桜蓮学園物語

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/09(水) 23:06 ID:ikA

恋愛、友情、いろんな要素の入った小説を書きたいとおもいます!!
なるべく毎日書きます!!
まずはキャラ紹介から

2:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/09(水) 23:19 ID:ikA

紫田 雷霧(シダ ライム)
2年生。学年1の成績優良児にして、運動も最上級。ピアノが得意である。がしかし、決定的に欠けている物があるらしい。

津田 詠助(ツダ エイスケ)
2年生。紫田の親友にして、学年4位の成績を持っている。美沙都が大好きだが近づけずにいる。

米崎 美沙都(ヨネザキ ミサト)
2年生。小柄でかわいい。男子からの人気はかなり高いが、紫田以外の男子には冷たくする節が見られる。

青木 奈々(アオキ ナナ)
紫田の幼なじみ。かなり楽観的で、紫田をよく困らせる。美沙都の気持ちをよく知る親友。

3:紫蒼璃羅@調理師(元りら☆):2015/09/16(水) 20:19 ID:ibc

がんばって〜!!(人任せな自分…)

4:紫愛刹那@秘書:2015/09/16(水) 20:21 ID:OJQ

が・ん・ば・れ!ヽ(^^)(^^)ノ♪

5:紫惡死神@殺し屋:2015/09/16(水) 20:22 ID:I3c

頑張って!!!!

6:紫檗佐南@書記:2015/09/16(水) 20:26 ID:OOQ

頑張れー❗️

7:紫萌荵喜@官房長官:2015/09/16(水) 20:49 ID:DdI

がんばれ〜!
そういや津田って誰がモデル?

8:紫金海里@海上保安官:2015/09/16(水) 21:17 ID:f9o

がんばって!

9:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/16(水) 23:04 ID:DUw

モデルについては後日発表予定

10:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/16(水) 23:21 ID:DUw

薄暗い放課後の音楽室に・・・一人の男子がいた。
外からは野球部の元気な声。
「・・・ああ。分かった。ミサトとの縁組みなら・・・任せろ。」
そう言うと彼は携帯をポケットにしまった。いつしか、薄暗い音楽室から幻想的なピアノの音色が響いていた。


「あーあっ!!!何て鈍感なの紫田の奴ー!!!普通一緒に帰ろって言ったらドキッとするでしょーー!!!何よ、1人で帰ることもできんのか?って!!!」
学校からの下校路地で人目も気にせずキーキー声をあげているセーラー服の女子。若干茶髪っぽいその髪はどこか上品さを物語る。
「あはは・・・紫田君だって色々あるんだよ・・・きっと・・・そう・・・きっと・・・」
キーキー声とは対照的に落ち着き払った女子。冷静な眼差しの奥に、どんな感情が眠るのかなど、知るよしもない。
二人は、帰り道を歩いて行った。

11:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/16(水) 23:33 ID:DUw

桜蓮学園中等部ーーー全国偏差値76を誇る。そんな名門校に、二人の男子生徒が向かっていた。
「なぁライム〜〜ミサトちゃんとの縁組み、まだかよー。」
ライムと呼ばれた男・・・紫田雷霧
テストは490点安定。運動神経も最高級のそれを持ち、音楽に関しても抜群の才能を持つ。当然、女子からの人気者抜群である。彼自身は全く気づいていないようだが・・・
「だからさ・・・津田、ミサトは男子嫌いなんだって・・・」
津田詠助。紫田の親友である。日頃から一緒にいるため、友情以上の関係を疑われたこともある。
「じゃあ何でライムは仲いいんだよっ」津田がキッとなる。
「・・・俺にもわからない。変な奴だとは思うけど」きょとんとする紫田。
「そこを言いたいんじゃないよー・・・」威勢がなくなる津田。
「じゃ、あとでな。今日は一緒に学食食おうぜ」紫田と手をふって別れる。

「はぁ・・・紫田くらい俺もモテたらな・・・」津田はため息をつく。
紫田は教室へ入る。すると・・・

次へ続く!!!

