独りよがりの月

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:星嵐:2015/06/02(火) 09:18 ID:qo2

小説書いていきたいと思うんで
宜しく(`∀´)

2:星嵐:2015/06/02(火) 09:20 ID:qo2

勿論、プロじゃないのでごっちゃごっちゃしてるけどよろしく!

3:星嵐:2015/06/02(火) 09:52 ID:qo2

「独りよがりの月」
第一章 初め
ー...眩しい太陽も夜になると光輝く月に変わる。
確か私のお母さんが、そう言っていた。もうこの世にはいないけど。
あぁ、私は高校2年に昨日なったばかりの鈴影 陽花。
口下手だから友達が出来ない。
しょうがないことだけど、私は学校が大嫌い。まぁこれからその学校に行くんだけどね!

月女神学院。それはお金持ちや頭のいい子がいく私立だ。それにしちゃ校則は緩い。
「2ーA」
ガララ…
ーでもいじめられたりはしなかった。
こう、私が教室に入っても騒ぐやつもいない。
だからこれからも平和に暮らして行けると思っていた
カタ、、
静かに席について、いつも通り授業が始まるまで本を読んでいた。 
その時
「うっそー!!」
!うるさいな。。また桐生繭未だ。
いつも、ものを無くして騒いでいる。

郷子「また、何かなくなったの?
どっかに入っているんじゃない?」
繭未「違うの!
っ。。時計がないの。。
10万以上するの!ディアナのブランドで誕生日に貰ったものなの!」
あーあ。。
泣き出したムカつく。
。。あれディアナって。。同じだ!私も同じやつだ、、
盗まれたりしないかな。。
ざわざわ...
真理子「ちょっと泣き止みなって?
一緒に探すから!」
恭子「そうだよ!ね?」
礼二「そうだぜ俺もさがすから」
繭未「みんな!ありが...」
。。
繭未「え?それ...私の...」

繭未「鈴影さん盗んだのね!?」
「え!うそ鈴影が!?」
「信じらんねぇ」「本当だ!あいつつけてる」
は?何いってんの…
繭未「さいってぇ!!」

理恵「いくら貧乏だからって人のもの盗るなんて!!何考えてんの」
何で?
私は状況を飲み込めずにいた。
第一章前半終了

4:星嵐:2015/06/02(火) 09:56 ID:qo2

話が唐突ですんません!

5:星嵐:2015/06/02(火) 10:06 ID:qo2

*キャラ紹介*
ヒロイン
鈴影 陽花(すずかげ ひな)
高2。
髪はショートの茶黒。美形。
色白。お金持ちではないが頭がよく推薦で入学した。身長164
性格「口下手で正直者。
物事をシンプルに考える癖がある。」

桐生 繭未(きりゅう まゆみ)
高2。
髪は茶髪のセミロングパーマ。
色白。とても美形で読モをやっている。お金持ち。身長164
性格「淋しがりや。気が強い。お洒落。自己中心的。」

今のところ登場人物はこのくらいです


書き込む 最新10 サイトマップ