星空が聴こえる . 

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1: ちあ . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/08(木) 18:36 ID:woU



  " 音 " という単語には
 何かしら縁があったのかも知れない 。

 思えば名前も「 音村 」な訳だし 、
 昔から音楽は得意教科だった 。
 成績は常にオ−ル5をキープしていた 。

 付いたあだ名は「 ベ−ト−ヴェン 」.
 最近はたまに「 ゴ−ストライタ− 」と
 呼ばれることもあるが 、耳は聞こえる 。
 
 まぁ それほど音楽が好きであり 、
 音楽の分野に関しては他人からの評価も
 篦棒に高かった 。


        ♡.✡*。・


 >>2 .、 / 色々 。

 

2: 茅光 . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/08(木) 18:44 ID:woU



[ _ ほしぞらがきこえる . ]

 
 ど−も " 茅光 " です (´・艸・`♡)
 小説板は二回目ですん .
 
 続くかどうか分からんし 、
 たぶんタラタラ更新すると思います ..、

 暖かい目で見てくださ (((

 では 、よろしくお願いします (*´∀`*)


 

3: 茅光 . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/08(木) 20:16 ID:woU



 まぁ そんなわけで 。
 今日もイヤホンを付け自室に籠っている 。

 クラスメイトと遊びに行ったりだの
 彼女といちゃつくだの 。
 そういうのとは無縁 、という訳でもないが
 誘われない限りそういうことはしなかった 。

 もしかしたら僕はクラスの中では
 浮いてる存在なのかもしれない 。
 周りから受ける冷たい視線と 、
 特に親しい友達が居ないことから
 ほぼそうだと言える 。
 
 先程は「 付いたあだ名はベ−ト−ヴェン 」
 などと言ったが 、
 裏でそこそこ呼ばれてるだけであって 、
 面と向かって言われたことはほぼないに等しい 。
 そもそも僕の名前をみんなが覚えてるか 、
 それさえも怪しい 。
 本名がベ−ト−ヴェンかと思ってる人も
 いるかもしれない 、
 それくらい影が薄く 浮いてる存在だったのだ .




 

4: 茅光 . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/08(木) 20:24 ID:woU




 そんなことを考えながら 、イヤホンを外す .
 少しボロくさいそのイヤホンは 、
 ゲームセンターで格安に取ったものだった 。
 
 耳が少し痛くなってきたので 、
 イヤホンからCDプレイヤ−に変えることにした 。
 あまり僕の耳の形にはあってないのかもだな 。

 今までイヤホンで聴いていたのは洋楽 、
 今度は邦楽でも聴こうかと思ってCDをセットする.
 セットしたCDは大好きなバンドの
 firstアルバムだった 。

 男性ボーカルが歌いあげる
 なめらかな高音が耳に心地良い 。
 このまま一日過ごせそうだ 。

 
 

5: 茅光 . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/08(木) 20:34 ID:woU




 このバンドは歌詞が素敵で
 初めて聴いた瞬間 ピピッ ときた 。
 これも一種の一目惚れなのかもしれない 。

 こういう歌詞やメロディーなどは 
 パッと降りてくるものなのだろうか 。
 そうではなく 、頭をこれでもかと 
 フル回転させ 、脳をねじって
 出てくるものなのだろうか 。
 僕は圧倒的前者なのだが 、
 どちらにせよそのバンドが凄いのは事実だ 。

 そんなことを考えつつ机に手を伸ばし 、
 引き出しを開ける .

 きちんと整頓されたそこには
 ペンケ−ス 、小説数冊 、
 あとはノートが入っていた 。
 
 僕はそこからノートだけを取りだし
 引き出しを閉めた 。


   「 ミライノート No.9 」


 表紙にそう書かれたノート 。
 右下には割りと雑な字で
 「 音村一希 」と自分の名前が書いてある 。
 
 そろそろ全ページが埋まるであろう
 そのノートの内容は 、

   「 ** 」



 

6: 茅光 。 ◆yo Mてぃ−ちゃ−は独身 、チャンス 。:2015/10/08(木) 21:35 ID:woU



 ___ 翌朝 。

 僕はさっとシャワ−に入り 、
 朝御飯を食べる 。
 仕度を済ませ 、家から徒歩五分という
 これまた近い中学校へと登校する 。
 まあ近くて困ったことはないのだが .

