色々な小説を書くスレッドpart1

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:すずか◆1o:2015/10/11(日) 15:54 ID:nwc

はじめまして!すずかです!
この前は無駄スレ立ててすみませんでした!
小説を書くスレッドを作ったんですが、タイトルを変えられないので、新しく作りました・・・。
本当にごめんなさい!(><)
ですが、今度はきちんとしますので・・・(´;-;`)
あ、荒らしや悪口が無ければ書き込みOKです!
ここでも、色々な小説を書いて行っても良いですよ!
それでは、宜しくお願いしますね!

2:あかり◆d5c:2015/10/11(日) 15:56 ID:fFU

読むぜ〜
いつも、お馴染みのあかりで〜す♪
すずかと来たら、あ・か・りです(*^o^*)

3:すずか◆1o:2015/10/11(日) 16:17 ID:nwc

キャラクター紹介 一回目

楓・・・物静かで優しい女の子。ある日、魔法の町に突然行ってしまい、悪人と戦う為に魔法使いになる。好きな食べ物はプリン。桜と一緒に魔法の町で生活して行く。

桜・・・楓と一緒に立派な魔法使いを目指すパートナー。明るい性格で食いしん坊。悪人の愛菜の事を倒そうと特訓して居るが、中々強くなれない。魔法の力は「元気」

菜々子・・・楓と会ったらすぐに友達になってしまう元気で明るい女の子。可愛い物が大好きで、男の子が苦手。

静美・・・自分の事を美しいレディだと思っている菜々子のパートナー。桜のツッコミ役。オシャレが大好き。魔法の力は「モテモテ」

鈴・・・しっかり物で魔法が得意。お金持ち。皆には敬語を使っている。小説や本が大好き。

真美子・・・優しい心を持って居て、鈴のパートナー。楓と一緒で静か。だけど、馬鹿にされると怒る。魔法の力は「友情」

川水先生・・・楓の担任の先生。美人で若くて優しい先生。皆に好かれて居て、感じの良い先生。

女王様・・・魔法の町の一番偉い人。皆を立派な魔法使いにする為に頑張っている。悪魔の町の悪星の事をよく知っている。

愛菜・・・悪星の手下で、生意気な女の子。毒舌で何でも言う事を言ってしまう。魔法の力は「呪い」

悪星・・・元々は人間だったが、人間に憎しみを持ち、悪になった。魔法の町を滅ぼそうとして居る。魔法の力は「ネガティブ」

4:あかり◆d5c:2015/10/11(日) 16:18 ID:fFU

はい!!!!!!

5:すずか◆1o:2015/10/11(日) 16:18 ID:nwc

あかり
あ、キャラクター紹介書いてて分からなかった!
ありがとうです〜!(*^∀^*)

6:すずか◆1o:2015/10/11(日) 16:37 ID:nwc

第一話「新しい魔法使い!」
ここは、魔法の町。色々な魔法使いと妖精達が住んでいた。
魔法の町:お城
女王様「今日は新しい魔法使いが来るわよ。桜。」
桜「はーい!で、その子のパートナーは誰ですか?」
女王様「何言ってるの?桜よ。」
桜「えーっ!?私、生まれて来たばかりなのにー!」
ドタバタドタバタッ!
桜は暴れた。
女王様「仕方無いのよ。悪魔の町の愛菜と悪星を倒す為には・・・」
桜「・・・そうですね。ごめんなさい!」
ようやく桜が落ち着いた。
女王様「分かれば良いのだけど・・・中々来ないわね・・・」
女王様は困った顔をして言った。
桜「そうですね〜・・・何か、有ったのかな?」
楓の家:楓の部屋
楓「はぁ・・・明日から魔法の町に転校するのかぁ・・・」
楓は落ち込んだ顔で言った。
楓のママ「しょうがないのよ。学校で決まったんだし・・・友達との別れは寂しいけど・・・」
楓「・・・うん。分かってる・・・」
その時、いきなり楓の部屋のドアが開き、楓が吸い込まれた。
ピカーン・・・
楓「キャー!」
楓のママ「楓!楓ー!?」
シュー・・・

7:あかり◆d5c:2015/10/11(日) 16:40 ID:fFU

え〜!?
楓はどこへ!?

