戦闘描写強化用小説

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ゼシル :2015/08/07(金) 07:06 ID:7ZU

初めてスレ立てさせてもらいます。

本格バトルファンタジーを書いているゼシルと申します。感想など随時受け付けていますのでよろしくお願いします!

アマレベルですが寛大な心を持って閲覧していただけると恐悦至極です。

2:ゼシル :2015/08/07(金) 07:27 ID:7ZU

「おいおい・・・マジかよ・・・」

やっとの事で出た言葉はその景色の凄惨さを物語った言葉だった。背中まで赤髪を伸ばした冗談のように美しい女性は、つり目ガチな目を少し見開いた様子で数瞬の間茫然としていた。 縞模様のボーダーにショートパンツといった格好をしており、ボーダーの裾を無意識の内に握り締めていた。女性の名はサクシア・フォン・メリオン。

「こいつぁ・・・ひでぇな・・・」

辺りに漂う血生臭い匂い、夥しい程の死体。
サクシアは辺りを見回すと、視界の端に人が映ったのが確認出来た。

「・・・なんだ?」

白いぼろ切れのような衣服に病弱のように白い肌、肩甲骨辺りまで伸びた黒髪の少女は少し汚れていた。サクシアは近付いてみる。このような凄惨な場所に余りにも不釣り合いだったからだ。サクシアは首に手を当て、脈の有無を確認する。

「どうやら生きてるみたいだな・・・さて、どうす・・・!?」

サクシアは何かの気配を読み取るとすぐさま少女を抱き抱えその場から離れる。数舜前まで立っていた場所に三本のナイフが刺さっていた。

「あーあ、躱されちゃった。お姉ちゃん、そいつ渡してくれない?」

それと同時に鼓膜を震わせる可愛らしい声────だったがまるで温度というものが無かった。寒気を覚える程身震いのする冷たい声が響いた。

3:ゼシル :2015/08/07(金) 10:19 ID:7ZU

「誰だ?随分と物騒なもの持ってるじゃねーか・・・ガキっ!」

サクシアは振り向いて声の主を確認する。
一瞬、ほんの一瞬だが僅かに目を見開き思考が停止した。まるで童話に出てくる赤ずきんのような格好をしており左手には巨大な大鎌が握られておりそれをに担いでいた。サクシアは先ほど倒れていた少女をそっと地面に置くと一瞥した。

(・・・何があったんだ?このガキとあのガキの間に・・・)

サクシアは眠っている少女の顔を見ながら思考していたがその思考を無理矢理解かざるを得なくなった。大鎌を持った少女が攻撃モーションに入っていたからだ。

「おいおい・・・攻撃がはぇよっ!!」

振り下ろされた鎌の刃を具現化させた双剣で防ぐ。甲高い金属音が響くと同時にサクシアの両腕に痺れる程の振動が走った。

(ぐぅ・・・!? こいつ、なんつー力してんだ!やべぇ・・・)

「あはっ!良く止めれたねぇ? いきなり襲い掛かったのに。それも殺すつもりで・・・」

ギリギリと震える両腕で両者は対峙する。サクシアよりもリーチが長い大鎌の少女が少し優勢だろう。

「はっ! この私に傷をつけるなんざ100年早えよ・・・ああああ!!」

サクシアは拮抗状態にあったのを双剣で押し戻し、刃を振り切って少女の元へ走り出した。

4:Trivia◆XI:2015/08/07(金) 10:32 ID:oY.

とても緊迫感が伝わってきて良いですね

自分も戦闘シーンの書き方については試行錯誤していたところなので
参考にさせていただきます

5:ゼシル :2015/08/07(金) 10:35 ID:7ZU

>>4
感想ありがとうございます!

