恋空

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ガトーショコラ:2015/11/21(土) 17:51 ID:ZRo

prologue

「お姉ちゃーん!」
妹に呼ばれ、私はひかりに満ち溢れている野原を走る。
私が走るたびに、白い、たんぽぽの綿毛が飛び散って、とてもきれいだ。
「お姉ちゃんっ!」
背景は、たんぽぽが咲き乱れる花畑から、涼しそうな森に変わっていた。
小さな私は、走るのをやめて妹を探し出す。
「緋色ー?」
私が呼びかけると、かわいらしい声が聞こえていた。
「お姉ちゃん、こっちだよー!」
振り返ると、緋色が私に向かって手を振っていた。
「緋色?どうしたの?」
私が聞くと、緋色は川の向こうを指さす。
視線を向けると、そこには白い花が咲いていた。
「わぁ!綺麗な花だね!」
近寄ろうとすると、緋色は私のスカートをつかんで薄い唇に指を当てた。
「お姉ちゃん、あれはダメだよ?」
「なんで?」
私が聞くと、緋色はただ笑って見せた。
「あれはね、桔梗っていうの」
「キキョー?」
「うん……、白い桔梗の花言葉はね……」

失くしものが見つかるとき、10年前の、奇跡の物語がよみがえる。

2:創 stu:2015/11/24(火) 18:55 ID:zp2

いい話です!
これからもぉがんばってください


書き込む 最新10 サイトマップ