8:すずか◆1o:2015/10/11(日) 17:50 ID:nwc

あかり
え?どこって?
それは・・・ウフフフフ・・・←キモいです

9:すずか◆1o:2015/10/11(日) 18:08 ID:nwc

楓「キャー!」
ジャバン!
楓は川に落ちた。その時、誰かの声が聞こえた。
???「あー、失敗したよ!」
???「ちょ、それいつも失敗してませんか?」
???「え〜!そんな事無いよ〜」
楓「助けて〜・・・」
???「あっ、ごめん〜!ここ、深いんだから〜」
???は楓の手を掴み、川から助けた。
楓「あっありがとうございます・・・あの、貴方は・・・」
菜々子「ん?私は菜々子!菜々子って言うんだ!で・・・こっちが鈴!」
鈴「新入りさんと聞いて・・・私は鈴と言います。」
楓「あっはい!宜しくお願いします・・・」
楓はお辞儀をした。
菜々子「じゃあ、鈴!お城までお願い!」
鈴「はい。分かりました!」
楓「え?何・・・?」
鈴「ドリームワープ!」
鈴がそう叫ぶと、立っている所に穴が空いた。
楓「キャー!何!?」
菜々子「まぁまぁ、大丈夫だから!」
鈴「そうですよ。落ち着いて・・・」
楓「あっ、ごめんなさい・・・」
そして、ようやく明かりが見えた。
菜々子「もう着くよ!」
楓「あ、はい・・・」
魔法の町:お城
女王様「・・・本当に遅いわね。何してるのかしら・・・」
桜「そうですね〜・・・まだかなぁ・・・」
ドスン!
桜「ギャッ!?」
菜々子「ワァープ!で、来ましたー!」
女王様「やっと来たのね・・・何をして居たの?」
鈴「申し訳有りません。菜々子さんが色々していたせいで・・・」
楓「どう言う事・・・何ですか?」
菜々子「あぁ、まだ話して無かったね!実は・・・」
楓が聞くと、菜々子が喋り出した。

10:すずか◆1o:2015/10/11(日) 18:25 ID:nwc

菜々子「実は、魔法の町が悪魔の町によって滅ぼされようとして居て・・・」
楓「えぇっ!そうなんですか・・・?」
鈴「そうなんですよ・・・何とかしたいんですが・・・」
すると、桜が楓の足で踏まれて居たのをようやく抜け出した。
ギュギュギュ・・・
桜「うがー!やっと抜け出せた・・・もう!誰踏んだのー!」
桜はそう言い、羽で飛んだ。
楓「えっ!?この妖精って・・・飛べんですか?」
楓はビックリした表情で言った。
女王様「あ、桜大丈夫?えぇ。飛べるのよ。」
楓「凄い・・・魔法の町って凄いんだなぁ・・・」
菜々子「まぁ、魔法の町では当たり前のように有るからね・・・」
桜「そうだよ!」
女王様「それより・・・これからこの子の学校に案内してくれるかしら?」
菜々子「あっ、了解でーす!んじゃあ、鈴、頼む!」
鈴「ダメです。」
鈴はお断りした。
菜々子「えーっ!?何でー!?」
鈴「たまには歩くのも健康の為ですよ。さ、行きましょう!」
そう言うと、菜々子の事を引っ張った。
菜々子「分かったから引っ張らないでぇー!」
桜「それじゃあ、楓行こう!」
楓「あ、はい・・・それでは・・・」
ガタン・・・
女王様「あの子なら・・・愛菜と悪星を倒してくれるのかしら・・・」
女王様は一人事を呟いた。

