監獄教室〜逃げ場のない世界〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:苺ましまろ*◆LM:2016/01/08(金) 04:03 ID:W6s

___もう、私に逃げ場はないんだ。


彼女は傷だらけの腕を握りしめ、大きな崖の上に立っていた。
「私のいる世界は、こんなに高くなかったよね……」
溢れる涙を拭いながら、真っ直ぐと空を見上げる彼女。

「…神様のバカ。
不公平だよ……」

刹那、崖の上から彼女の姿が消え、直後に小さな衝突音が響いた。

________

2:苺ましまろ*◆LM:2016/01/08(金) 04:08 ID:W6s

「ほーら、早く食えよ!」
「え〜、これホコリじゃんw」
「こいつが私たちと同じもの食う権利なんて無えだろw」
「確かに〜こいつマジで病原菌www」

笑い声があちらこちらから聞こえてくる。その中心で四つん這いになる黒髪の女。
彼女は「病原菌」と呼ばれた、いじめの標的だった。
「………嫌だ」
「は?聞こえねーよww」
「お前の口なんか飾り程度なんだよ!」
「飾り?ただのゴミでしょw」
「あははははは、間違えたーーw」

「うぅ……助けて……」
彼女は涙を堪えながら、震える唇を噛み締めた。

3:苺ましまろ*◆LM:2016/01/08(金) 04:18 ID:W6s

一時間目の授業が終わり、彼女にとって最悪な、彼らにとって最高な時間が再びやってきた。

「きゃああっ」
木製のバッドで殴られた彼女は苦痛に顔を歪め、床に倒れ込んだ。
「流石野球部エース!やるね〜!」
「あとでバッド洗えよ〜w」
「菌が着いたかもなw」
「うっわー!もう捨てなよそれ〜!」

彼女の額から鮮血が流れ、くすんだ床に滴り落ちる。
「っ……」

流血に怯える彼女に、更なる恐怖が襲いかかった。

「次はコレー」

「!!や、やめて……お、おお願い………ぁあぁぁぅ……」

彼女はソレを見たとたん、血の気が引くのを感じた。

ソレは、銀色に光る鋭い刃を持ったカッターナイフに他ならなかった。

「い、いやぁあぁああぁあぁっ!!!」



「………はははははははっ!」
「う、わ……………」
「あんた、やり過ぎww」
「でもこれがこいつのあるべき姿なんじゃね?」


彼らの指差す先には、傷だらけになった彼女の醜い姿があった。

「あ………ぁあア…アあァ…アあ」

彼女は苦しそうな呻き声を上げて、力尽きたのか鮮血の池の上に倒れ込んだ。


書き込む 最新10 サイトマップ