 昇降口に付き 、上履きに履き替える 。
 2年生に進級したと同時に
 上履きを変えた覚えがあるので
 この上履きは1年と3ヵ月ほど使っている 。
 ちょっと黒ずんできたのが
 使い古している証拠だ 。

 3年生の教室がある階は3階なので
 ちょっと遠い 。
 めんどくさい階段を上り教室へと入る 。

 おはよう と言っても誰も返してくれないとおもうので 、挨拶をせずに自分の席につく 。
 

7: 茅光 。 ◆yo Mてぃ−ちゃ−は独身 、チャンス 。:2015/10/12(月) 15:15 ID:woU




僕はいつも通り本を読む 。
この時間はとても好きだった 。

友達等としゃべるのも嫌いじゃなかったが
自ら話しかけて __.、 などはしなかった 。

なんら変わったこともなく、放課後。
今日はちょっとした用事があったので
学校に残る 。

その用事と言うのは、今度行われる合唱コンク−ルの指揮者のオ−ディション 。
学年で一人しか選ばれないらしいが、
噂によると12人ほど立候補したと言うので、オ−ディションをして決めることになったのだ 。

僕は音楽に関しては積極的な方なので、指揮立候補者 集合場所の第二音楽室に向かう 。

第二音楽室は、生徒数か減った今
あまり使われていなくて、少し道に迷ったりした。

8: ちあき . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/12(月) 17:43 ID:/c.




僕は第二音楽室のドアの前に立った 。

すると、何か音が聴こえる 。
だが、どうやら指揮のオ−ディションを
やってるわけではないようだ。
うっすら人の影が見えるが、ぱっと見
一人しかいない。

耳を済ませると 、綺麗な歌声が聴こえてきた。
透き通るような高温 、たぶん女性の声。

歌ってるのはJ-pop .
今 流行りのア−ティストの歌。

僕は完全に聴き入っていた。
数分くらいは経っただろうか。
あまりにも綺麗な声で、いつまでも聴いていられた。

とは思うものの、指揮者のオ−ディションは
やってるのか、それが気になった。

仕方なく、それを聞くため
僕は思いきってドアを開けた。
勢いよく ガラッ と音がした。

「 うわぁぁぁ!? 」

9: 茅光 . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/12(月) 18:32 ID:/c.




響いたのは少女 ...でもないが
若い女性の叫び声。 
僕も思わず わっ.. と驚きの声をあげた。

美声の持ち主は僕の学校の制服を着ていた。
どうやら他校の人でも教師でもないみたいだ。

教室を見渡してみる。
この教室に一人でいたらしい。
他の生徒の姿は見られない。

そんなことより、指揮者。
オ−ディションの話は何処へ。

僕はドアを開けた目的を果たす。
思いきって話す。


「 あの...指揮者のオ−ディションは.. 」


『 えっ、あっ私ですか? 』


君以外に人はいないよ ..、なんて思いつつ
話を続ける。

「 うん。 」


『 それなら明日じゃないかな.. 』

女子生徒は小さい声でそう言った。
え、明日なの?僕の勘違いなの?
ていうかじゃあ君はなんでここにいるの?

10: 茅光 . ◆yo ぼくのすうがくのせんせい。:2015/10/12(月) 18:53 ID:/c.