11:すずか◆1o:2015/10/11(日) 18:37 ID:nwc

魔法の町:学校前
楓「ここが・・・魔法学校?」
菜々子「そうだよ〜あ〜疲れた!そう言えば、名前は何て言ったっけ?」
鈴「知らないんですか?楓さんですよ。」
菜々子「え!知ってたの?」
鈴「当たり前です。桜さんも知っているでしょう?」
桜「私は前から知ってる!」
楓「そうなんですか・・・あ、失礼ですが、敬語をやめても・・・良いですか?」
菜々子「全然OK!」
鈴「私は敬語ですが・・・楓さんは良いですよ」
桜「私も良いよ〜楓!」
楓「ありがとう・・・」
そして、楓達は学校の中に入って行った。
魔法学校:5-2組
川水先生「今日は新しい新入りさんを紹介します!」
皆「はーい」
楓「はじめまして・・・楓です・・・これから、宜しくお願いします…」
皆「宜しくお願いします!」
川水先生「それでは、席はどうしましょうか・・・」
菜々子「はーい!私の隣の席が空いてまーす!」
楓(な、奈々子ちゃん・・・?)
川水先生「では・・・奈々子さんの席でも良いですか?」
楓「は、はい・・・」
川水先生「それでは、席に座ってください!」
楓は席に座った。
菜々子「えへへ、何か空いてたから隣にしたよ〜」
楓「うん・・・ありがとう。」
そして、授業が始まった。

12:すずか◆1o:2015/10/11(日) 18:43 ID:nwc

悪魔の町:愛菜と悪星の家
悪星「どうやら・・・新しい魔法使いが誕生したようだな」
愛菜「そうみたいですね・・・ですが、絶対に倒して来ます!」
悪星「頼んだぞ・・・悪魔の町にとっては、あの町が邪魔になる!必ずや倒して来い!」
愛菜「ははぁ!しっかりと倒して来ます!」
魔法の町:魔法学校前
菜々子「ふぅ〜やっと終わったね!」
楓「そうだね・・・あれ?桜ちゃんは・・・」
鈴「あそこに居ますよ。」
楓「あ、分かった・・・」
楓は桜の方に近付いた。

13:すずか◆1o:2015/10/11(日) 18:54 ID:nwc

楓「桜・・・?」
桜「すー・・・すー・・・」
菜々子「おーい!桜ー!」
桜「すー・・・はっ!」
鈴「・・・何してるんですか?」
桜「なっ何でも無い何でも無い!」
楓「じゃあ、帰ろう・・・」
桜「う、うん!(本当は寝てたって言えない・・・いや、もうバレてるか・・・)」
愛菜「あいつが今回の魔法使い・・・か・・・どっから見ても静かで大人しそうだな!」
魔法の町:寮
楓「桜ちゃん、ここに住むの・・・?」
桜「そうだよ!入ろ!」
ガチャン・・・
そして、楓達は寮に入った。
寮:楓の部屋
楓「うわぁ・・・スイーツの部屋だ・・・」
桜「美味しそう・・・ジュルリ・・・はっ!こ、これは食べ物だ!食べ物だーっ!」
楓「桜ちゃんはこの部屋で一緒に暮らすの?」
桜「そうだよ!・・・何か不満?」
楓「うぅん・・・何も無いよ。」
桜「なら、良かった!」
そんな風に話して居ると、突然壁をすり抜けて愛菜が入って来た。

