若葉が芽生える頃に。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:つぼみ◆Q.:2016/04/09(土) 23:19 ID:QUk

――――若葉が芽生える頃。
それは春。出会いと別れの季節とも言われる季節。
別に君になんて興味なんか無かったのに

種を植えたあの日、君に出会えて全てが変わったよ。

そして私は毎日その芽に愛と、水を与え続けるんだ。

2:つぼみ◆Q.:2016/04/09(土) 23:34 ID:QUk


第1話 春風

桜の花びらがはらはらと散っていく。
目の前には制服を纏った大勢の人々とその人々の
目的であるクラス名簿が貼ってあった。
同じが良かった、と嘆く人もいれば歓喜で満ちている人もいる。
「三組……かあ」
ぽつりと呟き一人足早にその場を去る。

名前の入ったシールがある下駄箱に靴を入れて
三年生のクラスがある二階へと向かった。
昨年までは四階と、長かったこの階段もあっという間だ。
ノロノロと看板を見ては歩きを繰り返し自分のクラスへ辿り着く。
教室はまだすっからかんで、私一人しかいなかった。
いや、皆友達のところへ行ったりでまばらになっているだけだろう。
ちらほらと机にバッグが置いてあったりしている。

自分の席を探し、荷物を置く。
窓側の席だったので窓を少し開けて、本をバッグから取り出した。
栞が挟んであるページを開いてゆっくりと目を通す。

本を読むと何処か安心して、無になれる。
今日はうたた寝でもしそうなくらいの暖かさで
時折吹き込む春風がなんとも気持ちがいい。

ただ、ここは一人の場所じゃない。何十人もいる場所だ。
「おはようございまーす」
カラカラとドアが開き、それまた元気な声が教室に響いた。
「お、隣じゃん。桜井……よう??」

「……違う。かなめ。必要の要って書いてかなめ」

そっと指摘すると彼はけらけらと笑いつつ私に謝っていた。


書き込む 最新10 サイトマップ