だんだん好きになる。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:未夢:2015/09/03(木) 17:04 ID:ZBg


浅井 雪帆
優しくて、癒しキャラ。男女共に評判がいい。

新井 勇人
やんちゃで活発な野球バカ。雪帆と同じクラスで、英語も一緒。ぶっきらぼうだが、かなり優しい。

プロローグ
まさか、好きになるなんて。
初めての気持ち。
ただの友達だと、思ってた。
好き。
そう思うようになるなんて。
浅井雪帆。
だんだん好きになる。

2:未夢:2015/09/03(木) 19:55 ID:ZBg

感想等聞かせて下さい!

3:未夢:2015/09/05(土) 18:39 ID:ZBg

「おはよう」
「はよー」
「おっはー」

言葉を交わしあう。
昨日は全然寝らんなかった。
………勇人のせいで……

「浅井?」

…………

「浅井!!」
わっ!!!!
勇人!!!
「お、おはよう!」
……………
………?
「クマ」
わっ!!!
そう言うと、勇人はあたしの目元を
触ってきた……!
「ちゃんと寝ろよ」
そう言って笑った。

っ………わぁ……
こんなことされたら、
心臓止まる〜!!

やっぱり、好きなんだ。
勇人のこと。
もう、ごまかせないよ。

あの手に触れるほど、
だんだん好きになる。

4:未夢:2015/09/05(土) 22:29 ID:ZBg

今日は体育の授業。
種目は……



    野球。

勇人の好きな、野球。
でも、ルールよく分かんないし
スポーツ自体そんな興味無い。

……だ…だからなにっ!?
……もお……

いいっ!
ふつーに頑張ろっ!

「浅井」
「ゆっ…勇人」

「どーしたの ルール分かる?教えてやろっか」

ええ!!
「いーの?」
「おー浅井足速いから俺のチーム入れよ」

……プッ
「自分のチームが勝ちたいからだ」

そうあたしが言うと勇人はばれたかと言う顔してあたしに言った。

「あったりー」
「やっぱり」
そう言うと2人で笑った。
「ほら」

「教えてやる」

……「うんっ!!」
そういうと、よし、とつぶやき、話出した。

野球を語る勇人は、いつもの勇人とは違って、輝いて見えた。


私は、野球も悪くないなと思った。
勇人の話を聞いて。

それから、野球の試合をテレビで見るようになった。

やっぱり面白い。
ついにはお気に入りの球団が出来るほど、野球が好きになった。
野球を語る勇人は、かっこいい。
野球も勇人も、だんだん好きになる。

5:真彩:2015/10/18(日) 22:30 ID:ZBg

「浅井、お願い!」
「わ、わかった!大切にしてよ?」
そういって1この消しゴムを手渡した。
その消しゴムは交通安全教室を終え、
皆に配られた消しゴムだったので、私は使わずにとっておいていた。

それを勇人は妙に欲しがっていた。
「はいはい。誰にも言わないでよ?」
「やったー!サンキュー!」

あれから3ヶ月。
授業中、クラスメイトが言った。
「先生!交通安全教室の消しゴムが落ちてます!」
あ、あの消しゴムは勇人にあげた…
まぁ、勇人のことだから、練り消しにでもしたんだろ。

そう思って勇人の方を振り向くと……

続く!
ちなみに、これ、名前はちょい
変えましたが、全部実話です!


書き込む 最新10 サイトマップ