14:すずか◆1o:2015/10/11(日) 19:20 ID:nwc

桜「あっ!お前は・・・」
桜は怒った表情で愛菜の事を見た。
愛菜「フフフ・・・お前が新入りの魔法使いと聞いてな・・・来てやったんだよ!」
楓「え!?誰・・・?」
桜「こいつはこの町を滅ぼそうとして居る悪人だよ!」
楓「え!?あ、悪人・・・!?」
愛菜「まぁ・・・私に勝てる何て出来ない!」
桜「楓!これを持ってジュエリーフラワー!って言って!」
桜はキラキラしたジュエリーを楓に渡した。
楓「よく分からないけど・・・やってみる・・・!ジュエリーフラワー!」
すると、楓から光が出た。そして、楓は変身した。
楓「えぇっ!?何、この姿・・・」
桜「変身した!じゃあ楓!戦って!」
楓「ど、どうやって・・・!?」
愛菜「チッ、変身したか・・・こっちから行くぞ!ダークビーム!」
桜「楓!来るよ!」
楓「えっ・・・!?私、どうすれば良いの・・・!?」
楓は愛菜の攻撃を避け続けた。
ドカーンッ!
楓の部屋の家具が少しだけ壊れた。
桜「何するの!?この部屋は楓の部屋何だよ!」
愛菜「ハハハハハ!そんなのどうでも良い!ダークアタック!」
ドカーン!
楓「っ!」
バタッ!
桜「楓ー!」
倒れた楓を桜が近付く。
桜「楓!大丈夫!?」
楓「うっ・・・」
愛菜「フーハハハハハ!初戦こんな物だな!弱虫魔法使い!まだ一回しか戦った事も無いのに馬鹿みたいに私に立ち向かうからだ!」
愛菜は笑いながら言った。すると、桜が怒って言った。
桜「そんな事無い!楓はここに来たばっかりだから、いきなりアンタみたいな人が来たのが行けなかったんだ!」
愛菜「うるさい!ダークフラッシュ!」
愛菜が攻撃すると、楓は起き上がった。
楓「そんな事・・・無い・・・」
桜「危ない!来るよ!」
楓「フレッシュバリア!」
楓は一人でバリアを出した。
桜「楓!一人でバリアを出す何て・・・」
愛菜「何っ!?」
楓「カラフルドリーム!」
ドカーン!
楓の攻撃は愛菜に当たり、愛菜は倒れた。
愛菜「クソッ・・・覚えてろ魔法使い!」
桜「楓!よくやったよ!」
楓「ありがとう・・・」
桜「大丈夫?怪我とか無い?」
楓「・・・うん。大丈夫。」
桜「壊れてしまった食べ物・・・ジュルリ・・・はっ!いや、家具はフレッシュナースって言ってみて!」
楓「フレッシュナース!」
楓は魔法でボロボロだった家具を直した。

15:すずか◆1o:2015/10/11(日) 20:26 ID:nwc

楓「す、凄い・・・一瞬で直っちゃった・・・」
桜「やったー!これで食べ物・・・はっ!か、家具が使えるようになったね!」
楓「桜ちゃん、それ・・・三回も間違えちゃってるよ・・・」
桜「ア、アハハ!ごめん・・・」
すると、天井から何かが落ちて来た。
カチャン!
桜「痛っ!?」
楓「だっ大丈夫?これは・・・」
小さなショートケーキの小物が落ちて来た。
桜「やったー!これを集めると、良い事が有るんだよ!これをそれに指して、ジュエリーミングって言ってみて!」
楓「分かった・・・ジュエリーミング!」
楓はそれを指して叫んだ。すると、小物にそっくりなショートケーキが出て来た。
桜「やったー!そうやってやると、同じ物がそっくりに出て来るんだよ!」
楓「へぇ〜・・・そうなんだ・・・じゃあ、桜にあげるね。」
桜「えぇっ!?い、良いの!?」
桜はキラキラした目で言った。
楓「うん・・・良いよ・・・」
桜「ありがとう!いっただっきまーす!」
桜は喜んでショートケーキを食べた。
楓「フフフ・・・良かった・・・」
悪魔の町:愛菜と悪星の家
悪星「どうして負けたんだ!」
愛菜「申し訳有りません悪星様!」
悪星「次に倒して来なかったらお前は失格だ!分かったな!?」
愛菜「ははぁ!分かって下ります!次こそは・・・」
第一話「新しい魔法使い!」終わり

16:すずか◆1o:2015/10/11(日) 21:38 ID:nwc

第一話で使った新しい魔法の紹介

楓の魔法
・フレッシュバリア 相手の攻撃力を防ぐ。成功する確率は6000。
・カラフルドリーム 暑いカラフルな光で攻撃をする。攻撃力は10000。
・フレッシュナース 壊れた物や、壊れ掛けている物など、傷が付いて居る物を全て元通りにする。成功する確率は7000。
・ジュエリーミング 悪魔の町の人を倒した時に空から落ちて来る物を召喚する時に使う。成功確率などは無く、失敗は無い。

鈴の魔法
・ドリームワープ 自分達のすぐ横に居る人達と一緒にワープする。ワープする場所はドリームワープを使かった時の心で思っている所に行く。違う事を考えて居ると、ワープが不可能。成功率は5000。

愛菜の魔法
・ダークビーム 紫の色をした闇に満ちた攻撃。攻撃力は3000。
・ダークアタック 手から発する闇のオーラで攻撃をする。攻撃力は6000。
・ダークフラッシュ 相手の横をビームで突き刺して攻撃する。攻撃力は9000。

17:匿名:2015/10/11(日) 21:46 ID:fFU

ねえ、すずか〜
私(あかり)を出して〜‼⇦何言ってんだ〜!?

