潔癖症→イジメ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:すうぃーとぽてぃと◆/M:2015/08/31(月) 09:01 ID:JmI

清良 緋音 セラ アカネ (13)
中2

鈴木 沙耶 スズキ サヤ (13)
中2

漆咲 真宥 ウルシザキ マヒロ (15)
中3

香川 恵身 カガワ エミ (14)
中2

星野 優子 ホシノ ユウコ (25)
2-4担任

2:すうぃーとぽてぃと◆/M:2015/08/31(月) 09:21 ID:JmI

<プロローグ>

それは2年前。私達が小5のとき。

「緋音〜!!」
「なーに?沙耶」
「ハァハァ、今、喉乾いてるの!そのジュース、
ちょっとちょうだい!!ハァハァ…」

私は潔癖症。自分が飲んだものを渡すなんて無理。
でも沙耶は今、疲れてるよね…
でも…やっぱり…

「ゴメン、沙耶。他の人にもらって…」
「何それ!?自分一人で飲みたいからって、最悪!」
沙耶は、その頃買ってもらったばかりの
まだ使いなれないケータイで私の親友の恵身に
LINEした。
「緋音は欲張りでさ」
「飲んでたジュース、くれなかったヒドイ」

と送信し、私に見せてきた。
私はその時怖かった。
恵身がそれを信じて私から離れていったら…
そう思うと体が震えてきた。

ピロローン♪

恵身から返事が来たみたい。

「チッ」舌打ちをした沙耶。

画面を覗いてみると…

「緋音は自分勝手にそんなことしん」
「なんか理由があるはずやから」

ピロローン♪

私のケータイも鳴ってる。
恵身からLINE。

「今、沙耶とおるん?」
「何でジュースあげんかったん?」
「なんかあったん?」

「恵身、ゴメンね。心配かけて」
「私、潔癖症でね、飲みかけ渡せなかったの」

送信するとすぐに既読がついた。

「じゃあ沙耶にはそう伝えとくわ」

…………恵身はいつでも、優しいんだね。
それに比べて、私は……私は………

3:すうぃーとぽてぃと◆/M:2015/08/31(月) 09:43 ID:JmI

2年経った、今。

私はいじめられっ子。
支えてくれるのは恵身のグループ。
いじめっ子は沙耶のグループ。

原因はあのジュースのこと。
あのとき沙耶は友達に話を少し盛って、そのことを
話した。そのせいで、今や私は凶悪犯。
優しい恵身が、ちゃんと理由を説明してくれたけど、ダメだった。
沙耶の言った話はは瞬く間に広がった。
緋音を見る人の目はそれぞれ。

見て見ぬふりをする人。
同情のするような目で見ている人。
完全に軽蔑するような目で見ている人。
興味深そうにガン見してくる人。
こちらを見ながらクスクス笑っている人。

でも恵身だけは違う。
見ているだけじゃなかった。
ちゃんと、助けてくれた。
恵身は何も悪くないのに、

「私のせいやから。私、緋音になにもしてあげれんかったから」

いつもそう言ってくれる。
何をされても「緋音を守る」。
と言って味方してくれた。

4:+☆日和 まふ:2015/08/31(月) 12:07 ID:MIo


頑張ってください‼︎

見てて興味がある話ですね‼︎

更新楽しみにしてます`・ω・)

5:夢◆Ao:2015/09/01(火) 14:48 ID:mFo

>>4

ああああありがとうございますL(_ _)」

めっちゃやる気出たんで書きます(`・・´)φ

6:すうぃーとぽてと◆/M:2015/09/01(火) 14:59 ID:mFo

うわー誰か知られたら恥ずかしいから
トリップまで変えて小説専用の名前にしたのに
名前かえ忘れた(涙)

7:すうぃーとぽてと◆/M:2015/09/01(火) 15:07 ID:mFo

恵身には好きな人がいた。
3年の漆咲真宥先輩。
恵身は本当に漆咲先輩が大好きらしく、
いつも、前の通り掛かるだけで幸せそうな顔をする。
そして必ず、

「あぁ、漆咲先輩、かっこいい…
緋音もはやく、好きな人見つけなよ〜!」

と笑顔で言ってくる。
そんな日常が、ある日突然変わるなんて、
その時の恵身と緋音は考えてもいなかった。

8:すうぃーとぽてと◆/M:2015/09/01(火) 15:21 ID:mFo

日常が変わるのは、あっという間だった。

6月になり、蒸し暑い日が続く。
ある日、私が昇降口から出ると、漆咲先輩がいた。
そして私に向かって手招きをした。
え、何々?先輩、何かあったのかな…
そんなこと考えながら先輩についていく。
体育館裏までつれていかれた。
ここは告白スポットとして有名な体育館裏。
私はここに来たことはなかった。
少し戸惑いつつも、気になることを訊いてみる。

「あの、先輩…どういったご用件でしょうか…」

部活の先輩に習った、呼び出されたときの対応の仕方で訊いてみた。
すると、先輩は笑いながら言った。

「アハハッ、清良ちゃん…真面目ww礼儀正しすぎwやっぱこの子で正解だな!」

何が!?私で正解!?…なんなんだろー…
さっき以上に戸惑っていると、先輩の顔が急に
真剣になった。

「清良ちゃん、好きだ。付き合ってくれ…」

嘘ぉ!?この私なんかで、いいの!?恵身のが絶対にかわいいのに!!

9:すうぃーとぽてと◆/M:2015/09/05(土) 15:49 ID:uhQ

「ななななな、なんで…!?」
私、急に言われたって…
「清良ちゃんが魅力的だったからかな」
さらっとこたえてるけど…
それにしてもカッコいいな、漆咲先輩。
まあ、優しそうだし、okしても、いいよね…
「お、お願いします。漆咲先輩…」
力なく私がそう言うと、先輩は、
「付き合うんなら、俺はお前のこと、緋音って呼ぶ。お前は俺のこと、真宥って呼べ。それと、力なく返事されても、嫌々付き合うみたいじゃんww」
え?でも、先輩のこと、呼び捨てしていいの!?
戸惑いつつも、ためしに呼んでみる。
「ま、真宥っ…」
「うっわー、先輩のこと呼び捨てすんのかよー」
あ、やっぱりダメだった…
「スッ、すいません先輩…っヒャッ」


書き込む 最新10 サイトマップ