参考ならコチラの方が良いと思います!
こちらも読んだら感想下さいw
http://ncode.syosetu.com/n6241cj/

6:ゼシル :2015/08/07(金) 10:50 ID:7ZU

「はっ!リーチが長い分、懐に入られたら終わりだったな。私の勝ちだなぁ!消し飛ばしてやるよ!【華術・虹色の斬撃】」

サクシアが口角を吊り上げ、刀身に纏った虹色のオーラを上下に振り下ろし斬撃として放つ。勢いそのままにサクシアも双剣をクロスして少女に突っ込む。その時、少女がほそく微笑んだのをサクシアは見逃していた。

「お姉ちゃんの勝ち?まだ早いんじゃない?勝負は始まったばっかだよ!」

虹色の斬撃を鎌の柄で受け流す少女にサクシアは思わず戦慄した。さらに瞬きの間すら置かずに大鎌の姿が消えており、両手には黒いチャクラムが握られていた。

「なっ!?」

まさに一瞬の出来事。大鎌が不利とみるや接近戦に切り替えたのだ。少女は身体を捻るように回転し右手のチャクラムでサクシアの双剣を受け止め左手のチャクラムをサクシアの身体目掛けて投擲した。

7:Trivia◆XI:2015/08/07(金) 10:53 ID:oY.

>>5
短編として見ると少々設定が複雑でしたが、
雰囲気などははっきりと伝わってきていい感じでした

戦闘描写についてはトレーニング用のスレを立てようと思っていたので
立ったら是非そちらにも参加してやってください

8:ゼシル :2015/08/07(金) 11:00 ID:7ZU

>>7
閲覧ありがとうございます!現在あの小説の続きを執筆中なのでもし気になるのであれば書き終わったらリンク貼りますので良ければ見てくださいね!

俺の拙い戦闘描写で良いなら。一人称、三人称視点のどちらでも書けますよ!

9:Trivia◆XI:2015/08/07(金) 11:19 ID:oY.

>>8
続き、というよりも、それぞれの人物が魔王と戦うようになった経緯や、
魔法などの設定等について詳しく書いた長編にしては如何でしょうか?

中々面白そうな内容になりそうなので、期待してます

10:ゼシル :2015/08/07(金) 11:34 ID:7ZU

>>9
設定集みたいな感じですね。氷雨がどういう経緯で魔界に行くことになったのか、とか、魔法などの設定はまぁ基本の7属性ですかね。 うーむ、骨が折れそうだw

タメ口で良いですよ!

11:Trivia◆XI:2015/08/07(金) 11:55 ID:oY.

>>10
物語の始まりとか、途中で遭遇する試練とか、見てみたいですね


そう?じゃあ失礼して

12:ゼシル :2015/08/07(金) 11:59 ID:7ZU

>>11
triviaさんも小説書いてるんでしょ?
俺みたいなバトルファンタジー系かな?

13:Trivia◆XI:2015/08/07(金) 12:04 ID:oY.

>>12
今書いてるのはバトルファンタジー系かな

でも基本は特に決まってない
二か月くらい前はラブコメなんかも書いてた


ここでも以前近未来のバトルもの書いてたけど
その時のはいろいろと酷すぎてお話にならないレベルだったから
いずれ最初から書き直すかも

14:ゼシル :2015/08/07(金) 12:32 ID:7ZU

>>13
ほうほう・・・まぁ俺も異世界系とか異能もんのバトルファンタジーは良く書くから参考程度にしてよw そろそろこのスレの続きの小説もかかねーとw

15:ゼシル :2015/08/07(金) 13:06 ID:7ZU

「ぐぅ!?」

流石にこれは避けられず脇腹を少し切られる。少女は常人ならざる力でサクシアの剣を押し上げ腹部に前蹴りをめり込ませる。
全くの無防備の腹部に走る衝撃と蹴り飛ばされたサクシア。すぐさま顔を上げると雷のスパークと一体化したチャクラムを振り上げ跳躍している少女が目に嫌でもはいる。

「くっ・・・!」

何とか脱しようとしたものの、すぐそばで倒れている少女の姿が目に入り一瞬判断が遅れた。

「"雷昇天撃"」

少女のチャクラムから繰り出される無慈悲な一撃は天を焦がし、空を貫いたスパークを纏った光の柱だった。

16:ゼシル :2015/08/09(日) 10:47 ID:7ZU

「・・・これで終わってくれるといいんだけどねぇ」

バチバチと唸る光の柱を見ながらチラッと倒れている少女を一瞥する。そして距離を取りサクシアの出方を窺う。すると、光の柱の下方部が炎に包まれた。

「・・・へぇ、私の予想通りまだ生きてたんだ」

少女が口角を吊り上げながら嬉しそうに呟く。そして今度は両手のチャクラムを回転させ始めた。黒雷がバチバチとスパークし、回転数が上がるのと比例してチャクラムを覆っていく。限界まで回転させたチャクラムは既に黒雷が全てを覆っておりバチバチとスパークしていた。