疑問は膨れ上がったが、
ここでどこの誰かも知らない女子生徒に問い詰めても無駄だと思った。


僕は『 そっか、ありがとう 』と言って
第二音楽室を後にする。


__ つもりだった。

扉を閉めて数秒後、机を 1、2、3、4、とリズムよく叩く音が聞こえ、それに合わせ女子生徒はまた歌い出した。

今度は今度の合唱コンク−ルの課題曲だった。

綺麗なソプラノ。
今まで聴いたことないくらい、すごい。
それ以外の誉め言葉も言えないくらい、ほんとに。

凄すぎて、なにも言えないってよく聞くけど
たぶんこのこのなんだろうなって思った。

11: 茅光 。 ◆yo Mてぃ−ちゃ−は独身 、チャンス 。:2015/10/12(月) 22:20 ID:woU



「 っ 、あのさ..! 」


僕は一度閉めたドアを開けて言った。

綺麗な声の持ち主は再度 「 うわっ 」と声を出した 。
歌声とは少々違うなぁ..ちょっと低い。女子の中でも低い方かもな 。


『 なんでしょうか... 』


「 今のさ、君の声? 」


『 あっ、はい。 私の声です... 』

一人しかいないんだからそりゃそうなんだけど。確認のため。

本当にこの子の声なんだ 。
それはどこの誰だか知らなくても尊敬する。
あぁ、某ゴ−ストライタ−で問題になった作曲家とは違い 、耳が聞こえて良かった。人生素敵。


『 ていうか、誰ですかっ.. 』

「 音村一希です、1 - 3組 。 」

『 私は小澤葉月です。1 - 6。 』

12: 茅光 。 ◆yo Mてぃ−ちゃ−は独身 、チャンス 。:2015/10/12(月) 22:20 ID:woU



※ 「」=一希
  『』=葉月

13: 茅光 。 ◆yo Mてぃ−ちゃ−は独身 、チャンス 。:2015/10/13(火) 13:27 ID:woU



あまり喋らない僕だったが、
今度ばかりは彼女に話しかけた。

「 そっかぁ、歌すごかったね 」


『 あ、りがとう.. 』


「 なんかもう一曲歌ってよ 」


『 それはちょっと、私下手だし 』


どこが下手なんだこの野郎、
とか思ったけど初対面に等しいので言わない。


「 歌手とかさ、どんな人が好きなの? 」


僕がそう聞くと彼女は、今流行りのバンドと女性ア−ティストを言った。

それから彼女はこういった。

『 あとね、動画サイトに投稿してるだけで、全然有名じゃない人なんだけど、neson っていう人が好きなの。』

「 そっか。 」


『 その人ね、ボカロ曲とかも作ってるし、普通にソロで曲も作ってるの。それがまた元気出る曲なんだあ。 』


彼女はそれからも熱く語った。
なんだか僕まで元気が出た。

14: 茅光 。 ◆yo おっおっおっ(^ω^):2015/10/17(土) 20:37 ID:woU



『 neson 』___ ねそん

15: 茅光 。 ◆yo おっおっおっ(^ω^):2015/10/17(土) 20:44 ID:woU




僕たちはそのあと数分喋ってから
別れの言葉をいい 、僕だけ第二音楽室を出た 。

僕はまっすぐ家に帰った .
家について一言 ただいま といって
自室へ向かう 。

なぜかこの時 、もう僕はなんでも出来そうな気がした 。



今日はひとつ予定があった 。
その予定とは 、国民的動画サイト [ ねこねこ動画 ] に動画を投稿することだ 。

16: 茅光 。 ◆yo おっおっおっ(^ω^):2015/10/17(土) 20:50 ID:woU




「 ミライノ−ト No.9 」

僕はそれを机から取り出した 。

動画の完成はもう間近だった 。
最終調整として 、ベ−スの音の打ち込みを変えるだけだった 。

僕は 「 ミライノート 」を見返す。


       「 作詞 」       

そのノ−トは一面に
