吉成家の五人姉妹

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レモンミルク:2015/11/06(金) 18:07 ID:hnA


ストーリー

時は江戸時代幕末に生まれた武士の娘として生まれた5人の少女達の物語

登場人物

「吉成家」

吉成あや
吉成冲昌と商人の娘,りんの長女

2:レモンミルク:2015/11/07(土) 09:54 ID:hnA


「登場人物」

長女,吉成あや
吉成冲尚と前妻であり大名の養女,倫姫
母親ゆずりの美貌を受け継ぎ芸者として道を進む。母親から教わった娘修行,舞踊を習う
下級武士,佐藤智成と出会う。
智成の母親は猛反発されるが二人は駆け落ち
し山奥の家をかり農民として暮らす。
1男2女をもうけるが智成の母親の親族に見つかり牢屋に入れられ食事も与えられずに
24歳という若さで餓死で命を落とす。
三人の子供は次女,れんが育てる上げる。

次女,吉成れん
吉成冲尚と倫姫の二人目
男勝りで負けることが嫌いで姉思い
無実で命を落とした姉,あやを奪った智成の家族を憎む。
あやの子供達を母親がわりとして育てる。
着物屋を営む鳥羽屋の三男,如月龍亮を婿養子として受け入れ結婚。
自らは2男3女をもうけるが男児は二人共早世してしまう。
明治時代にはアメリカで短期留学をはげみ
英語通訳者として力を入れる。

三女,吉成たま
吉成冲尚と倫姫の三人目
倫姫がたまを出産した後に亡くなったため記録がない。
姉達を母親のような目線でみる。
薬屋の息子,山本春秋と許嫁結婚
2男2女を出産後に夫は他界
自ら両親を亡くした子,捨て子のための家を開く。

四女,吉成ちえ
吉成冲尚と後妻,ちよの娘
身体が弱く生まれつき右足が悪い
いつも杖をついて生活をしている。
15歳にして出家を自ら選択をする。
姉,たまと一緒に協力をする。

五女,吉成りく
吉成冲尚と後妻,ちよの娘
母親を同じくする姉,ちえがいる。
26歳で二階堂正紀と結婚する。
3人の娘を授かる
五人姉妹の中では長生きである。


書き込む 最新10 サイトマップ