「天を焦がせ『バロンセロナ』」

サクシアとは違う、幼さの残る声が少女の鼓膜を震わせた。

17:ゼシル :2015/08/09(日) 21:30 ID:7ZU

その声が少女の鼓膜を震わせたと同時に、光の柱が炎に"喰われた"。

「あら・・・。まさか私の"雷昇天撃"がこんな形で破られるなんてね・・・あなた何者?」

少女がにっこりと微笑みながら突如現れた少女に問う。

「私の名前は朧(おぼろ) 氷雨よ。そこの赤髪のあんた・・・勝手ながら参戦させてもらうわ!大体の事情は把握したからその倒れてる女連れて逃げなさい!」

少女─────氷雨がサクシアに向かって叫んだ。サクシアは数瞬の間呆然としていたが理解したのか駆け出して倒れてる少女を抱きかかえながら氷雨に礼を言う。

「すまん・・・だが気を付けろよ!こいつは強いぞ!・・・誰だか知らんが助かった。死ぬなよ」

そう言うとサクシアは走り去っていった。

「待ちなさい!誰が行かせる・・・っ!?」

「こっちの台詞よ。私が相手なんだから。逃げるなんて許さないわよ。さて、氷漬けになりたいかしら?それとも焼き尽くされたいかしら?」

氷雨が黒髪のツインテールを揺らしながら不敵な笑みを浮かべてそう言った。幼さの残る顔立ちに同色の瞳、ローブの下に短パンを履いている格好だった。

「・・・どっちもお断りよ!私はあいつを止める!!そのためにはあんたが邪魔だぁ!!」

少女が叫びチャクラムを一つ氷雨に投てきする。

18:ネトツ◆Ss sage:2015/08/09(日) 23:03 ID:i3I

ほぇ〜ウチも二次創作板でSS書いてるけど、ゼシルさんのは緊迫感などが良く伝わる戦闘シーンなどなどウチのSSとは大違いです

戦闘シーンなどの参考にしていただきます!!

19:ネトツ◆Ss:2015/08/09(日) 23:06 ID:i3I

って>>1さん、なろうでも書いてたのか・・・・たまげたなぁ・・・・

20:ゼシル :2015/08/09(日) 23:40 ID:7ZU

>>19
ことどり図書館でも書いてるけどなw
良ければ見てくれれば幸いだぜ!

21:とうふ:2015/08/10(月) 00:38 ID:9SY

拝見しました。バトルファンタジー小説を書こうと思っていたので参考にさせていただきます。続きとても楽しみに待っています。

最近ネットを始めたので何か失礼なこと言っていたら申し訳ないです。

22:ゼシル :2015/08/10(月) 06:36 ID:7ZU

>>21
閲覧ありがとうございます!じゃんじゃん参考にしてくださいw そのための小説ですからw

23:ゼシル :2015/08/10(月) 21:22 ID:7ZU

「だと思ったわよ! よっと・・・」

氷雨は身体を捻り必要最低限の動きで投てきされたチャクラムを躱す。さらに剣を具現化させ少女に向かって走り出した。それを見た少女は一瞬不敵な笑みを浮かべた。氷雨が避けたはずのチャクラムが後ろから氷雨に迫って来てるのである。氷雨は気付いていない・・・筈だった。
剣を後方へ振り、チャクラムを弾いたのだ。目線は少女の方を外さず。それを目の当たりにした少女は唖然とした。

「・・・計算違いだったようね。あの手の攻撃は戻ってくる事が定石。赤子の手を捻るようなもんね」

氷雨は剣を振り下ろす。少女は片手に残されたチャクラム一つでそれを危な気に防いだ。
少女の顔が歪み、歯ぎしりが聞こえる。

「くっ・・・!【覇王の極意】」

少女が何かを唱える。氷雨は一旦瞬間移動で距離を置いて、剣から銃へと武器を変換させた。

24:ゼシル :2015/08/11(火) 21:55 ID:7ZU

感想は随時受け付けております!
不可解な点、直した方が良いと思った所は遠慮無くどうぞ。 あくまで戦闘描写を強化する為に書いている小説であって、単なる暇潰しみたいなもんだな。小説家になろうが主な活動場所。