18:すずか◆1o:2015/10/11(日) 21:55 ID:nwc

第二話「桜の友達」
魔法の町:楓と桜の部屋
桜「何か、今日は色々とはりきってるね!」
楓「そうかな?今日は、お買い物だから・・・って言っても、お買い物する所が初めてだから・・・」
桜「そうなんだ!それで・・・昨日の小物何だけど・・・」
楓「小物が、どうかしたの?」
桜「実は・・・あれって女王様からのご褒美何だって。」
楓「えっ?ご褒美・・・?」
桜「そうそう!だから、悪魔の町の愛菜とかを倒したら貰えるんだって!だから、集めてくれる?お願い!」
楓「うん。良いよ・・・」
楓は優しく言った。
桜「ありがとう!それじゃあ、いってらっしゃい!」
楓「うん・・・いってきます。」
ガチャン!
楓は部屋を出て行った。
桜「楓・・・良いなぁ・・・私も桜と行ってみたいなぁ〜」
すると、どこからか声が聞こえた。
???「桜じゃ断られるんじゃ無いかしら?」
???「そんな事言っちゃダメよ。静美ちゃん・・・」
桜「ん?この声は・・・」

19:すずか◆1o:2015/10/11(日) 21:58 ID:nwc

あかり
え?あかりを出すの?←よく分かってない
良いけど・・・どんな設定が良い?

20:匿名:2015/10/11(日) 21:58 ID:fFU

>>19
想像にお任せします!!!!!

21:すずか◆1o:2015/10/11(日) 22:02 ID:nwc

あかり
じゃあ〜・・・
「奈々子の妹でしっかりしてるけど少しおっちょこちょい」
って感じで良いかな?

22:あかり◆d5c:2015/10/11(日) 22:04 ID:fFU

>>21
okで〜す!!!!!!

23:すずか◆1o:2015/10/11(日) 22:10 ID:nwc

あかり
次のキャラクター紹介で紹介するねー!
(あかりの事)

24:あかり◆d5c:2015/10/12(月) 03:39 ID:fFU

おう!!!!!!
ありがと〜(*^o^*)

25:すずか◆1o:2015/10/12(月) 11:06 ID:gqg

あかり
それじゃあ、この後するよー!(*・ω<。*)

26:カレン◆HE:2015/10/12(月) 11:14 ID:fFU

はーい☆〜(ゝ。∂)

