貧乳は生まれ変わっても貧乳でした。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:貧乳、敗北す。:2015/07/25(土) 14:41 ID:e92

いつもの帰り道。
大きく傾いた西日が、私が如何に遅く学校から出たかを知らせている。やばい、もう6時半だわ……
制服に、しかもローファーで走るのは些か辛いが……母さんの逆鱗に触れるよりかは幾分かマシよ!

「っよし!」

鞄を肩にしっかりと掛け直すと、私は勢いよくスタートを切った。

今日の夕餉何かな。肉じゃがかカレーって言ってたけど……あ、母さんの事だから遅く帰ってきた娘にはくれないのかな。そうだったら嫌だなぁ……
それにしても鬱陶しいわ、このスカート。脚に纏わり付いてきて、思わず脚を取られそうになる。今日は遅くなるって分かってたから、ジャージをはいてくるべきだった……とんだ誤算だわ。
色々ごちゃごちゃと考えていると、あっという間に家が見えてきた。よし、あの角曲がれば我が家よ!ラストスパートだ!行け!私!

脚に力を貯めて、勢いよく地面を蹴った時。
強い衝撃の後に私は、何かに覆い被さられた。

「うぉっ!」

『それ』は私の腹にずっしりと乗っかっており、背中越しに地面の冷たさと固さが伝わってきた。
えー、ウソでしょ……?
家の手前で、まさか『これ』に襲われるなんて……

初っ端から主人公から危機一髪ってどうかと思いますが、どうぞ暖かく見守ってください。

『それ』のせいで、私は身動き一つ取れない状況。
唯一動かせる顔をゆっくりと下に向ければ、豊潤な胸が緩やかにカーブを描いて……いるといいなぁとか期待して下向いたら何もなかった泣きそう。
めくれたシャツから少し覗いた白い肌は、嫌に艶かしくて。ああ、日に当たらない部分って本当に白いのね、と無関係な事を考えてしまう。
それにしてもすごい力ね。この私を押さえつけるなんて……

「んっ………」

体を捩らせるせて抵抗を試みるが、全く叶わない。
それどころか、口元から漏れるのは甘い嬌声。

「んっ、ふっぁ……んあ」

必死に動いても、どうにもこうにもならない。

まぁ………そりゃそうだわな。
諦めて、目線を横に流す。

「幾ら私が馬鹿力とはいえ、2tトラックには叶わないわな……」

私の腹に乗る、大きなタイヤを眺めながら思った。

2:貧乳、力尽きる。:2015/07/25(土) 15:51 ID:e92


鼻腔を擽る鉄の香りを感じながら、私は目を閉じる。
痛みなんてなかった。
ただ私が瞬時に悟ったのは、自分はもう助からないという事だけ。
否が応でも目に入ってくる現実を直視できなくて、私は静かに視界を塞いだ。

どうかどうか、これが夢でありますように。
目を覚ましたら、いつも通りの朝がありますように。
お母さんが、笑いながら『おはよう』って言ってくれますように。

ただただ怖くて怖くて、瞼が熱くなる。
嫌だ。死にたくない。

まだ好きな人に告白していないの。
最近、彼とやっと話せるようになったんだ。
好きすぎて、息も苦しくなるくらいなの。
それなのにお別れだなんて。酷がすぎる。

お母さん、今朝のうちで『いってきます』を言っておけばよかった。
遺書の一つでも書いて、ずっと育ててくれた感謝を綴っておけば良かった。
お母さんだけじゃないわ。
親友のきーちゃん。幼馴染のカイ。あろちゃん先生。

今になったら分かる。
私の周りにいてくれた、大切な人たち。
彼らに常に感謝するという事が、如何に大切な事だったか。

___ちゃんと、「ありがとう」って伝えておけばよかった。

ごめんね、みんな


書き込む 最新10 サイトマップ