自分の脳内から作り出した歌詞が書かれていた 。
つまり言い換えれば 「 作詞ノ−ト 」。

それを自分で歌って 、楽器をパソコンで打ち込んで動画を作るのが趣味だった 。

今までに出した動画は11本、
そのうち3本はボ−カロイドが歌っているものだった 。

再生回数はどれも8000回前後と、
あまり伸びてはいなかった 。

17:  茅光 ◆yo:2015/11/07(土) 22:46 ID:woU




ベ−スの打ち込みを最終調整し、
僕はその動画を投稿した。

かなりいい出来だった。

今回はボカロではなく、
僕自身が歌ったものだった。

いつか誰かに歌ってほしいな、なんて思いながら、日課の人気動画チェックをする。

人気動画上位には、
有名な実況者、今流行りのバンドのMV、面白い海外の動画などがあった。

僕は " 歌ってみた " が好きなので
人気の歌ってみた動画を探した。

1時間は経っただろうか、

僕はある人の動画を聴いてきた。

" 「 明日 」歌ってみた "
" 「 we are happy 」歌ってみた "

18:  / 茅光 / ◆yo:2015/11/08(日) 14:36 ID:woU




その人は透き通るような美声だった、
たぶん女性だ。

名前は “ ようげつ
コメント欄を見ると、ネット上では " ようたん " と親しまれてるらしい。

ネットの見すぎでそろそろ目が痛くなったので、僕はパソコンを閉じ、明日の学校の準備をした。

19:  / 茅光 / ◆yo:2015/11/08(日) 14:46 ID:woU




翌日、いつも通り仕度を済ませ学校に行き、何事もなく授業を終わらせ、放課後になった。

いろいろあって忘れていたが
昨日、第二音楽室にきた目的は
指揮者オ−ディションのためだった。


僕は今日こそ指揮者オ−ディションを受けるべく、第二音楽室へと向かう。

__ 途中 .


視聴覚室から昨日の美声が聴こえてきた。
僕は吸い込まれるようにその部屋に入った。


「 あのさ、 」


『 うぁぁ!? 』

美声の持ち主、つまり小澤葉月はちょっとした悲鳴をあげた。

『 あっ、あぁ、昨日の.. 』

「 一つお願いがあってきたんだ 」

『 そうなんだ、何? 』

ほんとは願いなんて決まってなかった。
此処に来たいなんて思ってなかった。視聴覚室に用はなかった。

指揮者オ−ディションなんて頭の片隅において、僕は小澤葉月に " 願い " を話した.

20:匿名:2015/11/08(日) 20:07 ID:exA

とても面白いです!続き期待してます!

21:  / 茅光 / ◆yo:2015/11/08(日) 21:39 ID:woU



  / >>20  / 匿名さん

 
 ありがとうございます!
 そんなこと言われたの初めてです..(*´ `*)

 これからもコメント待ってます ☆"

22:  / 茅光 / ◆yo:2015/11/08(日) 21:45 ID:woU



「 あのさ、僕の歌... うたってくれない? 」


僕がそういうと、小澤葉月は

「 なにいってんだこいつ 」

と言わんばかりの目で僕を見つめた。
それはもう僕も恥ずかしくてたまらなかった。

けど、止まらなかった。

長年の夢。
誰かに歌ってほしかった。
偶然に偶然が重なってできた出会いだから
今逃す訳にはいかない .

『 待って待って、" 僕の歌 "ってなに? 』

小澤葉月は不思議そうに聞いた。

「 なんていうかさ、僕が作った歌?みたいな? 」


疑問系に疑問系で返した僕は
きっとかなりのコミュ障。

『 っていうことは作詞作曲ってこと? 』

「 そうそう、一回でいいから、歌ってほしいんだ。 」

23:匿名:2015/11/09(月) 17:34 ID:mT.


>>10
主人公のセリフ、「」じゃなく
『』でいいんですか?

