*Reason*

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:亜加梨◆gw YELLOW DANCER:2016/04/19(火) 21:48 ID:ZAc

おはこんにちばんわ。初めまして。亜加梨(あかり)です!
ここでは…まあ恋愛っぽいのを書くような書かないような…って感じです!お話、読んでいけば分かりますよ!エエモチロン。
亀更新です。コメントもらえると嬉しいです!

ではスタート♪

2:亜加梨◆gw YELLOW DANCER:2016/04/19(火) 22:01 ID:ZAc

0.*プロローグ*

「行ってきまーす!」

皆さんこんにちはー!私は星茅舞香(ほしがや まいか)でーす。

今何してるかって?決まっているでしょう?


舞香「待ってぇぇぇー!!!!」

食パンくわえながら、去っていくバスを追いかけてるのよ!
自慢することじゃあないんだけどね…

腕時計を確認する。
8時だ。

舞香「マズッ!遅刻しちゃうよ…」

走って行けばなんとかなるよね。何せ私は
50m 6.8秒!
運動は得意なんだよね〜

よし!走って行こうじゃないか。

舞香「確かこっちの方が近道だったよね?………と!」

ドンッ!!

角で誰かとぶつかる。

舞香「わわわ…すいません、大丈夫ですか?」
?「大丈夫…君は?」

あ〜良かった。

舞香「大丈夫です…」

そう言って彼の顔を見て驚いた。
イケメンだったから。←おい
しかも

舞香「あ、うちの学校の制服…」
?「あれ、そうなの?よろしくねー」
舞香「ああはい。よろしくお願いします」

…って、おおっと!こんなことしてる場合じゃなかった!

舞香「すいませんでした!それでは」
?「あ、待っ!て…」


これが私の、運命的な出会いの始まりだった…

3:雪凛刹那(矢澤にこ)◆f. I'm baka:2016/04/20(水) 06:39 ID:OiI

足早い!
舞香ちゃんすごいなぁ

応援してます!
頑張ってください〜

4:亜加梨◆gw YELLOW DANCER:2016/04/20(水) 17:19 ID:ZAc

雪凛刹那(矢澤にこ)さん)ですねw私自身、足が遅いのでどうしてもw
ありがとうございます!頑張ります!

5:亜加梨◆gw YELLOW DANCER:2016/04/20(水) 17:38 ID:ZAc

1.*運命的な出会い、その後*

キーンコーンカーンコーン…

ギリギリセーフ!間に合ったぁ…

舞香「流石に疲れたな…」
「舞香、おはよう。また遅刻しそうになったの?」

そう。また。
あ、この子は私の親友の、館坂麗奈(たちさか れな)
整った顔立ちといい…文武両道で、私の自慢の親友。

舞香「まさに才色兼備!」
麗奈「何が?」
舞香「いや」

なんでもないっす。

「ほら、席ついてー」

教室に入って来たのは担任の、前川小百合(まえかわ さゆり)先生。

ちなみに私は中3-2ね。

前川「転校生、紹介します」

転校生!?初耳なんですけど…

ガヤガヤとし出す教室内。あっちこっちで期待の声が上がる。

舞香「女の子だといいな〜」
麗奈「そうだね!」

前川「はいはい、妄想はそこまで。入って来てー」

も、妄想って…

?「はい」
麗奈「あ、来た!」

どれどれとみんなが立ち上がる。見えんわ!!

「今日から転校して来ました。重内涼吾(しげうち りょうご)です。よろしくお願いします」

いやはやと見つめる。

麗奈「すっごいイケメンじゃない?」
舞香「うん…って、ん!?」

私は例の転校生(涼吾だったか?)をよーく見る。
どっかで見たことある。ような気がする。でも思い出せない。

私の記憶メーターがシャットダウンし出した時、ようやく思い出せた。

舞香「あ!私が朝ぶつかった人だ!」

6:亜加梨:2016/04/23(土) 21:20 ID:ZAc

2.*あの人は*

舞香「あ!私が朝ぶつかった人だ!」
前川「星茅さん…?授業中ですよ…?」
舞香「あ…!」

やってしまったぁ!ずぅっと悩んでたら授業になっていたとは。
前川先生ってことは、英語か。

麗奈「舞香。教科書15pね」
舞香「ありがとー」

さすが私の親友( *`ω´)

前川「星茅さん、教科書読んで?」
舞香「はい!…て、あれ?」

ないない…教科書ない!

麗奈「教科書、忘れたの?」

コクコクと頷く。
前川先生、忘れ物したら廊下の雑巾がけ10往復させられるんだよなぁ。

前川「星茅さん、忘れたなら…」

ひぃぃぃぃ‼雑巾〜‼

すると。

トントン

舞香「?」

あ。転校生の。
えーと名前何だっけ?

『競 恵太』

きそいえいた?

恵太「ここ、ほら読んで」

神か君は!

舞香「ありがとう、えいた君!」
恵太「…けいたね。わたなべ けいた」

え、うそん。

舞香「ごめんごめん。ありがと恵太君」
恵太「おう」

舞香「……………〜!」
前川「はい、ありがとう。」

良かったぁ…!
と、思ったのも束の間。

前川「星茅さん、教科書忘れたわね?雑巾がけ10往復」

えぇぇぇぇぇ‼。・゜・(ノД`)・゜・。そんなぁ…

7:亜加梨◆gw YELLOW DANCER:2016/04/23(土) 22:58 ID:ZAc

はっ!間違えた!ドラマ見ながらやってたから名前が別の作品と混ざってる…!
転校生の名前、重内凉吾です。すいません!

8:亜加梨:2016/05/01(日) 21:47 ID:ZAc

*3*部活

麗奈「そういえばさー…舞香って足速いのに何で陸上部じゃないの?」

放課後。部活に向かってる私は一緒にいる麗奈に聞かれた。

舞香「それ、よく言われるんだよねー。単純だよ。お姉ちゃんがやってたから」

そう!やってたの!お姉ちゃんは現在高校2年生。

麗奈「あー!なるほどね」

うんうん。それ、前にも聞かれたけどね。

私のお姉ちゃんの名前は、『星茅保乃香(ほしがや ほのか)』

悔しいことに、私より背が高く私より頭が良く私よりしっかりしてる。私が勝てるのは運動神経くらいかな。

麗奈「何か前にも聞いたような気がする」

おうおう。気がするんじゃなくて聞いたんだゼ。

凉吾「あの…確か俺のクラスの人っすよね?」

舞香「ん?…あ」

重内凉吾ー!!!!!

麗奈「うんそうだけど…どうしたの?」
凉吾「良かった、卓球部だよね?」
麗奈「ええ」

そう。私達は卓球部よ。

凉吾「いや、入ろうと思って見学来たんだけど、いい?」
麗奈「どうぞ」

見学だとぉー!?中3で!?マジかいな…

凉吾「おっ!サンキュー」

こ、これは…嫌な予感…


書き込む 最新10 サイトマップ