25:ゼシル :2015/08/12(水) 06:26 ID:7ZU

「ま、何をやるのか知らないけどもう好き勝手やらせないわよ」

氷雨が双銃を少女に標準を合わせ引き金を引く。片方からは巨大な炎の弾丸が二発射出され、もう片方からは広範囲に渡って光線状になって炎が射出された。

「なっ!?」

少女は目を見開き、危険を感じこの場から離れようとした。が、何故か足下が動かなかった。まるで凍らされてるかのように。

「あら・・・逃すと思う? 悪いけどあんたを確実に潰す為に少し非情な手を使わせてもらったわ」

氷雨の声が背後から聞こえる。そして足下を見るとひざから下が完全に凍らされていた。
こうなると完全にチェック───詰みだ。
両手が使えるとはいえ下手な事をすると背後から撃たれるし、それでなくても炎が少女の元へ来て被弾する。これは避けられなかった。

「っ!! ぐっ・・・がぁ!?」

巨大な炎の弾丸二発が直撃し少女の顔が苦痛に歪む。

26:ゼシル :2015/08/12(水) 15:23 ID:7ZU

そして止めと言わんばかりに炎の極太レーザーが少女の身体を焼き尽くした。

「〜〜〜〜〜〜〜!?!?」

全身に駆け抜ける激痛。その痛みは想像を絶した。少女は声無き声を上げ、その永遠とも感じる一瞬を体感した。

「はぁ・・・はぁ・・・ぐぅぅぅ・・・っ! 離せ・・・、動か・・・せろ・・・」

少女が虚ろな瞳で氷雨を見ながら呟く。氷雨は呆れたように嘆息すると銃を下げ、少女を見下ろすように見つめた。

「随分頑丈なのね・・・はたまたたまたま運が良かったか・・・。まぁどちらでも良いわ。中々楽しかったわよ?クスクス・・・」

氷雨の冷笑が思考が半分停止している少女の鼓膜に届く。


ああ、ああ─────、こんなにも容易く破られるとは

「・・・ふふふ、ごほっ、ごっぼぉ・・・運が良かった・・・ですってぇ・・・?
ぁ、あいつに・・・あの女にぶっ殺されるだけなのよ?そ・・・れを・・・私が悪者みたい・・・に」

吐血をしながら、息も絶え絶えに肩で呼吸をしながら言葉を放つ。先程の超高音で喉と肺が焼かれているというのに、それすらも意に介さない様子で薄ら笑いを浮かべていた。

「ぅ・・・世界を・・・壊したくなければ、あいつを、ころ────」

「はいはい、分かったわよ。もう休みなさい。【絶零の氷壁】【真・氷結世界】」

氷雨がうんざりと言った様子で手を振りながら詠唱破棄で魔法を唱える。少女はそのままの体勢で分厚い氷に凍らされ、さらに少女の半径五十mが極寒の世界に晒された。

27:ゼシル :2015/08/12(水) 15:35 ID:7ZU

氷雨はやはり少女を一瞥したあと、その場を去った。 寂れた、ガレキだらけの街に少女の氷漬けが虚しくそこには点在していた。

────────────────────

とりあえずここまでご容赦ください。この先は考えていませんので。

さて新しく小説を書き始めたいと思うのですが、俺は迷っています。ジャンルはファンタジーですが、その内容に・・・です。
候補は3つあります。見てみたい!と思った方を選んでください。

@ 神の力を手に入れた堕天使二人と、それを余興のように遊ぶ神の話

A世界を救わんとして組織を立ち上げた6人の亜人達の話

Bある一人の神の物語

C 読者様からのリクエスト

28:ゼシル :2015/08/12(水) 15:40 ID:7ZU

まぁ、自動的に短くなりますがそこもご容赦願います。
ただ、俺の拙い文体でどこまでのクオリティーが維持出来るか、強化目的で書いていますので自己満足になりますね。

29:ゼシル :2015/08/14(金) 15:22 ID:7ZU

人が少ないここじゃ無理やったかなぁwww
なら適当な小説でも書くかなぁ。


書き込む 最新10 サイトマップ