葉桜 -ハイ•ファンタジー-

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:榊美弥浬:2015/07/12(日) 01:22 ID:ZoA

はい、初小説となります!
宜しく御願いします!
私は、榊美弥浬と申します。

アナタをファンタジーの世界へとお連れ致します。

2:榊美弥浬:2015/07/12(日) 01:25 ID:ZoA

『prologue』

これは、とある少女と少年が葉桜を通して変わっていく、そんなお話。

3:榊美弥浬:2015/07/12(日) 02:17 ID:ZoA

『第1話 出会い』

桜は、4月に咲き、そして散る。
散った後、人間は見向きもしない。
そんな見向きもされない葉桜を僕は、一人きりで眺めていた。
ここは、学校の校庭。何の変哲も無い。

もしかしたら、一人きりでは無いのかもしれない。
この一人ぼっちの葉桜を見ているから
自分まで一人ぼっちな気持ちになっているのかもしれない。
花が散るまではあんなにキレイだなぁとちやほやされていたのに。
散ってしまえば、素通りされるだけだ。
更には虫だの何なの嫌われ者扱いされるハメだ。
人間とは、つまらない生き物だ。
そう言っている僕自身人間だ。

こんなことを考えいても仕方ないと思い、校門へ向かう。
もう5時だ。空は紫がかっている。
随分明るくなったものだ。
この前までは、この時間帯だったら真っ暗だったのに。
葉桜は、ザワザワと声を発している。
風が吹いているのだろう。
何故だか僕には、その風は微塵にも感じられない。
まぁ、そう珍しい事じゃない。
そんな事を考えていたら、校門の前まで来ていた。
葉桜は何時の間にか静かになっている。風が止んだのだろう。
葉桜の方を振り返る。
眺めていた葉桜から目を離して、僕は、校門を出た。


書き込む 最新10 サイトマップ