24:  / 茅光 / ◆yo &:2015/11/09(月) 18:42 ID:woU



  / >>23 / 匿名様


 うわぁ、ほんとですね.
 ごめんなさい (。´-ω-);
 ご指摘ありがとうございます!、

25:  / 茅光 / ◆yo &:2015/11/09(月) 20:17 ID:woU



『 え−..、 』

「 ダメかな? 」

『 私そんなに人様の歌うたえるほど自信ないし. 』

「 一生のお願い 」

『 それ何回でも使えるよね 』 

「 うん 」


会話は終わった。
ああ、もうなんなんだ。

このあとも粘ってみたものの、
" そんなにうまくない " の一点張り。

小澤葉月は意外に頑固だった。



数十分経過した。

粘って甲斐があった、
小澤葉月は漸く頷いてくれた。

彼女は" しょうがないなぁ " と一言溢した。

26:  / 茅光 / ◆yo &:2015/11/09(月) 20:18 ID:woU



>>25

 下から4行目、

 粘って×
 粘った○

27:  / 茅光 / ◆yo &:2015/11/10(火) 19:18 ID:woU




とりあえず僕の家に集合することになった。

歌詞とメロディ−はできていたので、
あとは小澤葉月が歌を覚えてくれれば
完成に近づく。
 

僕と葉月は家に向かった。

「 どうぞ、あがって 」

『 おじゃましま−す、 』

葉月はちょっと緊張したように言った。

「 親仕事だから別にそんな
 堅苦しくしなくていいよ。」

小澤葉月はほっとしたような表情になった。

「 でさ、これなんだけど 」
 
『 お、聴いてみるね 』


小澤葉月はそういうと
僕がつくった音楽を聴いた。

途中、表情が少し綻んだ。

28:  / 茅光 / ◆yo:2015/11/10(火) 21:49 ID:woU



『 いい曲だった、 』


全部聴き終わったあと、
小澤葉月は一言だけそういった。
てか小並感ハンパないな。


「 でさ、これを明日までに覚えてくれない? 」



『 ん? 』


美声を発するとは思えない声で
葉月は聞き返した。

『 なんで? 』

「 見てこれ。 」

僕が見せたパソコンの画面。

『 なに..?


 [ あの ようたん こと " ようげつ " が明日、夜8:00から ねこねこ動画で生配信! ]


『 ...え? 』

「 ネット上にこう書き込まれてるけど。だから、この曲覚えて。 」

『 ..なんで知ってるの?ていうか配信ってなに?..なんで!? 』

小澤葉月は慌てていた、
というかこんな状況なら慌てるだろう。

29:  / 茅光 / ◆yo:2015/11/10(火) 22:10 ID:woU




「 昨日聴いたんだ、ようげつの " 歌みた " 。 葉月にそっくりだった。 あと"葉月"って"よくげつ"って読めるでしょ? 」

『 うん。ようげつは私だけど...
  でもそれとこれは別っていうか.. 』


「 僕が、歌ってほしくて。 」

30:  / ちあき / ◆yo &:2015/11/11(水) 20:08 ID:woU




『 はぁ? 』
 
「 だから、僕が書き込んだの。 」

『 は?なにそれ、いつ? 』

「 今さっき。 」

『 なんでそんなことしたのよ!.. 』


小澤葉月は大きな声を出して僕に詰め寄った。

「 君が、誰かの歌うたいたいって言ってた。 」

『 ... 』

「 葉月の動画の中に、一つだけ歌みたじゃないのがあって、見たら自己紹介動画みたいな感じで、最後に

" 次は誰かの歌をうたってみたい "  

って言ってたから。 」

『 でもだからって.. 』

「 悪かったとは思ってるけど、
  僕も歌ってほしいと思ってる。 」


『 分かったよ!私も歌いたいし!覚えますよ! 』

31:  茅光 ◆iI:2015/11/15(日) 16:14 ID:woU




翌日。


「 よし、覚えた? 」


『 う、うん!頑張ってみる! 』


PM 7:59 。

" ようげつ " こと小澤葉月の
生配信予定時間まで残り1分。

画面には " 音の手品【ようげつが歌ってみた】(オリジナル) " とある。

『 うああぁ、緊張する。私がコピ−以外をみんなの前で歌うのはじめて... 』

「 似たようなもんじゃん.. ちなみに閲覧数8396人だよ。 」


『 えええ!?多くない!?そんな人の前で歌うの!? 』

「 ちょっと人数の少ない武道館で歌ってくれてると思えば... 」


『 はぁ... 』


「 じゃあいくよ 」


『 うん... 』


8:00。
画面には葉月の姿と沢山のコメント。

[ようたんキターーーーーー!]
[何歌うの??]
[あくしろよーー]
[楽しみ!!]
[ようげつ可愛い]
[早く早くー]

