お隣さん。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:たぴおか◆vk:2015/11/29(日) 21:42 ID:dLQ

ブロロロロ。
引っ越しのトラックが過ぎ去る音が聞こえる。
私は、今日引っ越した。
今の家は部屋数が足りないらしい。
私は別にお兄ちゃんと一緒でもいいんだけど。
里中梨穂(さとなかりほ)、小6。
お兄ちゃんは中2。私立の男子校に行っている。私も受験するのかなぁ。
あ。別に引っ越した場所は、市内だから転校とかしてないよ。
なんか、お兄ちゃんの友達でお母さんとパート仲間の方にいい家を見つけてもらったらしい。
しかも!その方の隣。
なんていうか…。
私には好きな人がいる。
同じクラスに一回もなったことのない。
そして話したこともない。
うちの学校は人数多いほうなんだよね。
名前は井上祐也(いのうえゆうや)君。
運動会が同じ色で。
ずっと見てたの。
自覚したのは運動会の前日で(笑)。
モテるんだよね〜…。
きっと私のことなんて視界の端にすら入れてないと思う。うん。←ネガティブホロウにやられた?w
「梨穂〜!ちょっと来て〜。」
なんだろ。
「今行く〜。」
私が部屋のある二階に行くと。
お兄ちゃんとお母さんがいた。
「?どしたの。」
「部屋、どっちがいい?」
え。
どっちでもいいんだけど。
「どっちでもいいよ。」
「あ。そうなの。じゃあこっちね。」
私の部屋のほうには、小さなベランダがついていた。
うん。いいかも。
あ。じゃあ井上さんに挨拶してきて。
??????…!
「お、お母さんっ!井上さんって…。」
「ああ。言ってなかったっけ。家紹介してくれた人。」
ま、ま、まさか。
まさか…違うよ、ね?
「ホラッ。荷物通るわよ。はやく行ってらっしゃい。」
おそるおそる、新築の家から出て、右に行く。
左は、ただの土地だったのですぐ分かった。
チャイムを押す手が震える。
ま、まさか…
ピンポーン。
……………
留守なのかな。
そっちのほうが私的には嬉しいんだけど。
しばらくすると、インターホンから、声が聞こえた。「はい。」
低い声だ。
実は祐也君も、声変わり中。
お、お兄さんだよね?
そう願おう。
「えっと…。今日引っ越してきた里中と申します。お母さんは、いらっしゃいますか?」
最近国語で尊敬語やらていねい語やらけんじょう語を習ったような気もするけど、話しているのが祐也君だと思うとすごく緊張してパニクってしまう。
ああー!!!
「今、俺しかいないから。」
「あ。でっ、ではまた来ます。失礼しま、す…。」

2:たぴおか◆vk:2015/11/29(日) 21:57 ID:dLQ

い、いなくてよかった。
私が祐也君のことを好きになってなければ普通に話せたかもしれない。
だけど。
まだ話したことないもんっ!
あ。今の人が祐也君だったら話したことになるね。
もう、忘れよう。
この仕事はゲームしているお兄ちゃんにおしつけようではないか。
ああ。
部屋の整理をしよう。
新築の木香りがする。
このニオイ結構好きだ。
実は一人部屋になるから、可愛い小物やカーテンも買ってもらったの。
ベランダでお花でも育てようかな。
ベランダに出てみよう。
わ…。
秋の風が気持ちいい。
ちょうど、井上さんちの誰かの部屋にもベランダがあって、私の部屋と向かい合わせになるカンジだ。
この部屋が祐也君の部屋だったりして。
ありえないな。←ナゼ断言
さあっ!
片付けよっと。
*****************
ピピピピピ。
日曜日の朝。
カーテンを開けてみる。
朝の光って目が覚めるよね。
そしたら、ちょうど井上さんちの誰かさんもカーテンを開けたようだ。
その人を見て、私は硬直してしまった。

3:たぴおか◆vk:2015/11/29(日) 22:16 ID:dLQ

だって…!
私が見たのはパジャマ+寝癖の祐也君だったから。
ヤバい!!!
私には気づいていないようだ。
それもそうか。
私多分口をあんぐり開けて固まっているだろう。
ヤバい寝癖ヤバい。
いつもちょっとクールだけど朝は弱いのかな。
てか私もパジャマじゃん!
で、でも。
激レア祐也君を見ていたい。
あああああー!!!
ナニコレ奇跡!?
すると祐也君は私に気がついた。
まさかこの部屋に私がいるとは思わなかったのだろう。
ビックリしていた。
この間に気まづい空気が流れ始めた。
私は雰囲気を和らげるために口パクで「お•は•よ•う」と言ってみた。
祐也君は少し頬の先を染めて「お•は•よ•う」と返して、カーテンを閉めた。
カミサマありがとです!

4:たぴおか◆vk hoge:2015/11/30(月) 18:54 ID:dLQ

はっ!
これから憧れの幼なじみ的シチュができちゃったりしまスカ?
…心臓持つかな…
うっふふふふ。
写真撮ればよかった〜。
服を着替えて一階に降りる。
朝ご飯の良いニオイ♪
今日は、目玉焼きかな?
私は、端っこのほうがカリッとしてるのが好き♪
************************
部屋に戻って宿題をする←エライ!
みんなの知らないことを知るのってイイナ!
____________________
ごめんなさい一旦切りますbyたぴおか


書き込む 最新10 サイトマップ