27:すずか◆1o:2015/10/12(月) 11:26 ID:gqg

キャラクター紹介 二回目

明花利・・・菜々子の妹でしっかりして居る。菜々子と同じで可愛い物が大好き。

香菜・・・明花利のパートナーで、静美より口が悪い。皆を黙らせるほど上の妖精。魔法の力は「勉強」

若葉・・・皆の先輩で、イケメン。運動神経もバツグンだけど、空に運動神経もバツグン。だから皆に好かれて居る。

空・・・若葉のパートナーで、妖精の中でも可愛いと言われて居る妖精。魔法の力は「運動」

28:すずか◆1o:2015/10/12(月) 11:29 ID:gqg

あかり
今、書いたよ〜

29:すずか◆1o:2015/10/12(月) 11:46 ID:gqg

すると、天井から静美と真美子が出て来た。
桜「うわぁっ!誰!?」
静美「知らなかったの?菜々子ちゃんのパートナーの静美よ!」
真美子「会った事無いから、分からなかったのね。私は鈴ちゃんのパートナーの真美子よ」
静美と真美子は挨拶をした。
桜「どっかで聞いた声だったから、誰かと思った・・・それで、どうしたの?それで、何で私の名前を知ってるの?」
静美「暇だったから遊びに来てあげたのよ・・・何かダメだった?最近生まれて来たんだから誰だって知ってるわよそれぐらい・・・」
桜「いや・・・良いんだけど・・・あ、そうなのね!」
真美子「そうよ・・・あ、ならここでゆっくりして行っても良いかしら?」
桜「良いよ!・・・そのかわり、お菓子を渡せ!」
静美「何よその言い方!まぁ良いわ・・・そう言うと思って持って来て置いて良かった・・・はい板チョコ。真美子にもあげるわよ!」
桜「わーい!ありがとぉー!いっただっきまぁーす!」
真美子「フフフ、ありがとう!」
そして、三人で板チョコを食べた。

30:カレン◆HE:2015/10/12(月) 14:41 ID:fFU

>>28
ありがと♥

31:すずか◆1o:2015/10/12(月) 15:03 ID:gqg

あかり
はーい(-∀-)/

32:すずか◆1o:2015/10/14(水) 16:09 ID:KHI

夕方:寮
楓「ちょっと遅くなっちゃったな・・・」
ガチャン!
楓「ただいま・・・」
桜「あ〜・・・楓、おかえり・・・ムニャムニャ・・・」
楓「ど、どうしたの・・・?それに・・・貴方達は・・・」
静美「あら・・・貴方は桜のパートナーの・・・」
真美子「桜ちゃんのパートナーなのね。私は真美子よ。よろしくね」
楓「あ、はい・・・よろしくお願いします・・・」
静美「私は静美よ。・・・で、さっきから桜は何で寝っころがってるの?」
桜「だってぇ〜ゴロゴロしたいから〜」
楓「私の家だったらして良いけど・・・人の家ではダメだよ?」
楓は桜の方を見て言った。
桜「はぁーい!」
静美「本当、返事だけは良いのよね〜」
真美子「フフフ。そうね」
悪魔の町:悪魔の川
愛菜「よし、今日もあいつらを倒しに行くぞ!」
悪星「しっかりするんだぞ!昨日の失敗を無かったようにな!」
愛菜「はい!分かりました!ダークワープ!」
そして、愛菜は魔法の町にワープした。

33:すずか◆1o:2015/10/14(水) 19:28 ID:KHI

魔法の町:寮
静美「ちょっと散歩にでも行かない?」
真美子「良いわね。行きましょう!」
桜「じゃあ行こー!楓はOKかな?」
楓「うん。良いよ・・・」
楓はコクリとうなずいた。そして、皆で魔法の公園に行った。
魔法の町:魔法の公園
楓「ここは・・・?」
桜「魔法の公園だよ!楓は来た事無かったんだね・・・でも、とっても静かで良い所何だよ!」
真美子「噴水の音も良いわね・・・」
静美「真美子はそう言う所は分かってるのね・・・」
静美は噴水の方を向いて偉そうに言った。
真美子「ちょっとそれどう言う事よ・・・!」
静美「まぁどうでも良いんだけどね・・・あっ!ちょっとトイレ行って来ても良い?」
真美子「私も行くけど、良い?」
静美「真美子も?良いけど・・・」
桜「んっ?トイレ?良いよ!」
楓「うん・・・待ってるね・・・」
そして、皆は公衆トイレの方に行った。

34:すずか◆1o:2015/10/14(水) 19:34 ID:KHI

桜「待ってー!」
静美「何よ。付いて来て・・・」
楓「やっぱり心配だったから・・・」
真美子「ウフフ、そんなに心配しなくても良いのよ?」
その時、目の前に愛菜が現れた。
楓「あっ・・・!昨日の・・・!」
愛菜「フン!今日も来てやったんだよ!悪星様の命令だ!今日こそは倒してやる!この町ももう終わりだ!」
桜,静美,真美子「愛菜!」
楓「そんな事、絶対にさせない・・・皆を守るから・・・」
桜「楓、変身して!」
静美「私達は、菜々子ちゃん達を呼んでくるわ!」
真美子「待ってて・・・すぐ戻るから!」
トットットッ・・・
そして、静美と真美子は行ってしまった、


書き込む 最新10 サイトマップ