12:紫檗佐南@書記:2015/09/17(木) 00:09 ID:OOQ

おおー❗️
続きが気になるーー(((o(*゚▽゚*)o)))
面白い❗️

13:紫愛刹那@秘書:2015/09/17(木) 16:40 ID:OJQ

どーなんの!?!Σ(゜Д゜)

14:紫蒼璃羅@調理師(元りら☆):2015/09/17(木) 18:06 ID:ibc

わくわく・ドキドキ♪

15:紫金海里@海上保安官:2015/09/17(木) 21:06 ID:f9o

とっても面白い!

16:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/17(木) 23:05 ID:DUw

ガラガラガラ・・・
「おはよう」
「オー!!紫田!!お前来るのおせーぞ!!お前が来ないから待ってたんだぜ??ジャンケン大会!!」
男子たちがすぐに紫田に群がる。
「あー!男子に紫田君先取りされたよ・・・チェ〜」
女子たちがコソコソ話。
「んで・・・ジャンケン大会とは・・・これいかに??」状況をつかめない紫田。
「ジャンケンで一番負けた奴が公開告白!!」能天気男子の佐野が嬉しそうに言う。
「お前ら・・・組んで俺を落とそうとしてるな・・・??」
「え、え?何の話かな??」あからさまにとぼける男子たち。
「紫田に告白されたくない女子手ェあげろーー!!!」佐野が叫ぶ。
「・・・っ!!!よせよ」
「・・・・・・・・・・・・」静まり返る教室。うつむき赤面する女子、佐野の胸ぐらを笑ってつかむ紫田。
「お、お前らー!俺に構わずジャンケンをしろーーー!出さなきゃ負けよを言えよーー!!?」佐野が言う。
「・・・佐野。カッコよくねぇぞ、おい」紫田もあきれ返る。
そんななか・・・
「はーいはーい!!!ウチコクられたくないーー!!!」
全員の視線がその女子による。
「な、奈々・・・」
「青木・・・??」
手をあげ振っていたのは、青木奈々。紫田の幼なじみだ。茶髪混じりの黒髪にポニーテールの少女だ。
「無欲だね〜奈々さん。」誰かが青木に言う。
「紫田君以外奈々って呼ばないで!!!ライム!!!ウチはライムに告白されたくない!」
「・・・へへ。しねぇよ」苦笑する紫田。
「ニヒッ!!!」ウインクする奈々。
「・・・・・・・・・・あぁ・・・。わかったよ」紫田は察した。
13年前からの掟・・・・・・・・・
「右目のウインクは今夜家に行く!!!」

17:紫愛刹那@秘書:2015/09/18(金) 07:24 ID:OJQ

ん?掟??
続きが知りたい!!

18:紫蓮雷煌@理事長 warukyule_0818@yahoo.co.jp :2015/09/19(土) 00:47 ID:DUw

奈々は、親友、[如月 雪綺]と朝の件についてはなしを話をしていた。
「ねねぇ、奈々」
「なにー??」ペンを回しながら廊下で立ち話をする奈々
「紫田君に告白されたくないって本当??」
「・・・」奈々のペンを回す手が止まる。
「幼なじみなんじゃないの??」
「・・・もちろん、ライムが嫌いとは言わないよ??」
「じゃあ何で!!」
「それはね、ーーキーンコーンカーンコーン!!ーーだからよ」
チャイムの音で奈々の声は消された。

19:紫檗佐南@書記:2015/09/19(土) 01:02 ID:OOQ

おおっ!
ヤバイ…『なな』は、何て言ったのか気になるぅー!!!www

20:紫愛刹那@秘書:2015/09/19(土) 08:05 ID:OJQ

それな!(σ・∀・)σ
続きが楽しみ!

21:紫桜星杏@会計士:2015/09/19(土) 11:13 ID:736

やっぱりつ兄小説上手い‼️


書き込む 最新10 サイトマップ