは?」

「エリザベスで」

「エリザベス?」

「えりかだから,エリザベス」

「そうなんだ,エリザベスちゃん」

なんか,私は3人とすぐに友達になった。


書き込む 最新10 サイトマップ