カゲプロ小説【眼帯少女とメカクシ団】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:cC:2015/06/03(水) 15:53 ID:SyE

【プロローグ『日記』】
私は日記を見つけた。可愛いらしい猫が表紙の日記。
1ページ目を見ると、【じがかけるよーになりました
きょーからにっきをはじめたいとおもいます】
2ページ目
【おかあさんが学校からかえるとないていました
きくとおとーさんがしんだそうです。おとーさんは
わたしをなぐるのであまりすきではなかったので
ないたりしませんでした】
3ページ目
【わたしは友だちがわかりません。おにーちゃんに
きいたらなぐられました】
4ページ目
【お兄ちゃんになぐられました。いつもよりイラついてた
様子です】
5ページ目
【お母さんが死にました。私は泣いたけどお兄ちゃんは
うれしそうでした。聞けばお兄ちゃんが殺したようです】
6ぺージ目
【目がお兄ちゃんに焼かれて青くなっちゃったので
眼帯をつけました】
ここで日記は終わってた。途中涙の後があった

2:cC:2015/06/03(水) 15:57 ID:SyE

主人公
赤井ひな(16)
左目に眼帯をつけている
髪の毛はヒヨリみたいに黄色のシュシュでしばっていて黄緑の髪。
右目は黄色。服は水色のワンピース。靴は自由
身長・・・165cm
体重・・・23キロ

3:cC:2015/06/03(水) 16:08 ID:SyE

私はつい昨日メカクシ団に入った。なんだか安心できる。
カ「おっはよ〜!ひなちゃん!」
「カ、カノさん!おはようございます!」ニコッ
カ「…!…//…おはよ。朝ごはんできるよ。」
「え!?あ、はい。顔赤いですよ!」
カ(ひなちゃんのせいだよっ…!って欺けてない!?)
「さ、いきましょ、カノさん」
カ「え!?あ、うん…!」


ひなちゃんは超美人で頭良いです!

4:悠花:2015/06/03(水) 16:36 ID:zZA

ここは小説板です。
既存のキャラクターを使った小説を書きたいのであれば、二次創作板へどうぞ。


書き込む 最新10 サイトマップ