32:  ちあき 。 ◆iI:2015/11/29(日) 15:36 ID:woU




『 みなさんっ、こんばんは!ようたん こと ようげつです!今日はオリジナル曲、"音の手品" を歌わせて頂きます! 』


そこから曲紹介、ようげつのちょっとした雑談が入った。

『 では、"音の手品"です. 』

画面には先程同様、たくさんのコメント。

[キターーーー]
[ようたんかわいい!!!]
[楽しみ!!ついに歌う!]
[頑張れーーーーー(`・ω・´)]

僕は " 音の手品 " を流した。


静かで僕ら二人しかいない部屋に、
音楽が響きわたる。


『 音の手品 君に聴かせるよ 〜.. 』

相変わらずの美声に、
僕と画面の前の人々は驚く。

[ うまっ!!! ]
[ 安定の美声☆ ]
[ がんばれー ]
[ 歌詞もいいね!! ]
[ 最高!! ]
[ 声きれいすぎ!!うらやましい ]

33:    茅光.、     ◆iI:2015/12/02(水) 17:17 ID:woU




( やっぱり、葉月凄いなあ。 )

僕は改めて想う。

才能が違うよね...
なんか自分が小さく想えるよ。

僕は想わず聞き入ってしまう。

『 音の手品、君に届け 〜.. 』

[ ようたんいいぞーー!!!!! ]
[ 神ーー ]
[ めっちゃ盛り上がる!うまい! ]
[ ようたん最高すぎる!! ]


『 ..ここまでご視聴ありがとうございましたっ!! 』


こうして葉月の生配信は終わった。

終わるなり、葉月は床に膝を付くように落ちた。
まあ無理もない、
人数的には武道館でライブやったんだから。

『 うああぁぁぁぁ...緊張した 』

葉月は息をふーっ、と吐いた。

「 お疲れ様、 」

34:    茅光.、     ◆iI  すき。:2015/12/02(水) 20:10 ID:woU




 登場人物整理。


  音村一希   _( おとむら かずき. )

  高校1年。男。
  基本的に人とは接しないが、
  趣味があう人とはすぐに打ち解ける。
  少し強引なところがあったり、
  人と違うところがある。

  
  小沢葉月   _( おざわ はづき. )

  高校一年。女。
  普通に友達も多く、元気。
  初対面の人には多少、人見知りすることも。
  とても歌がうまく、
  小学生の頃は合唱団に入っていた。
  歌みたは中学二年生のころからやっていて、
  徐々に人気を博す。
  

35:  茅光  ◆iI:2015/12/19(土) 13:52 ID:woU




『 ん、こっちこそありがと。意外と楽しかった。 』


ぺこり、と軽くお辞儀をされる僕。
反射的に"僕こそ"とお辞儀を返してしまう。

なんか自分の曲を世にこういう形で披露出来たのもそうだけど、小澤葉月が歌ってくれて嬉しかった。
【 音の手品 】は僕の中でかけがえのないものになっていた。


青春ってこれか。みたいな。
よくわかんないけどそういう感じだ。

『 まあもう遅いし、とりあえず帰るね。
  今日はありがと。 』

「 送ってこうか? 」

『 んーん。大丈夫。 』

玄関で一言 おじゃましました と言って
葉月は自宅に帰った。
 

36:  茅光  ◆iI:2015/12/19(土) 14:02 ID:woU



それから1時間ほど経った。
ネット上では " ようげつ " の生配信について
Twitterなどで盛り上がっていた。

改めて人気だなと思い知らされる。
そんな人気な同級生に曲を提供出来たこと
奇跡に想う。

なんてことを考えていると、
僕の携帯が振動した。

【 差出人:小澤葉月

  今日はありがとう。
  意外に楽しくて、良い日になりました✌
  前まではほんとはすごい嫌で、
  お前が生配信って書き込んだって知ったとき
  割りとガチで3発殴ろうかなって思った。👎💢
  けどまぁ、悪くないね。
  また、良かったら曲ください🎼    
  生配信も君が良いなら、またやろう。】

