シンアヤ厨による小説。【つんでれ少女の日々。】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ましゅまろ@シンアヤ神:2015/06/27(土) 17:41 ID:MIo

こんにちわ。シンアヤ神と申します笑
ここでは小説を始めて書くぜぃ!!

てわけでルール。
1荒らし無視で。荒しはアク禁。
2一人二役演じは即退場してね☆((蹴
3文句はじゃんじゃん言って下さい。評価ください。

これを守れる人はどうぞ入場してくださいね?

2:ましゅまろ@シンアヤ神:2015/06/27(土) 18:01 ID:MIo

プロローグ

私は今、教室にいる。
今好きな人がめめめ目の前に……
昔からの幼馴染。

「ねー、純佳お弁当食べない?」
幼馴染の翔が聞く。

「べべべ別に、一緒に食べてあげないわけじゃないこともないことはないけどっ」


「……純佳どっちなの?」
友達の双葉は言った。

私の名前は楯山 純佳。(タテヤマ スミカ)
はん
友達の名前は一ノ瀬 双葉。(イチノセ フタバ)

そして幼馴染(好きな人)は斉藤 翔。(サイトウ ショウ)

「えー…j「一緒に食べたいなぁ翔君っ って純佳が言ってたよ♪」
「キモイやめて吐き気がその喋り方なんなの」

「翔私じゃ、じゃあ一緒に食べる!」

翔はにこにこして頷いた。
「あー、俺お弁当忘れたんだー一口くれる?」

「よかったね純佳!本心(デレるなちゃんとしろや笑顔&怒)」

私のお弁当を開けて見る。
中身はハンバーグ、卵焼き、ロールキャベツにご飯。
二段弁当ではない。

「あっこれおばさん特製ロールキャベツ!いっただきー」
「あちょっと!」
そしたら隣の翔も、

 「俺も頂き!あー美味い!(満面の笑み)」

二個しかなかったのに…二個しか。

「おいこら何勝手に食べてんだよあぁ?おい答えろ。」
ボキボキボキ

「「はっはいすみませんでしたファミマでガリガリ君おごりますのでぇぇええぇえ!!」」

私の大好物ガリガリ君。意外じゃない?
「やったー!」
(表情が変わる)

2人の本心{変わりやすいなぁ……}

===================================
では次回に続く!

3:にゃんこ:2015/06/27(土) 20:07 ID:MIo

名前変えました。

4:@シンアヤ神:2015/06/28(日) 07:31 ID:MIo

誰も来ないわ(゚Д゚)

5:@シンアヤ神:2015/06/28(日) 10:20 ID:MIo

コンビニへてくてく歩く。

「あっつ...俺もガリガリ君買うわ」
「私も。純佳の分買うから〜」

コンビニへ着いた。
そこにはソーダ、コーラ、ぶどうと3種類のガリガリ君があった。

「じゃあソーダにする。」
そこで双葉は、

「翔あんたが純夏の分奢ってよ」
「なんでー双葉だろ?」

え、どっちでもいいんだけど。
「翔。」
「双葉だろ?」

あーもう‼︎
私は言う。
「じゃあ分割!」
「あっそれいいね〜♪」

なんなのこいつら.....

6:春ル:2015/06/28(日) 18:19 ID:Y7U

誰が誰に何をいったのか、がわかりにくいです。
例えばこれ…

「……純佳どっちなの?」
友達の双葉は言った。

双葉は誰にいったのかがわかりません。
あと、双葉がどのような場所で、どのような体勢でいったとかももう少し詳しく書いた方がいいかなぁ?
私だったら、

「……純佳、結局どっちなの?」
友達の双葉が私のかおを覗き込みながら聞いてきた。

とか…
まぁこれは私の想像したものですけどね。
情景をある程度かかないと、人それぞれイメージする情景がかわってしまい、
あとから「あれ、あのときのイメージと合わない…」なんて思う人もいるかも…
ゆるい小説を目指しているならこれより少し詳しく書けばいいと思うけど、
ゆるくない小説をかきたいのなら情景、登場人物の気持ちをもっとよく書いた方がいいと思います。

こんなこと言える人じゃないですけどね!
頑張ってください!

7:@シンアヤ神:2015/06/28(日) 20:01 ID:MIo

いいアドバイスありがとうございます(・ω・)ノ

まだまだ初心者なので頑張りますー。


書き込む 最新10 サイトマップ