君と過ごしたあの冬は、

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:花月:2016/04/04(月) 19:35 ID:ZsI

物語が書きたくなったのでとりあえず書いてみます。

2:花月:2016/04/04(月) 20:01 ID:ZsI

日景優一は超がつくほど世話焼きな少年であった。
その性格から過去に隣の席の女子に
「あんたいい加減しつこいわよ。放っておいて。」と怒鳴られ1ヶ月以上無視され続けたこともあった。
彼には今気になっている少女がいた。
雪上冬美。彼女は寡黙で無表情でかなり周りから浮いている不思議な印象を与える人物であり、授業が終わるとすぐ図書館へ向かい、
戻ってくるのはいつも決まって授業が終わる直前で他の生徒と関わっている様子は全く見られなかった。
そんな彼女は周りからはあまり良く思われていないらしく、彼女のいる図書館や雪上冬美に関わると不幸になるなどといった噂までも浮上し、その図書館は噂が出始めたある日から彼女以外誰も来なくなってしまったほどだった。


書き込む 最新10 サイトマップ