小澤葉月は意外に丁寧なやつだなって想う。
きっとこれも人気の理由なんだろう。
リアルに女子とのメールはしたことなかったので
すごい緊張するが、
僕はお礼のメールを返した。

37:  茅光  ◆iI:2016/01/02(土) 13:23 ID:woU





 『 おはよう 』


朝の昇降口で話しかけられた僕は、
家族以外からめったに言われないその挨拶に
とてもびっくりする。 
話しかけた人物は、1年6組小澤葉月。
昨日生配信を共にした仲間(?)だ。

「 お、おはよう.. 」

『 なにビクビクしてんの? 』

朝から強気な彼女。
朝からちょっと気弱な僕。
家だと葉月に対しても普通なのに。
学校というものはなんて不思議なんだろう。
普段、僕が学校でぼっちなせいかな。

朝の挨拶を交わすと、小澤葉月は
さっさと階段を上っていった。
僕も後に続くように
階段を駆けていく。

38:  茅光  ◆iI:2016/02/21(日) 14:09 ID:woU




教室につくと、僕はいつものように席につき、
本を読み始める。

まわりの女子はスマホ片手にきゃあきゃあと
騒いでいるが、僕は
友達やらなんやらと喋る必要もないし、
そもそも喋る意味も見出だせない。

初夏の風が心地よく、
指で紙を押さえてないと
すぐにページが捲られてしまう。
窓際の席はなんていいものなのだろうか。

  

「 席につけーーーー!授業始めるぞー! 」



理科の教師の声で生徒は慌てて席につく。

一時間目からの理科はとても面白味のないもの。
寝ろと言ってるようなもんだ。

初夏の風に揺られながら、
僕は眠りについた。

39:ミニ ミニ:2016/02/21(日) 14:48 ID:4WQ

とっても面白いです!

40:  茅光  ◆iI  :2016/02/21(日) 17:19 ID:woU




>>0039

ありがとうございます!
そういって貰えて嬉しいです(*´`)、

41:ミニ ミニ:2016/02/22(月) 19:10 ID:4WQ

続き楽しみに待ってます!

42:  茅光  ◆iI  :2016/02/23(火) 22:17 ID:woU




>>0041.

ありがとうございます!!、
ゆっくり更新ですが、
よろしくお願いします(*´-`)、

43:  ちあき  ◆iI:2016/02/28(日) 17:29 ID:woU





「 だから、大地の変動によって地面が・・・ 」


この眠気はいったいどこから来るのだろうか。

授業開始10分。
・・僕にとっては睡魔との格闘時間だ。


正直理科とかどうでもいい。
音楽やりたい。音楽やりたい。


そんなことを考えてたら、
僕のかばんから音がした。
周りには聞こえないくらいの、小さな音。


発信源がスマホだと気づき、
僕はポケットから、本来、授業中に触るはずがないそれを取り出した。



メールが来ている。
  
家族以外とほぼやりとりしたりしない僕だ。
家族は今、仕事だし、妹は学校だし、
と、なると。相手は・・


 " 差出人:小澤葉月  件名:急いで来い "


世界一の美声の持ち主( 僕調べ )、小澤葉月だ。
件名だけからすると、完全に借金取りだな・・。


おそるおそるメールを開く。


『 あなた、今どうせ暇でしょ?
  第二音楽室に集合☺ 10分以内ね!✨
  遅れたら....👎💢 』


暇だけど暇じゃない。
そう言う人の気持ちがよくわかった。
世界にはまだまだ知らないことがあるなあ。
 

彼女は最初こんなんじゃなかった。
もっと可愛いげがあって、ふわふわしていた。

今はこんな緩いヤンキーみたいなメールを寄越すようになった。人間は変わる。


書き込む 最新10 サイトマップ